Leave a comment

The Center for East Asian Studies (CEAS)

プランゲ文庫は、メリーランド大学のCenter for East Asian Studies (CEAS)というグループとパートナーシップを結んでいます。この記事ではCEASの活動と当文庫との関わりについて詳しく説明します。

CEASは東アジア(中国・日本・韓国)に関係を持つ当大学の教職員で成り立っています。ウェブサイトによると、CEASは様々なプログラムを提案し当大学における東アジア研究の助長を目的とする、とのことです。

CEAS_graduationcelemony2014

2014年にプランゲ文庫ロビーで行われた、証明書授与式の様子。中央は、CEASディレクターのキム教授(Seung-Kyung Kim) と、メイソン教授(Michelle Mason)

CEASは東アジア関連の科目(歴史や言語など多岐に亘る)を規定単位数履修した学部生に「証明書」の授与を行っています。2013年に、ミッシェル・メイソン教授がこの証明書認定に該当するクラス(Readings in Japanese Cultural Studies, JAPN 402)で、当文庫の訪問をされたことがありました。その時の報告はこちらをご覧ください。

JpnSpeakersSeries_Spring2014

2014年に行われた、College of William and Mary大学のクロニン教授(Michael Cronin) による、公開レクチャー”Restaging Japanese History in Popular Culture”の様子

CEASはまた、Japan Speaker SeriesをJapanese Program of the School of Languages, Literatures and Cultures学部と共催しています。毎学期日本関連の研究者を招き、様々なトピックの公開レクチャーを行っています。

当文庫にとってCEASは、東アジアを専門とするメリーランド大学教職員とのコミュニケーションの場です。彼らの研究分野を熟知することによって、大学図書館として的確な研究補助が可能となると考えています。また、図書館が新たに入手した資料の紹介なども積極的に行います。

今後もCEAS関連のイベントなどを随時お知らせいたします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: