Leave a comment

1947年8月23日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日、8月23日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

1947年8月23日第一新聞が、終戦後の東京でアヘン密売が広がり、アヘン中毒者が激増しているとの記事を民間検閲局(CCD)に提出し、発禁(Suppress)処分を受けました。

日本語ゲラは「終戰後のドサクサにまぎれて國内にバラマかれたバク大なアヘンで都内だけでも四万人のモヒ中毒者を生んでいる」との一文で始まります。調査班のレポートとして、密輸及び密売所の現状、アヘン価格などを詳しく述べています。記事によると、都庁は今後予算百万円を計上、密売船やアヘン賭博場の捜査・取締りを強化し、「文化東京を侵蝕するアヘンルートの根を斷つことになった」とのことです。

下記のCCD文書はクリックで拡大し、更に個々の画像右下の「view full size」をクリックすると更に拡大します。日本語ゲラは当文庫館内及び国立国会図書館館内限定での公開となります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: