Leave a comment

やなせたかし

昨年亡くなられた「あんぱんマン」の作者として有名な漫画家、やなせたかしさんは、若い頃、高知新聞に勤めておられました。「月刊高知」(プランゲ文庫請求番号 G192)で挿絵や表紙絵画家、そして漫画家として仕事をはじめられましたが、その当時の雑誌をプランゲ文庫では所蔵しています。

BLOG_YanaseTakashi_GekkanKochi

やなせたかしさんは、「月刊高知」の表紙絵を描いておられます。(左の画像参照)

  • 第3巻第2号 昭和23年[1948]
  • 第3巻第9号 昭和23年[1948]
  • 第4巻第5号 昭和24年[1949]
  • 第4巻第9号 昭和24年[1949]

挿絵やマンガでは、

  • レンサイマンガ ミス高知(第1巻第4号 P.31 昭和21年[1946])
  • 姉妹(二場) (第2巻第5号 P.30, 32 昭和22年[1947])
  • 自由の扉 (第2巻第6号 P.6-9 昭和22年[1947])
  • 探偵マンガ 接吻殺人事件(第2巻第11号 P.12-13 昭和22年[1947])
  • 素晴らしき日曜日(第4巻第1号 P.19 昭和21年[1946])
  • 望みなきにあらず(第3巻第7号 P.14 昭和23年[1948])
  • 慌てたダイビング(第3巻第7号 P.22 昭和23年[1948])
  • ヤナセ・タカシ漫画集 影の奇跡;エロ繪画取締り;山のスリル(第4巻第7号 P.24 昭和24年[1949])

などがあります。(全て「月刊高知」)
また文と絵の作品として、

  • エロについて(第3巻第8号 P.2 昭和23年[1948])
  • 無名漫畫家の手記(第3巻第7号 P.18 昭和23年[1948])

があります。(2点とも「月刊高知」)

無名漫畫家の手記の最初と最後の部分を抜粋しますと、

「中國の戰場から還えってきたぼくは、はじめて進駐軍と一緒に海を越えてきたアメリカ雜誌に驚異の眼を見張った。………….
ぼくはまだ書きたいと思ったが話がだんだん大きくなりそうなので、しりきれとんぼで終りにする。無名以下、煙よりまだ薄い存在のぼくのようなものゝ論じ得ることではないようだ。大きなことを言っても、ぼく自身にはまだ漫画は全然描けないのである。恐らく死ぬまで描けないのであろうと、この頃絶望している。」

当時の心境を綴ったものでしょうか。若き頃のやなせたかしさんの思いを偲ぶことができます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: