Leave a comment

労働関係資料: ポスター

現在メリーランド大学ホーンベイク図書館では、Special Collections and University Archivesが所蔵する労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が開催されています。(開催期間は2017年9月~2018年7月)。これを受け、プランゲ文庫が所蔵する労働関係資料をブログで紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

今日はポスター資料群の中から、農業復興会議・農業協同組合組織協力本部が発行した「農民かべしんぶん」を紹介します。

第1号は「今度こそ俺らが組合おらが手で」と題され、農業協同組合を「働く農民が働く農民のためにつくるのだ!」と声をあげています。そして農業復興会議の使命の一つとして「農村の民主化」「農民の解放」を謳っています。「民主勢力」と書かれた手が「悪徳地主」「反動分子」「悪徳官僚」といった「害虫」を葉から取り除いている絵が印象的です。

 

 

1948年7月に発行された第五号では農林復興金庫や供出と税金の免除を提唱し、開拓者に資金と資材の提供を呼び掛けます。徴税に対しても、農民の団体交渉の承認を要求しています。また農業恐慌が迫り寄っていると注意を呼びかけ、協同組合など団体の力で危機を突破しよう、と組合人に強く呼びかけます。

1948年10月の第七号では盗難や火災で財産を失わないために、農業協同組合に貯金をすることを勧めています。また、この号では農業協同組合が今後バッジや旗に使用する徽章を募集しており、賞金は一等一万円とのことです。ここで「農民は一人残らず農業協同組合人となるでしょう」と書いています。

 

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。またこれらのポスターはデジタル化されており、プランゲ文庫館内にて閲覧頂けます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: