Leave a comment

日本資料専門家欧州協会(EAJRS)での発表

9月17日から20日までベルギーのルーベン大学で開かれた日本資料専門家欧州協会(EAJRS)の会議で、室長の巽由佳子がプランゲ文庫の資料に関する発表を行いました。タイトルは「占領期検閲研究を超えて:学術研究の発展とゴードン・W・プランゲ文庫資料へのアクセス」です。発表の資料は下記をご覧ください。

This slideshow requires JavaScript.

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: