Leave a comment

Censored Newspaper Articles

プランゲ文庫が所蔵する新聞はタイトル数にして18,047紙で、終戦直後の日本の新聞をこれだけ多数保存している機関は日本にもありません。朝日新聞、毎日新聞、読売新聞といった全国紙とその地方版を始めとして、熊本民友新聞、日本婦人新聞(東京)、青葉新聞(宮城県)、野球人(東京)、鑑識ニュース(兵庫県)のような週刊・月刊新聞や、地方紙、さらには政治団体や労働組合、農業協同組合、文学協会、教育機関や学生団体などのさまざまな団体・機関紙も所蔵しています。

新聞コレクションは1990年代にマイクロ化が終了しましたが、当時未整理の検閲を受けた新聞記事、Censored Newspaper Articles (CNA)はその対象から除かれていました。2014年3月、プランゲ文庫はCNAのデジタル化を開始し、2015年1月の終了を予定しております。CNAの利用は、デジタル化が終了するまでの期間制限しております。詳しくは、prangebunko[at]umd.eduまでお問い合わせください。

CNAに含まれる資料は以下の通りです。

  • 民間検閲局(CCD)の文書(英語)
  • 記事の資料、電報、原稿など(英語・日本語)
  • 新聞記事のゲラ(英語・日本語)
  • 写真

CNAは年代順に整理され、1947年と1948年の資料が多数を占めますが、1945、1946、1949年の資料も含まれています。

現時点でデジタル化が終了した箇所から、下記の3点を紹介します。検閲処分”Pass”、”Delete”、”Suppress”の書き込みが確認できます。(画像をクリックで別画面で開きます。また、各画像の右下にある”View full size”という文字をクリックすると、更に大きく表示されます)

今後スキャン作業が進むに連れ、他の資料も紹介する予定です。

Leave a comment

被検閲資料:「風邪とインフルエンザ」

以前の記事でも書きましたが、プランゲ文庫は占領期に出版されたほぼ全てのジャンルの資料を所蔵しています。今日は医学の分野から、「風邪とインフルエンザ」(小島三郎、鶴見秀雄著:北隆館、1948)(Prange Call Number: 201-043)を紹介します。

プランゲ文庫所蔵の検閲処分を受けた資料の中で、医学や工学といった専門書の中にもその痕跡をみることができます。「風邪とインフルエンザ」もその例で、医療従事者を対象としているために読者が制限されるにも関わらず、2箇所に”rewrite”との注意書きを民間検閲局(CCD)から受けており、出版された本にはこの2箇所が書き直されていることが確認できます。(画像をクリックで拡大します)

Leave a comment

児童書:ぬりえ、双六、カルタ、工作ブック

プランゲ文庫所蔵の児童書の中には、ぬりえ、双六、カルタ、工作ブックといった、特殊な形態の資料が65タイトルあり、図書と同じように民間検閲局(CCD)によって検閲を受けました。これらの資料も既にデジタル化され、随時プランゲ文庫児童書デジタルコレクションに追加しております。(画像をクリックで、サンプルをご覧頂けます)

「ゴフクヤサンとオウチ」(槙戸浩, 森の子供社: 1946) (Prange Call Number: 462-028) の工作組み立てにプランゲスタッフが挑戦し、2012年のメリーランドディで展示しました。

Leave a comment

出版物紹介: Engineering War and Peace in Modern Japan, 1868-1964

Engineering War and Peace in Modern Japan, 1868-1964 (Johns Hopkins University Press, 2014)

2005-2006年度の20世紀ジャパン・リサーチ・アワード受賞者、Takashi Nishiyama教授(ニューヨーク州立大学, SUNY)による、Engineering War and Peace in Modern Japan, 1868-1964 (Johns Hopkins University Press, 2014)の紹介です。この本は新幹線の開発を取上げています。Nishiyama教授によると、この本の執筆にあたって直接プランゲ文庫の資料を特に利用したというよりは、むしろ当文庫での研究の中からヒントを得たものがあった、ということでした。

Leave a comment

ワシントンDCの桜祭り

ワシントンDCの桜祭り(National Cherry Blossom Festival)が3月20日から始まりました。様々な催しが4月13日まで続き、4月12日には最大の山場である、桜祭り(Sakura Matsuri- Japanese Street Festival)がワシントンDC市内で開かれます。

さて桜祭りの原点となったのは、1912年に日本から米国に送られた桜の木です。桜祭りに関しては、こちらのページ(英語のみ)を参照ください。

占領期の新聞にも、桜祭りを取り上げた記事が掲載されています。(画像をクリックで拡大)

また、プランゲ文庫所蔵の「米軍の平和進駐」という本のゲラ(Prange Call Number: DS-9013g)に、ワシントンDCの桜の木に関して述べた一文があります。検閲官が赤鉛筆で線が引いた跡が確認できますが、検閲処分の有無は不明です。(画像をクリックで拡大)

Leave a comment

Flickrギャラリー

プランゲ文庫は民間検閲局(CCD)文書のいくつかの例をFlickr ギャラリーにて公開しています。

今後、上記のページを更新すると共に、新聞に関連した民間検閲局(CCD)文書も公開する予定です。

Leave a comment

点字資料

プランゲ文庫は185タイトルの点字図書・雑誌を所蔵しています。分野は多岐にわたり、英語の教科書、宗教パンフレット、翻訳本、医療関連本などがあります。これらの点字資料も民間検閲局(CCD)に検閲の為に提出されました。下記に、所蔵資料の一部を紹介します。

  • 英語会話 vol. 1 [Prange Call Number: LB-12_v.1]
  • こくご4 [Prange Call Number: LB-01_v.4]
  • 点字 天理教の信仰 [Prange Call Number: BL-01]
  • ロビンソン漂流記 [Prange Call Number: PR-02]
  • ヒロシマ [Prange Call Number: DS-01/02]
  • 病理学教科書 [Prange Call Number: LB-26]

下記の画像は、点字雑誌「点字の友」と「点字毎日」、それらの手書き原稿です。「点字の友 v.8 no.1 」(Prange Call Number:b ZT-03) には、検閲処分の跡が確認できます。

点字資料は劣化が進んだものが非常に多いため、特注の箱に入れる保存作業を行いました。その為、原物の利用を制限しております。一部の表紙のコピーや、所蔵資料書誌情報のリストはプランゲ文庫内でご覧いただけます。詳しいお問い合わせは、prangebunko[at]umd.eduまでお願い致します。

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.