Leave a comment

20世紀ジャパン・リサーチ・アワード(2015-2016)の受賞者が決定しました

2015-2016年の20世紀ジャパン・リサーチ・アワードは、次の研究者に授与されました。

Anastasia Federova (Hokkaido University/Yale University) for her proposal, “Marxist Thought and Soviet Culture in Early Cold War Japan”

Miriam Kingsberg (University of Colorado at Boulder) for her proposal which is part of a larger project entitled,  “The Objectivity Generation: Japanese Human Scientists in the Transwar World”

Lauri Kitsnik (University of Cambridge) for his proposal, “The Theory and Practice of Scriptwriting during the Allied Occupation”

20世紀ジャパン・リサーチ・アワードはNathan and Jeanette Miller Center for Historical Studies と メリーランド大学図書館の共催で1999年に始まりました。この研究助成はプランゲ文庫及びメリーランド大学図書館東アジア資料室にて、占領期とその直後(1945~1960年)を研究される方を対象としています。

20世紀ジャパン・リサーチ・アワードについて詳しくはこちらのページをご覧ください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: