Leave a comment

展示資料紹介:「W・F・マアクェット閣下のステートメント」

2018年10月中旬より当メリーランド大学ホーンベイク図書館Maryland Room Galleryにて、プランゲ文庫の展示Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952を開催します開催期間は2018年10月~2019年7月です。今月から月に一度、ピックアップした展示資料の紹介を行います。展示資料シリーズはこちらからまとめてご覧頂けます。

「展示資料特集シリーズ」の七つ目は、野球雑誌「野球時代」(Prange Call No. Y42)に1949年4月に掲載された「W・F・マァクェット閣下のステートメント」を取り上げます。

これは米国ナショナル・ベースボール・コングレスのメンバーであったウィリアム・マァクェット氏(William Marquart)による寄稿です。この中でマァクェット氏は、アメリカのプロ・アマチュア野球にかかわる全ての人々が、日本における野球の発展を願っている、として次のように述べています。

 

これ等の人々は、米大陸に於ける隣接諸国と、極東にある諸国の間に、有効関係を再現するための方便として、国際野球のつながりが再開されることを心から期待しているのであります。”

先ず、ナショナル・ベースボール・コングレスでは、許される最も近い機會に、その國際優勝試合を日本に於て開催することを提案してきております。また幾多のプロ・ベースボール経営者らは、日本の野球ファンをもてなすために、よろこんで”オール・スター・ティーム”を連れて来るという申し込みを来ております。”

このステートメントから6カ月後、サンフランシスコ・シールズの来日によって、この約束は守られました。

この資料はスペース関係上展示ケースには入れませんでしたが、オンライン展示にて公開しております。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: