Leave a comment

教育図書特集:「全國高等學校専門學校校歌・寮歌集 」

2015年8月より、当文庫は教育図書のデジタル化を開始しました。今後はデジタル化が終了した教育図書の中から興味深い資料をシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

今回取り上げる「全國高等學校専門學校校歌・寮歌集 」[東京: 錦橋塾, 1946] は、受験時代編集部が出版した校歌・寮歌集です。(Call No. 430-0020)

戦前に作詞・作曲されたと思われる校歌の歌詞には天皇を神格化する言葉や戦争の正当性を匂わせる表現などを使ったものが少なくなく、これらは民間検閲局(Civil Censorship Detachment – CCD)の検閲官によってチェック(×印)が入ったようです。残念ながら表紙が紛失している模様で、発禁になったのかもしくは部分的に削除処分を受けたのかは不明です。(検閲処分の最終決定は主に表紙に書き込まれています)

松江高校寮歌の第三番にはCCDの検閲官によって×印が書き込まれています。歌詞を抜粋します。

大和島根の宮柱 建業古きいしづゑを 流れて淸し簸の川も 糜爛の榮華怒るごと 夕波さわぎ風荒れて 我凋落の影ふかし

北海道帝国大学豫科寮歌の第六番も×印がついています。

潮に暮るゝ西の空 月も凍らむシベリヤの 吾が皇軍を思ひては 猛けき心の躍らずや

この本には明治大学や同志社大学、関西大学といった有名校の校歌なども掲載されています。早稲田大学校歌の第二番にも一度×印が入れられた形跡があります。下記の画像をご覧ください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: