リサーチ・ガイド

プランゲ文庫の資料から見る「戦争孤児・浮浪児」

第二次世界大戦後、数え切れない数の子どもたちが戦争孤児となりました。空襲や原爆により保護者を失った子どもや、外地から引き揚げ途中に親と離れてしまった子どもも含まれます。終戦の混乱に伴い政府からの支援が限られている状況で、多くの戦争孤児たちは自分たちの力だけで生きていくことを選択せざるを得ませんでした。靴磨きや物乞い、そして窃盗などに手を出すいわゆる浮浪児も現れました。プランゲ文庫には、これら戦争孤児・浮浪児の生活をうつし出した資料が所蔵されています。下記は一例です。 一般図書にみる「戦争孤児・浮浪児」 「戦災孤児の記録」(島田正蔵、田宮虎彦, 文明者出版部: 1947)には、児童福祉施設萩山学園に入所した戦災孤児の文章30篇が集められています。そのうちの1篇を抜粋します。(Prange Call No. D-0652) 「父と母を思う」 小三 中林博 ぼくが2年生までいたお母さまは、昭和二十年の三月の戦災で死んでしまひました。ぼくはお母さんがいないとたいへんさびしくてたまりませんでした。それからとゆうものはしばらくはルンペンをしていてもお母さまを思ひました。それからアメリカ人にひろわれ、半月ほどお世話になりましたが、そのアメリカ人がかへっていったので、またルンペンをしなければなりませんでした。ルンペンをすればやっぱりお母さまを思ふのでした。それから東京へきました。そしてある人にひろはれてそこで半月ほどいましたが、それから麹町一時保護所へいって、二三日いましたが萩山学園にきましたそれからここへきて校長先生にいろいろなことをきかれたときぼくはすこしなみだがこぼれました。ああお母さまと口にでさうになりましたがこれへていました。それからというものはお母さまお父さまのことを思ひました。ああお母さまがいればなあと思ひます。(pp.35-36.) その他、下記の資料も戦争孤児・浮浪児を取り上げています。 『童子抄』 齋藤喜博著 (古今書房: 1946) [Prange Call no. 403-0063] 『クローズ・アップ』永井嘉一編 ( 硏光社: 1948)の15ページの写真、「クローズ・アップされた社会層の断面」 [Prange Call no. GV-0350c] 雑誌に見る「戦争孤児・浮浪児」  『週刊朝日』(朝日新聞社) vol. 49, no. 1, July, 1946の12-13ページに収録されている「忘れられた戦災孤児」 加藤シズエ著 [Prange Call no. S-2321] 寄贈資料「Robert P. Schuster Photographs」に見る「戦争孤児・浮浪児」 Robert P. Schuster Photographsは、医療機器修理の専門家として占領期に日本に滞在したロバート・P・シュスター氏(Robert P. Schuster)氏から寄贈を受けた資料群です。 RS-0322: 写真の裏面には“These Jap kids are always eager […]

プランゲ文庫の資料から見る「ジープ」

プランゲ文庫の所蔵資料には、様々な形で「ジープ」が描かれているのが見て取れます。新聞記事や報道写真だけではなく、児童書や文学作品にも「ジープ」のイメージが繰り返し出てきます。ある人はジープは占領軍の力の象徴ととらえ、またある人は日本の敗北を繰り返し思い出させるものと考えるかもしれません。どちらにせよ、占領期を語る上で「ジープ」の存在はなくてはならないものと言えるのではないでしょうか。 下記は「ジープ」が描かれた資料の一例です。 Censored Newspaper articlesに見る「ジープ」 Censored Newspaper Articlesには、いくつか「ジープ」という単語が検閲処分を受けたものが確認されています。特に占領軍兵士が犯罪にかかわった可能性のある報道は厳しく民間検閲局(CCD)のチェックが入りました。 例としては、”Yoshida’s Car Attacked”(10/31/1947付)と題された毎日新聞の記事があります。この記事では吉田茂の車がジープから投げられた石、もしくは発砲によって襲われたとありますが、「ジープ」という単語を「自動車(Automobile)」と変更するようにCCDが処分を下しています。(Prange Call No. 47-frn-2375) 画像はクリックで拡大します。 また1948年5月30日には、ジープ車内で死体が発見された事件を、朝日新聞、共同通信、毎日新聞、読売新聞の各社が一斉に報道しましたが、どの記事も程度の差こそあれ検閲処分を受けたようです。例えば毎日新聞は記事名の「ジープの中に怪死体」を「自動車の中に怪死体」と変更するように注意を受けました。 (Prange Call No. 48-loc-1898). これらCensored Newspaper Articlesの日本語ゲラは、当文庫館内及び国立国会図書館館内で閲覧可能です。 児童書に見る「ジープ」 「ジープ」のイメージは、ぬり絵や工作ブックなどの児童書でも多く取り上げられました。下記は一例です。 僕はジープだ (Prange Call No. 520-216) ジープト電車 (Prange Call No. 516-169) ハロージープ (Prange Call No. 516-165) 工作エホン 1 (Prange Call No. 462-029) こちらの記事で、ジープを一つの題材とした工作本の画像を掲載しています。 雑誌に見る「ジープ」 「やさしい工作:ジープの作り方」 (Magazine Title: 少年世界.  Prange Call No. S2199) 1949-04-01 (Vol. 2, No. 3) […]

占領期関係コレクション紹介(アメリカ国内)

プランゲ文庫のあるワシントンD.C.郊外は、占領期研究に最も適した場所と言えるかもしれません。当文庫をはじめとし、第二次世界大戦後の日本研究にはかかせない様々な資料を保有する国立公文書記録管理局(National Archives and Records Administration (NARA))と米国議会図書館(Library of Congress)(日本関係資料についてはこちらをクリック)がこのワシントンD.C.郊外にまとまって位置しているからです。 しかし実は米国内他州の大学機関にも、占領期研究に役立つ資料群が存在しています。今回はその中でも5つの資料群を紹介します。この5つの資料群はデジタル化により、世界中どこからでも資料へのアクセスが可能となっています。 Pacific War Postcards Collection and Gerald & Rella Warner Japan Slides (East Asia Image Collection, at Lafayette College, Pennsylvania) Pacific War Postcards Collection は、フィリピンなど南方諸島に居住していた日本人が日本国内の親戚などに向けておくったポストカード36点から成り立ちます。1945年8月19日から1946年3月10日までの日付が確認できます。 Gerald & Rella Warner Japan Slides は、ジェラルド・ワーナー(Gerald Warner)夫妻が寄贈した567枚のカラースライドです。ワーナー氏は占領期時には米国国務省に勤めていました。スライドの多くは1947年から1951年にかけて撮影されたもので、撮影場所は多岐にわたります。マッカーサー元帥や吉田茂氏といった政治的重要人物のスライドもありますが、当時の日本大衆の生活を映し出すスライド(お花見風景など)が多く含まれていることが、このコレクションの特徴と言えるでしょう。 Doing Photography and Social Research in the Allied Occupation of Japan, 1948-1951 : A Personal and […]

労働関係シンポジウムのお知らせと、関連資料の紹介

2015年3月5日、メリーランド大学歴史学部にあるCenter for the History of the New America が、労働関係学(Labor Studies)のシンポジウムを予定しています。Organizing for Power and Workers’ Rights in the 21st Century  と題したこのシンポジウムはパネルディスカッションなどに加え、プランゲ文庫が所属するSpecial Collections and University Archives (SCUA)のツアーを企画しています。SCUAには George Meany Memorial AFL-CIO Archive があり、これは労働関係の研究にとって不可欠な資料群です。AFL-CIO Archivesは2013年に当大学図書館に寄贈されたもので、四千万枚以上の文書などで成り立っており、寄贈資料としては過去最大規模です。 AFL-CIO Archivesのツアーと共にプランゲ文庫が所蔵する労働関係資料の展示も行います。当文庫は労働法や労働教育をはじめとし、占領期に開花した労働運動などを色鮮やかに映し出す資料を多数所蔵しています。下記に様々な資料群からの例を紹介します。  図書: 図書においては、「工業・土地・労働」の分野資料(米国議会図書館分類表のHDカテゴリー)のデジタル化を終了しましたので、当大学のオンラインカタログ、また国会図書館のデジタルコレクションにて検索可能です。これらの資料はプランゲ文庫館内及び国立国会図書館デジタルコレクションにて全デジタル画像をご覧いただけます。(どちらも館内からのアクセス限定となっております。)   ポスターと壁新聞 情報を迅速に広める手段のひとつとして、ポスターや壁新聞は、労働組合によって多く利用されました。当文庫は計285枚のポスター・壁新聞を所蔵しており、この中には右の写真にみるように労働関係のポスターも含まれています。一部のポスター・壁新聞はマイクロフィルム化及びデジタル化されており、当文庫館内にて利用に供されています。   Censored Newspaper Articles: 先日デジタル化を終了したCensored Newspaper Articlesにも、特に労働組合に関する新聞記事が多数含まれています。下記の例をご覧ください。 米国船の船内作業に日本労働者を使用するな – Seattle agent Ed Coester of the Sailors Union of the […]

先行研究紹介

以前プランゲ文庫の職員が、ある研究者の方から次のような質問を受けました。 「プランゲ文庫で今までに一番研究されている分野は何でしょうか。」 プランゲ文庫の資料は占領期に出版された全ての分野の資料を網羅している為、「一番研究されている」分野を絞り込むことは非常に難しいとその時に痛感しました。 ただ、次に挙げる2つの分野は、既に研究成果を発表された研究者が多く見うけられることを特記できるかと思います。在日韓国人コミュニティーと、原爆(及び広島・長崎)に関する研究です。下記にこの2分野の先行研究論文・図書の例を紹介します。 占領期の在日韓国人コミュニティーに関する先行研究: “The Korean press in Japan after World War II and its censorship by occupation authorities.” (Yoon, Heesang. 2004.) College Park, Md: University of Maryland. http://hdl.handle.net/1903/199. “GHQ占領期における新聞発行とそのダイナミズム” (小林聡明, 2007.) “GHQ占領期における在日朝鮮人団体機関紙の書誌的研究”. Intelligence.(12): 38-50. (小林聡明. 2012) “戦後占領期の朝鮮人学校教科書に見る「民族意識」 : プランゲ文庫所蔵の史料を通して”. Intelligence. (12): 51-59. (池貞姫. 2012.) 原爆(及び広島、長崎)に関する先行研究: “The Atomic bomb suppressed : American censorship in Japan, 1945-1949″  […]