Leave a comment

出版物紹介: 占領下の新聞 別府から見た戦後ニッポン[弦書房発行、2015年8月]

占領下の新聞 別府から見た戦後ニッポン [弦書房発行、2015年8月]

本書は、1946年3月から1949年10月までに大分県別府市で発行された52紙の新聞の中から、日々の様々な営みを伝えた記事を丁寧に拾い集め編集した書籍です。全国紙では決して知ることのできない街角の小さな物語を伝える紙面が、『1.引揚・住宅難・闇市』『2.複雑怪奇、泉都はいつも起きている』『3.民主日本への歩み』『4.商都として』そして『5.占領期のブログ』という5つのテーマにそって紹介されており、同時に各紙の概要、発行社名、発行期間、定価などの書誌的データが記載されています。この書籍で紹介された新聞は、すべてプランゲ文庫に所蔵されており、当文庫、国立国会図書館本館、およびプランゲ文庫マイクロフィルムを所蔵する日米の大学、研究機関で閲覧が可能です。

この記事は著者および出版社の許可を得て掲載しています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: