Leave a comment

日記・手帳

形態の違いや内容に関わらず全ての出版物は民間検閲局(CCD)に提出し、検閲を受けることが出版社に課された義務でした。この為、上記の写真に見られるように中がほぼ白紙の日記や手帳などといった出版物も検閲を受けました。

これら日記や手帳の資料群はまだデジタル化されていません。ただし、どのような表題の本を所蔵しているのかを把握する為の簡単なリストは既に作成してあり、このリストはプランゲ文庫館内で利用に供されています。日記・手帳資料群の閲覧をご希望される方は、prangebunko[at]umd.eduにご連絡ください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: