1 Comment

雑誌特集:長崎県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

シリーズ第十回目の今回は、長崎県で発行された雑誌を数点紹介します。

  • 同志. [1号(1949年3月)] (Call No. D-295)

佐世保商工高等学校工業部電気科同志会が1949年に創刊した「同志」は、学生によるクラス機関誌です。内容は幅広く、作文や書評もあればコントやクイズのコーナーなどもあります。また雑誌名「同志」決定までの報告など、学生の情報共有の場としても利用する意向だったことが見受けられます。プランゲ文庫は創刊号のみの所蔵となり、その後の発行状況は不明です。また、発行人が民間検閲局(CCD)に出した発行届けが入っていたと思われる封筒の一部が残されていました。

  • 血潮. [1号(1948年3月)] (Call No. C-126)

五島青年民主評論会発行の「血潮」も創刊号のみの所蔵です。冒頭に長崎県政府教育課補佐官、E. N. Meldal (イー・エヌ・メルダール)氏からのメッセージを掲載しています。本文にもメルダール氏による寄稿「かひもの」がありました。これは日本の古物商とアメリカ兵の面白いやり取りを描いたものです。

  • 団結. [1巻1号(1948年8月)-5・6号(1949年8月)] (Call No. D-96)
  • 地区労. [1号(1948年8月)] (Call No. C-83)

団結」は佐世保港湾労働組合による機関誌で、「地区労」は島原地区労働組合協議会による機関誌です。「団結」の創刊号の表紙には「1 Info」と書かれており「戦後インフレの分析」という論文の一部にCCD検閲官によって印が入れられています。書込みは「Introduction of foreign capital into Japan」とあります。第二号からは新聞のような形に変更されています。「地区労」創刊号も同様に「運送事業を社会化せよ」という論文に「1 Info」の書込みが見られます。

One comment on “雑誌特集:長崎県で出版された雑誌

  1. […] 国立国会図書館のデジタルコレクションにて館内閲覧可能 – 約5,300点(約700タイトル)- を、当ブログにて雑誌特集シリーズとして紹介してきました。2017年12月時点で、10都道府県の雑誌に関する記事を公開しています。10都道府県の内訳は京都府、北海道、鹿児島県、静岡県、熊本県、四国(愛媛県・高知県・徳島県・香川県)、愛知県、福島県、新潟県、長崎県です。近々、島根県と石川県の雑誌特集を予定しています。 […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: