Leave a comment

子育て今昔:第五回 – 育児方針

[本記事は、丹治里彩(たんじ りさ)](2018年~学生アルバイト)による寄稿です。育児に関するプランゲ文庫の資料を、ブログ記事全五回に亘って紹介します。はじめに第一回第二回第三回第四回もご覧ください。今回が最終回です。]

子供が生まれた直後からある程度自立するまでの子育ての仕方を見てみると、これもまた戦後よりどんどん進化していった考え方の一つであると見受けられます。当時の人々が赤ちゃんを強く、自立した子に育てることに最も意識を傾けていたのに対し、現在は赤ちゃんのニーズを最優先させる親が増えてきたように思います。

田中利雄氏は、抱っこやおんぶは必要最低限のみすることを自身の著作の「赤ん坊の育て方」(Prange Call No. 2019-0038)にて強く勧めていました。母子の肌の触れ合いの度が過ぎると抱き癖のついた育てにくい子になってしまうと考えていたようで、授乳中以外は子供に顔すら見せないほうが良いと勧告していました。決まった授乳時間のみに母親の顔を見せて喜ばせた方が子供の幸福度が高まると述べています。しかし、現在では赤ちゃんの心のケアの重要性も認知されるようになり、心の成長が滞らないように赤ちゃんを沢山抱いてあげるように意識する母親が増えてきたようです。

赤ちゃんを寝かせる時の注意点もいくつか「赤ん坊の育て方」にて並べられています。特に目立ったのは、添い寝厳禁という考え方でした。母親が一緒に寝てしまうと母乳をずっと欲しがり授乳時間が不規則になってしまったり十分な睡眠がとれなくなるなど、赤ちゃんの健康を懸念し、必ず一人で寝かせることを強く勧めていました。これは現在では賛否両論ある考え方で、他にも圧死させてしまう不安などからベビーベッドのみを利用する親もいれば、赤ちゃんとの関係が豊かになるよう、触れ合いの時間を延長させるために添い寝をする親もいるようです。

また、赤ちゃんの全体的な健康を窺うためには赤ちゃんがどの位泣くかを見るのが良いと田中氏は述べています。健康な赤ちゃんは全く泣かず、溢乳もせず、抱かれることを拒むとされていました。対し、不健康な赤ちゃんはよく泣き、母親から離れたがらないそうです。現在の泣く子は育つという考えとはまるで反対なのが不思議に感じました。泣くことは赤ちゃんのコミュニケーション方法なので、泣けないほどぐったりしている赤ちゃんや抱っこを嫌がる赤ちゃんには不安を煽られる親のほうが多いでしょう。

——————————————–

文献

  1. 粟谷しのぶ(2014)「ひとの健康は胎児期から決まる:DOHaD説(成人病胎児期発症起源説)の第一人者福岡秀興先生に訊く」(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議ニュースレター第87号),[online]http://kokumin-kaigi.org/wp-content/uploads/2014/09/fukuoka871.pdf (参照 2019-3-27).
  2. 愛媛生協病院(2002)「自家中毒(アセトン血性嘔吐症・周期性嘔吐症)」[online]http://www.e-seikyo-hp.jp/medical/pediatrics/6.pdf (参照 2019-2-26).
  3. 太田百合子(2016)「上手なおやつの摂り方」(子どもの味覚を育む食事のヒント Vol.06), [online]https://shoku.hapiku.com/column/004/mikaku-006/(参照2019-4-14).
  4. Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes(2019)「医療用医薬品の薬効分類」[online]https://www.genome.jp/kegg-bin/get_htext?jp08301+D00142 (参照 2019-4-3).
  5. さいたま助産院(2009)「『乳幼児のアトピー性皮膚炎』の勉強会に行ってきました!」(さいたま助産院ニュースレターNo.1), [online]http://saitamajosanin.com/saitama-josanin_newsNO1.pdf (参照 2019-2-26).
  6. 主婦之友社編集局(1948)『赤ちゃんの食事とお八つ』主婦之友社. Prange Call Number 2019-0012.
  7. 成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業(2013)「乳幼児身体発育評価マニュアル:乳幼児身体発育調査の統計学的解析とその手法及び利活用に関する研究」, [online]https://www.niph.go.jp/soshiki/07shougai/hatsuiku/index.files/katsuyou.pdf(参照2019-2-24).
  8. 世界保健機関(2008)「妊娠中および授乳期の食品安全と栄養」(国際食品安全当局ネットワーク Information Note No. 3), [online]https://www.who.int/foodsafety/fs_management/No_03_nutrition_Apr08_jp.pdf (参照2019-3-28).
  9. 田中利雄(1946)『赤ん坊の育て方』田中小兒科醫院. Prange Call Number 2019-0038
  10. 千葉県医師会(2010)「こども相談室 : 母乳育児中の病気について」(ミレニアム第35号)[online]https://www.chiba.med.or.jp/general/millennium/pdf/millennium35_14.pdf (参照 2019-3-12).
  11. 中鉢不二郎(1948)『病氣をさせぬ新育兒法』婦人圖書出版社. Prange Call Number 2019-0022.
  12. 守屋光雄(1949)『育兒心理學』臼井書房. Prange Call Number 2019-0019.
  13. 山本康裕(1948)『育兒の常識』壯文社. Prange Call Number 2019-0013.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: