4 Comments

Censored Newspaper Articlesのデジタル化: メタデータ作成

Censored Newspaper Articlesのデジタル化についてシリーズでお伝えします。初回は「メタデータ作成」についてです。

プランゲ文庫は18,047タイトルの新聞に加え、「検閲を受けた新聞記事」Censored Newspaper Articles (CNA)を約15,000記事所蔵しています。CNAは手書き原稿、ゲラ、検閲文書、電報などで成り立ちます。CNAのメタデータ作成作業は2013年3月から始め、デジタル化は2014年3月にスタート、そして2014年12月にプロジェクトは全て終了しました。CNAのデジタル画像及び簡易リストは、現在プランゲ文庫館内での閲覧限定となっております。

メタデータ作成においては、「新聞・通信社名」「記事発行予定日」「検閲日」「ヘッドライン」「検閲処分の種類」「検閲官名」「ページ数」など、様々な情報を採録しました。

CNAは主に「Foreign News」「Local News」に属し、1947年と1948年の資料が多数を占めます。(1945年・1946年・1949年も多少あり)「Local News」は日本国内の新聞・通信社が民間検閲局(CCD)に提出した記事と見られ、多くが日本語手書き原稿や日本語ゲラとなっています。

一方「Foreign News」は、主に海外の通信社(APやロイターなど)による英語電報と、その日本語翻訳ゲラなどです。ほとんどが英語資料ですが、韓国語・ロシア語・フランス語による電報も見られます。「Local News」と「Foregin News」以外には、九州地方を担当していた「District III」CCDオフィスの文書や、毎日新聞と読売新聞による「電光ニュース」もCNAに含まれています。各画像は「Local News」「Foreign News」「District III」「電光ニュース」のサンプルです。クリックで拡大します。

CNAについてのご質問は、prangebunko[at]umd.edu までご連絡ください。またFlickr ページにもCNAのサンプル画像を70枚載せておりますので、そちらもご参照ください。

4 comments on “Censored Newspaper Articlesのデジタル化: メタデータ作成

  1. […] Censored Newspaper Articlesのデジタル化についてシリーズでお伝えします。第二回目の今回は、スキャン前の補修作業についてです。第一回目の「メタデータ作成」もあわせてご覧ください。 […]

  2. […] Censored Newspaper Articlesのデジタル化についてシリーズでお伝えします。第三回目の今回は、スキャン作業についてです。第一回目の「メタデータ作成」、二回目の「補修作業」もあわせてご覧ください。 […]

  3. […] Censored Newspaper Articlesのデジタル化についてシリーズでお伝えします。最終回の今回は、スキャン後の画像品質検査(QC – Quality Check)作業についてです。「メタデータ作成」(一回目)、「補修作業」(二回目)、「スキャンニング」(三回目)もあわせてご覧ください。 […]

  4. […] こちらの記事でも少し触れましたが、Censored Newspaper Articlesには、フランス語・ロシア語・ハングルで書かれた資料が含まれています。これらは主に、英語もしくは日本語のゲラ・原稿と共に保管されています。この3ヶ国語の中ではロシア語の電報が最も多く見られます。 […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: