Leave a comment

被検閲資料:「風邪とインフルエンザ」

以前の記事でも書きましたが、プランゲ文庫は占領期に出版されたほぼ全てのジャンルの資料を所蔵しています。今日は医学の分野から、「風邪とインフルエンザ」(小島三郎、鶴見秀雄著:北隆館、1948)(Prange Call Number: 201-043)を紹介します。

プランゲ文庫所蔵の検閲処分を受けた資料の中で、医学や工学といった専門書の中にもその痕跡をみることができます。「風邪とインフルエンザ」もその例で、医療従事者を対象としているために読者が制限されるにも関わらず、2箇所に”rewrite”との注意書きを民間検閲局(CCD)から受けており、出版された本にはこの2箇所が書き直されていることが確認できます。(画像をクリックで拡大します)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: