Leave a comment

雑誌特集:福島県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

シリーズ第八回目の今回は、福島県で発行された雑誌を数点紹介します。

「讀書タイムス」は明朗建設社文化部読書グループが発行した、縦15cmで印刷も不鮮明な小さな冊子です。発行地は福島県坂下町とあります。副題のとおり、図書や雑誌の交換を呼びかける「掲示板」としての役割を主な目的としています。例としては「映画之友昭和8-15年迄美本多数(数十冊有)各冊〒別五円で譲る 早勝ち!乞御注文!」などの投稿がありました。

 

月間俳句雑誌「ちまき」は昭和5年に創刊され、昭和24年6月号(通巻第233号)は二十周年記念特集を組んでいます。内容は主に会員の投稿俳句や俳句関連イベントの案内・報告などです。

  • 大地. [1号(1949年7月)] (Call No. D-7)
  • 団報. [4号(1949年1月)] (Call No. D-76)

「大地」は、白河市の白河農業高等学校出版部が発行した生徒会会報です。最初のページでは主筆の生徒会長が「眞の民主的な理想の『生徒の、生徒に依る、生徒のための学校』なる生徒会の新聞として誕生」と、創刊にあたっての意気込みを述べています。

「団報」は福島県南會津朝日村の朝日村青年団によって発行されました。「お知らせ」というページでは、玄人素人を問わず演劇を上演する際には仙台にある演芸放送検閲部映画演芸課に脚本を提出し検閲を受けなければいけない、と会員に忠告しています。このページは「Reference to Censorship」として検閲処分(Violation – 表紙にはdisapprovedとあり)を受けたことが、民間検閲局(CCD)が残した英語文書によって見て取れます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: