Leave a comment

メリーランド大学のクラス訪問 (HIST 483) [Spring 2017]

2017年2月28日、メリーランド大学のC.R. リリー教授(歴史学部)が受け持つ「Modern Japan」クラス (HIST483)の学生たちが授業の一環としてプランゲ文庫を訪問しました。このクラスは明治維新から現代までの日本史を学ぶクラスです。

img_2558まずプランゲ文庫室長が、検閲の基礎骨組みとなったプレスコードを詳しくたどりながら民間検閲局(CCD)による検閲のプロセスを説明し、どのような出版指標が日本の出版社に与えられたのかを説明しました。そしてCCDが「タブー」として特に注目していた話題の例を挙げ、具体的な資料を見せました。ここで取り上げた「タブー」の話題とは、「検閲の事実を知らせるもの」、「原子爆弾」そして「軍事的宣伝」の3点です。

img_2562次に当文庫マネージャーが、日本国憲法についてのプレゼンテーションを行いました。プランゲ文庫は、SCAPの民生局次長として日本国憲法制定に大きく関わったチャールズ・ケーディスの個人所蔵文書(Charles L. Kades Papers)を所蔵しています。また同じく憲法構築に大きく関わったベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon)のインタビューも、マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズの一部として所蔵しています。

Leave a comment

日本国憲法シリーズ②: 児童書・児童雑誌からみる日本国憲法

日本国憲法は1946年(昭和21年)11月3日に公布、翌年1947年(昭和22年)5月3日に施行されました。今年2017年の5月3日で施行70年を迎えるにあたり、「日本国憲法シリーズ」として数週間にわたりプランゲ文庫が所蔵する憲法関連資料の紹介を行います。第二回目のテーマは「児童書・児童雑誌からみる日本国憲法」です。こちらからシリーズの一覧をご覧いただけます。

プランゲ文庫の所蔵資料には、新しい日本国憲法に関する児童書や児童雑誌記事が数点見られます。憲法の成り立ち・意義・仕組みを詳しく文章で説明するものから、イラストを使って簡潔にしめしたものなど様々です。どの資料からも、日本の将来を担う子どもたちに日本国憲法を正しく教えるという著者の強い気持ちがうかがえます。下記は一例です。

 

Leave a comment

雑誌裏表紙の広告: 女性雑誌から

先日の児童向け雑誌の裏表紙広告に続き、今日は女性雑誌の裏表紙の広告を数点紹介します。クリームや口紅、香水といった化粧品の広告に交じり、ミシンや銀行の広告もあります。

 

 

Leave a comment

アメリカカトリック大学での発表

socialmedia_ytpresentation_cua2017年2月3日、アメリカカトリック大学(Catholic University of America)にて開かれたシンポジウム「Bridging the Spectrum」にて、プランゲ文庫室長の巽由佳子がプレゼンテーションを行いました。タイトルは「Transpacific Initiatives of Creating Digital Access: Partnership of University of Maryland Libraries and the National Diet Library of Japan」です。

プレゼンテーションの資料は下記をご覧ください。

This slideshow requires JavaScript.

Leave a comment

日本国憲法シリーズ①: ジャスティン・ウィリアムス・ペーパーからみる日本国憲法

日本国憲法は1946年(昭和21年)11月3日に公布、翌年1947年(昭和22年)5月3日に施行されました。今年2017年の5月3日で施行70年を迎えるにあたり、「日本国憲法シリーズ」として、今後数週間にわたりプランゲ文庫が所蔵する憲法関連資料の紹介を行います。第一回目のテーマは「ジャスティン・ウィリアムス・ペーパーからみる日本国憲法」です。

justin-williams_picジャスティン・ウィリアムス・シニア(Justin Williams Sr.)は、1946年から1952年までSCAP民政局課長を務めました。ウィリアムスの主要な仕事は、新憲法下で国会が国権の最高機関として機能するように、その制度と運営を確立すること、日本の政治と選挙の実態をマッカーサー元帥に報告すること、及び国会がSCAPの方針に合致する政策を制定しているかどうかを確認することなどでした。コートニー・ホイットニー民政局局長(Major General Courtney Whitney)とチャールズ・ケーディス民政局次長(Colonel Charles L. Kades)が、ウィリアムスの直属上司でした。

ジャスティン・ウィリアムス・ペーパー(Justin Williams Sr. Papers)には、日本国憲法に関する資料が含まれています。下記の画像は、1946年3月6日の午後2時半にウィリアムスがひとつの封筒を受け取ったところからの出来事を詳細に書き記した文書です。厳重に封をされたこの封筒はマッカーサー元帥宛となっており、ウィリアムスは民生局が提案した憲法草案を内閣が受け入れる旨を記した文書が入っている、と予想します。ここでウィリアムは新憲法に対する自分の意見を率直に書き残しています。下記の画像はクリックで拡大します。

“When the document went back to the Cabinet 5 March, much as it was originally drawn up by the Gov’t Sect, there was no choice on the part of the Cabinet but to accept it, tho’ with great reluctance.  No matter what the papers say, no matter what the reaction of the Jap people, now and in the future, this document was literally crammed down the throat of an unwilling Cabinet, which did not so much as win one minor concession.  I don’t see how this Cabinet can continue in power, unless required to do so by SCAP.”

午後4時半の出来事については次のように書いています。

“At 4:30 this afternoon Gen. Whitney assembled all Govt Sect personnel, officers, civilians and enlisted men, in the conference room just outside his office. Then he read Gen MacArthur’s release to the press announcing SCAP approval of the constitution proposed by the Cabinet, in close collaboration with SCAP officials, as a result of the General’s request for constitutional revision 5 months ago.  Following MacArthur’s statement concerning the historic document, the Emperor’s acceptance of the constitution was read.  The newspapers tomorrow will carry the statements of Mac, the Cabinet, and the Emperor.  Finally, Gen Whitney thanked all members for their cooperation, on behalf of himself and Gen. Mac, and said it had been the best kept secret of the occupation.  I agree 100% with the latter.”

またこの文書以外にも、憲法発足に関する枢密院の記録(1946年8月~10月分ー英語、1946年6月~10月分日本語)、チャールズ・ケーディスによる憲法草案に対する感想、そして時事通信の記事(新憲法施行から1年後の1948年5月3日付け)などがジャスティン・ウィリアムス・ペーパーには含まれています。

Leave a comment

国際女性デーに関する展示

3月8日の国際女性デー(International Women’s Day)に先駆け、プランゲ文庫は現在、ホーンベイク図書館北館の閲覧室(Maryland Room)にてミニ展示「International Women’s Day in Japan during the 1940s as seen through materials in the Gordon W. Prange Collection」を開催中です。展示期間は2017年2月1日から2月24日です。

占領期、国際女性デーは主に「国際婦人デー」と呼ばれました。展示資料の一例としては、1949年に日比谷音楽堂で開催されたデモの様子を写した報道写真や、女性活動家が国際婦人デーのデモに参加した体験を述べた雑誌記事などがあります。下記の写真をご覧ください。

This slideshow requires JavaScript.

Leave a comment

雑誌特集 : 愛知県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

シリーズ第七回目の今回は、愛知県で発行された雑誌を数点紹介します。

  • 中日スタイル [1947年3・4月-1948年1・2月、スタイル展記念号、1948年5・6月、9月、12月] (Call No. C-262)

「中日スタイル」は名古屋市で「中部日本スタイル社」によって出版されていた服飾雑誌で、プランゲ文庫は計8点所蔵しています。ページ数20ページ弱の薄い雑誌ですが挿絵や写真を多く使用している雑誌です。スタイル展記念号(1948年5月)は1948年3月に松坂屋で開かれた中部日本洋裁学院連盟主催のスタイル展を特集したもので、全ページ写真入りの凝ったつくりです。

1947年の3・4月号には「赤にかぶれるな: 風見章子(松竹)は語る」という記事が掲載されています。この記事は女優の風見章子のインタビューで、そこで風見は「私は進駐軍にかぶれちゃいけませんと申し上げたい眞紅のマフラーとか赤いスカートなどは日本のむすめに決して似合いません….」と述べており、この下線部に民間検閲局(CCD)検閲官が薄く赤で線を引いてた跡が確認できます。ただし検閲文書はPassed No Violationsにマークが入っており、処分は受けなかったと推測できます。

「中部の文具」は名古屋市で中部文具生産親和會が文具館建設落成を機に発刊した雑誌です。第一号では中部文具生産業界の紹介を主とし、これ以降は会員の機関誌として利用したい、と「発刊の言葉」(第1号)で述べており、その言葉通り第2号では様々な人物による寄稿が見られます。

「中京こどもまんが」は中京新聞社が毎月発行した全ページカラー印刷の漫画雑誌です。ページ下段には東海銀行や旅館の広告なども掲載されています。また、懸賞企画や読者の漫画投稿ページなども充実しています。