Leave a comment

プランゲ文庫の資料がJICCで展示されます

来月ワシントンDCでMLBオールスターゲームが開催されるのを記念し、米国日本大使館のJICC (Japan Information and Culture Center)では、日米の野球外交の歴史に関する展示「A New League: Shared Pastimes and the Story of U.S.-Japan Baseball 」が開催されます。会期は2018年6月13日~8月10日です。この展示では1949年10月に東京、大阪、名古屋で開催された日米の野球試合が紹介されており、この試合に関する記事を掲載したプランゲ所蔵の野球雑誌6点が展示されています。詳しくはこちらをご覧ください。

Advertisements
Leave a comment

労働関係資料特集:ジョン・R・ハロルド文書より

現在メリーランド大学ホーンベイク図書館では、Special Collections and University Archivesが所蔵する労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が開催されています。(開催期間は2017年9月~2018年7月)。これを受け、プランゲ文庫が所蔵する労働関係資料をブログで紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

GHQ・SCAPは占領政策の一環として、日本人に民主的社会における労働組合の重要性を教えようとしました。 大量のパンフレットを配布する事も、この政策の拡散運動の一例でした。以下のパンフレットはジョン・R・ハロルド文書より。
Leave a comment

メリーランドデー2018

2018年4月28日(土)はメリーランド大学のオープンキャンパス行事「メリーランドデー」が行われました。今年は20周年ということもあり一層の盛り上がりを見せ、今年の来場者は8万5千人を超えました。プランゲ文庫はホーンベイク図書館北館1階にて折り紙と習字のテーブルを提供しました。

習字と折り紙の両テーブルは一日中、来場者で賑わっておりました。また当メリーランド大学の折り紙クラブも応援に来てくれました。折り紙クラブのメンバーは自分たちの作品を展示し、またプランゲ文庫テーブルの手伝いもしてくれました。

今年のメリーランドデーにお越しになれなかった皆さまも、ぜひ来年の4月27日(土)のメリーランドデー2019にお越しください。

Leave a comment

1947年5月22日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日5月22日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

1947年5月22日、朝鮮新聞が「建青の使命」と題された記事を民間検閲局(CCD)に提出しました。(Prange Call No. 47-loc-0215)

日本語の手書き原稿によるとこの記事は「朝鮮建国促進青年同盟」のメンバーによって書かれたもので、「平和と自由の朝鮮建設のため」「我等は之を身を以て実践し得るばかりでなく、同胞を指導し得る実力ある朝鮮青年とならう」と読者に呼び掛けています。日本語手書き原稿およびCCDの残した英文文書によると、この記事の「序論」、「建青建国運動の基本方針(目標の確定)」、「目的達成への方途」の3章で数か所Delete(削除)処分を受けたようです。

日本語の手書き原稿のデジタル画像は、当文庫館内および国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧いただけます。

Leave a comment

5月15日: 市川房枝(1893-1981)誕生日

新しき政治と婦人の課題 (Prange Call No. HQ-0400)

今日5月15日は、市川房枝(1893-1981)氏の誕生日です。これを記念して当文庫が所蔵する市川房枝の著作「新しき政治と婦人の課題」( 東京 : 印刷局, 昭和21 [1946]) [Prange Call No. HQ-0400]を紹介します。

本書は、公民叢書シリーズとして社会教育連合会が編纂した全40ページの小冊子です。本文前に掲載されている略歴によると市川房枝氏は、第二次世界大戦前から婦人運動に深く関わり、1946年時点では新日本婦人同盟会長として活躍している、とのことです。

「新しい政治と婦人の課題」で市川氏は、婦人参政権を中心として戦後女性が政治において担う役割についてわかりやすい言葉で説明しています。日本における婦選運動をはじめとし、日本婦人の地位、そしてその問題点にも触れています。最後には、自身が会長を務める新日本婦人同盟の目標を掲載しています。

Leave a comment

労働関係資料: ポスター

現在メリーランド大学ホーンベイク図書館では、Special Collections and University Archivesが所蔵する労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が開催されています。(開催期間は2017年9月~2018年7月)。これを受け、プランゲ文庫が所蔵する労働関係資料をブログで紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

今日はポスター資料群の中から、農業復興会議・農業協同組合組織協力本部が発行した「農民かべしんぶん」を紹介します。

第1号は「今度こそ俺らが組合おらが手で」と題され、農業協同組合を「働く農民が働く農民のためにつくるのだ!」と声をあげています。そして農業復興会議の使命の一つとして「農村の民主化」「農民の解放」を謳っています。「民主勢力」と書かれた手が「悪徳地主」「反動分子」「悪徳官僚」といった「害虫」を葉から取り除いている絵が印象的です。

 

 

1948年7月に発行された第五号では農林復興金庫や供出と税金の免除を提唱し、開拓者に資金と資材の提供を呼び掛けます。徴税に対しても、農民の団体交渉の承認を要求しています。また農業恐慌が迫り寄っていると注意を呼びかけ、協同組合など団体の力で危機を突破しよう、と組合人に強く呼びかけます。

1948年10月の第七号では盗難や火災で財産を失わないために、農業協同組合に貯金をすることを勧めています。また、この号では農業協同組合が今後バッジや旗に使用する徽章を募集しており、賞金は一等一万円とのことです。ここで「農民は一人残らず農業協同組合人となるでしょう」と書いています。

 

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。またこれらのポスターはデジタル化されており、プランゲ文庫館内にて閲覧頂けます。

Leave a comment

5月1日:メイデ―

現在メリーランド大学ホーンベイク図書館では、Special Collections and University Archivesが所蔵する労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が開催されています。(開催期間は2017年9月~2018年7月)。これを受け、プランゲ文庫が所蔵する労働関係資料をブログで紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

今日5月1日はメイデーです。プランゲ文庫は1949年のメイデーに関するポスターを2枚所蔵しています。

こちらは日本かべ新聞社が1949年3月28日に発行した「週刊われらの娯楽版 」の29号です。「第20回メーデーへ!」と題されたこのポスターでは、労働者の生活を圧迫する低賃金や強制徴税などに一丸となって立ち向かう労働者を描いています。

2枚目も同じく「週刊われらの娯楽版」の30号(1949年4月4日発行)で、こちらもタイトルは「第20回メーデーへ!!」です。このポスターでは労働者によって弾劾される吉田茂首相を描いています。「首相閣下!この凄いメーデーのデモをご覧下さい」と言われた吉田首相の返答は「ウーム。早速非メーデー委員会をつくらにゃ」とあります。

画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。また、どちらのポスターもデジタル化されたものをプランゲ文庫館内にてご覧いただけます。