Leave a comment

20世紀ジャパン・リサーチ・アワード(2013-2014)の受賞者が決定しました

2013-2014年の20世紀ジャパン・リサーチ・アワードは、次の研究者に授与されました。

Julia BullockDeokhyo Choi  Emer O’Dwyer

Julia Bullock (Emory University)
トピック: “Co-education in Japan under Allied Occupation.”

Deokhyo Choi (Cambridge University)
トピック: “Crucible of the Post-Empire: Decolonization, Race, and Cold War Politics in U.S.-Japan-Korea Relations, 1945-1952.”

Emer O’Dwyer (Oberlin College)
トピック: “Searching for ‘Truth’ in Occupation-Era Magazines.”

20世紀ジャパン・リサーチ・アワードはNathan and Jeanette Miller Center for Historical Studies と メリーランド大学図書館の共催で1999年に始まりました。このアワードはプランゲ文庫及びメリーランド大学図書館東アジア資料室にて、占領期とその直後(1945年~1960年)を研究される方を対象としています。博士課程修了者、もしくはそれ相当の学位を有する方、または博士課程在籍の大学院生で博士論文のみを残す方がこのアワードに応募できます。在籍地や研究内容は特に問いませんが、歴史関係の研究が優先されます。

20世紀ジャパン・リサーチ・アワードについて詳しくはこちらのページをご覧ください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: