Leave a comment

1947年11月1日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日11月1日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

1947年11月1日、日本経済新聞が、岡山県・広島県・香川県・徳島県一帯ではサトウキビを栽培が盛んになっていると報じる記事を民間検閲局(CCD)に提出しました。(Prange Call No. 47-loc-1520)

記事によると、昨今は多くの農家が良田をつぶしてでも砂糖キビ畑を作ろうとする傾向がある、とのことです。これは供出に縛られる米麦よりも特に関西地方の闇市で売れる砂糖を栽培した方が儲かるだからだろう、と記事は推測しています。記事の半分以上が削除処分(Delete)を受けており、特に闇市での砂糖の取引額および該当四県の現在の砂糖キビ畑の数が厳しく削除されています。

日本語の棒ゲラ(「甘い汁を吸いたがる農家 良田もつぶしてふえる砂糖きびの栽培」)のデジタル画像は、当文庫館内および国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧いただけます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: