Leave a comment

日本国憲法シリーズ⑥: 1948年・1949年の新聞社説からみる日本国憲法

日本国憲法は1946年(昭和21年)11月3日に公布、翌年1947年(昭和22年)5月3日に施行されました。今年2017年の5月3日で施行70年を迎えるにあたり、「日本国憲法シリーズ」として数週間にわたりプランゲ文庫が所蔵する憲法関連資料の紹介を行います。第六回目のテーマは「1948年・1949年の新聞社説からみる日本国憲法」です。こちらからシリーズの一覧をご覧いただけます。

今日は、1948年と1949年の5月3日に中国新聞と時事新報の二紙が日本国憲法について論述した社説を紹介します。

「新憲法實施一周年」と題された、中国新聞(Call No.NC0408)の1948年5月3日の社説は、新憲法実施一周年を軽々しく祝うだけではいけない、と警告します。特に「…わが国は未だ占領軍の管理下におかれ独立の民主國家として國際社会の一員となることを許されていない」ことなどをあげ、新憲法実施一周年は「当面せる國内の根本問題解決に対し異常な決意と勇氣を要請するもの」だと書いています。それでも最後には憲法は国民にとって「民主政治の方向」について学ぶ機会を与えたと評価しています。

同紙は1949年5月3日の社説でも同様の姿勢で、国民が憲法を正しく理解し運用することでこそ法の価値が生きてくる、と述べています。憲法の「精神が國民の日常生活の中に溶融することを希望する」ことが今必要とされていると読者に訴えています。

一方、時事新報(Call No. NH0088)が1948年5月3日に掲載した社説は憲法に対して好意的な見方を示しています。「新憲法一年の成績」と題された社説は下記のようにまとめており、今後の憲法に対して高い期待を寄せていることが見て取れます。社説最後部分を抜粋します。

今日は僅々一年の訓練を経たばかりである。この一年の訓練中には、大小幾多の失敗を演じたに相違ないと同時に、また幾多貴重なる反省自戒の機会をも與えられた。新憲法の下に、民主的な、平和的な、文化國民としての訓練の第二年目を、希望と自信を以て迎えているのである。

翌年1949年5月3日の社説「新憲法実施二年の成績」も、「僅々二年の短日月で、人間の魂を入れ換えしめるような奇術の成功は、世界の歴史に前例のないこと」という意見で、新憲法の浸透には時間がかかるとの見通しを述べてます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: