お知らせ

寄贈資料の紹介: ジャスティン・ウィリアムス・ペーパー 追加資料

ジャスティン・ウィリアムス・シニア(Justin Williams Sr.)は、1946年から1952年までSCAP民政局課長を務めました。ジャスティン・ウィリアムス・ペーパー(Justin Williams Sr. Papers)は、第二次世界大戦後の日本における議会、政治、そして憲法に関する変動を研究する上で欠かせない資料と言えます。 プランゲ文庫は2016年、ジャスティン・ウィリアムス・ジュニア氏(ジャスティン・ウィリアムス・シニア氏の息子)より、追加資料として図書や写真などを新たにご寄贈頂きました。その中から今日は「Tokyo, fall of 1945: 東京一九四五年・秋」(東京 : 文化社, 昭和21 [1946])と「Jeeper’s Japan」Frances Baker著(東京: Toppan, 1949)を紹介します。

ツィッター開設一周年

プランゲ文庫がツィッターアカウント(英語・日本語)を開設し、今日4月18日で1年になります。現時点で英語アカウントの総ツィート数は435ツィート、フォロワー数は141名です。日本語アカウントの総ツィート数は514ツィート、フォロワー数は517名です。 下記は、過去1年間で反響の大きかったツィートです。これからもフォローをどうぞよろしくお願いいたします。 常子たちがいよいよ出版した「スタアの装い」。画像は、このモデルとなったと言われる「スタイルブック」(6/16/1946)です。プランゲ文庫は創刊号、4号、5号を所蔵しています。画像は創刊号の表紙です。#とと姉ちゃん(つづく) pic.twitter.com/YwKWnH3u2t — ゴードン・W・プランゲ文庫 (@PrangeColl_Jp) July 9, 2016 笠置シズ子の自叙伝がプランゲ文庫にありました。画像は「歌う自画像 : 私のブギウギ傳記」(東京: 北斗出版社, 1948)の表紙と見返しです。この図書はデジタル化されています。 pic.twitter.com/D8sok5a154 — ゴードン・W・プランゲ文庫 (@PrangeColl_Jp) October 17, 2016 (4/4) なんということでしょう! ビフォアー・アフターを見て頂くと一目瞭然、右上の折り目を全て伸ばしました。これでやっと、この資料をスキャンすることができます。この作業について詳しくは、後日ブログで詳しく紹介します。#digitization #Preservation pic.twitter.com/D2OwOXlwki — ゴードン・W・プランゲ文庫 (@PrangeColl_Jp) January 31, 2017

雑誌記事索引集成データベース「ざっさくプラス」にて、プランゲ文庫の雑誌が検索可能になりました

2017年4月より、雑誌記事索引集成データベース「ざっさくプラス」にて、プランゲ文庫が所蔵する全雑誌が検索できるようになりました。キーワード検索に加え、記事タイトル、著者名、雑誌名、刊行年などからも検索が可能です。 検索結果画面では、検索結果を発行年別に棒グラフで見ることができます。(図1参照)棒グラフにカーソルを合わせると、その年に発行された記事数を確認でき、更にクリックすると検索結果をその年に限定することが可能です。(図2参照)プランゲ文庫が所蔵する雑誌の情報は「20世紀メディア情報データベース」に含まれていた為、検索結果では記事タイトル前に⑳と出ます。(図3参照)記事名をクリックすると記事の詳細情報ページをご覧頂けます。(図4参照) ざっさくプラスの利用に関してご質問がありましたら、こちらからご連絡ください。

国会図書館にて公開のデジタル画像、追加図書(2017年)

2017年3月14日、プランゲ文庫の所蔵図書約1400点が、新たに国立国会図書館のデジタルコレクションに追加されました。これらのデジタル画像はプランゲ文庫館内でも利用に供されています。現時点で、一般図書(約7300点)、児童書(約8000点)、雑誌(約6000点)、Censored Newspaper Articles(約15700点)のプランゲ文庫所蔵資料が国会図書館館内限定で公開されています。 今回公開された図書は、主に歴史学(Call No. D-)、アメリカ史(Call No. E-, F-)、文学(映画・演劇など. Call No. PN-)分野の資料です。次の画像は公開された資料の一例です。

プランゲ文庫の資料検索・利用方法をまとめたガイドを公開しました

プランゲ文庫の資料検索には様々な方法があります。メリーランド大学のオンラインカタログや国立国会図書館(NDL)のデジタルコレクションはそのひとつです。また整理段階の資料でも館内で簡易目録をご利用いただけることもあります。同様に資料利用方法も多岐にわたります。館内限定資料もあれば、オンラインでご自宅からアクセス可能な資料もあります。 これらの違いを詳しく説明するガイド(英語・日本語)を公開しましたので、どうぞご利用ください。ご質問があればこちらのフォームからお問い合わせください。

The Council on East Asian Libraries (CEAL) 年次会議での発表

2017年3月15日、カナダのトロントで開かれたThe Council on East Asian Libraries (CEAL)の年次会議にて、プランゲ文庫コーディネーターのジェンキンス加奈がポスター発表を行いました。タイトルは「The Network Visualization and Analysis of Twitter Followers : Gordon W. Prange Collection, University of Maryland Libraries 」です。 下記はポスター画像です。(クリックで拡大します)

Library Award for Undergraduate Research受賞者

2016年春学期にメイヨー・オーラル・ヒストリーズのインターンをした学部生 Michelle Glazerが、今年のLibrary Award for Undergraduate Researchを受賞しました。Library Award for Undergraduate Researchは、メリーランド大学図書館、Maryland Center for Undergraduate Research 及び Maryland’s iSchool の共催で、学部生の優れたリサーチペーパーを毎年表彰しています。 Michelleのリサーチペーパータイトルは「Americans on the Defense Team in the Tokyo War Crimes Tribunal, 1946 – 1948: Understanding the Mentality Behind Defending the “Enemy”」です。メイヨー・オーラル・ヒストリーズを多数引用しています。 Michelleは、Library Awardのアプリケーション・エッセイにて、プランゲ文庫でのインターンシップが今回のリサーチペーパーのアイデアの元になったことを述べています。次に一部引用します。 “For the Spring 2016 semester, I accepted an internship with the Gordon W. Prange Collection. At […]