Leave a comment

プランゲ博士の功績を記念するパネルを、当文庫前ロビーに設置しました。

img_0836プランゲ博士の功績を記念するパネルを、当文庫前ロビー(ホーンベイク図書館北館4階)に設置しました。パネルでは博士の功績と共にプランゲ文庫の歩みを紹介しています。写真の上に印刷された文章は、プランゲ文庫命名記念式典における博士のスピーチの一部です。下記に引用します。

“…I owe the Japanese people so much for broadening my intellectual horizon, for enriching my life, and for helping me see history in the long perspective of the years.  To this great and noble people, I give my word, that I shall do all in my power to help promote and develop Japanese studies here at the University of Maryland.” — Gordon Prange at the dedication of the Gordon W. Prange Collection, May 6, 1979

ゴードン・W・プランゲ博士は占領期、GHQ/SCAPの歴史課室長を務めました。博士の主な任務は、太平洋戦争におけるマッカーサー元帥の実績を調査し書き残すことでした。博士は1945年12月から1951年7月まで日本に滞在し、この5年半という年月はその後の博士の人生に大きな影響を及ぼしました。元来ドイツ史を専門としていた博士ですが、占領期後アメリカに帰国してからは「Tora! Tora! Tora!」や「At Dawn We Slept」といった、太平洋戦争を取り上げた本を出版しました。

民間検閲局(CCD)による検閲が1949年に終了した際に、博士は残された資料の歴史的価値を見抜き、CCDが集めた資料をメリーランド大学へ搬送するよう手はずを整えました。この資料群が今のプランゲ文庫です。博士が望んだとおり、その後メリーランド大学は占領期研究の中心として知られるようになりました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: