1 Comment

出版物紹介:Transpacific Field of Dreams

Transpacific Field of Dreams

20世紀ジャパン・リサーチ・アワード(2001)受賞者、Sayuri Guthrie-Shimizu教授(Michigan State University)は、著書Transpacific Field of Dreamsの中で野球が日米関係にどのような役割を果したかについて言及しています。

第七章 “Field of Dreams” では、占領期の日本で野球の人気が再加熱した点を取り上げています。

“On November 23, 1945, at Tokyo’s Jingu Stadium, the Japanese enjoyed a much-awaited opportunity to satisfy their long pent-up craving for baseball, the game that had until a little over two months before been reviled by their militarist government as an ‘enemy sport’ incongruent with the nation’s ‘true spirit.’” (p.199)

プランゲ文庫には野球に関する雑誌や新聞記事などが多く保存されており、これらも占領期の野球人気を裏付けるものと考えられます。

One comment on “出版物紹介:Transpacific Field of Dreams

  1. […] プランゲ文庫は占領期に日本で出版されたほとんどの印刷物(雑誌、新聞、図書など)を所蔵しており、ほぼ全てのジャンルの資料が含まれます。その中には娯楽や芸術など一般大衆を対象にした資料が数多くあります。一例としてスポーツに関係のある資料をここで取上げます。当文庫所蔵のスポーツ関連の雑誌は138タイトルに上り、図書も210冊ほど所蔵しています(野球が戦後の日米関係においていかに重要な役割を果たしたかを述べた著作があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。) […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: