Tag Archive | オーラル・ヒストリーズ特集

オーラル・ヒストリー特集:ジュリウス・ベーシン氏(Julius Bassin)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で、29件のインタビューについては筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源は、プランゲ文庫にてご利用頂けます。これまでのオーラル・ヒストリー特集はこちらのページをご覧ください。 弁護士で国務省職員だったジュリウス(ジュールス)・ベーシン氏は1945年、ダグラス・マッカーサー元帥の元で日本との平和条約締結交渉に関与しました。1946年にベーシン氏は陸軍を離れ、連合国軍最高司令官総司令部(SCAP)の法務局課長を占領終了まで勤めました。1952年には東京のアメリカ大使館にて法律部門専門の大使館員となりました。 メリーランド大学歴史学部のマーリン・メイヨー教授は1979年10月2・9日、 “Oral Histories with Americans Who Served in Allied Occupied Japan” プロジェクトにてベーシン氏のインタビューを行ないました。マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、このインタビューの筆記録をダウンロードできます。また音源はメリーランド大学図書館ホーンベイク図書館の閲覧室(Maryland Room)にて利用に供されています。 2015年、ジュリウス・ベーシン氏の息子であるN. ジェイ・ベーシン氏により追加資料がプランゲ文庫に寄付されました。この追加資料には、ベーシン氏が日本に行く前の資料も含まれています。写真アルバムや招待状などはデジタル化がすでに終了し、当大学図書館のデジタルコレクションにてご覧いただけます。追加資料に含まれるビデオなどはまだ未整理状態です。ご興味のある方は、こちらからご連絡ください。 Advertisements

オーラル・ヒストリー特集:キー・コバヤシ氏(Key Kobayashi)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で、29件のインタビューについては筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源は、プランゲ文庫館内にてご利用頂けます。これまでのオーラル・ヒストリー特集はこちらのページをご覧ください。 3月11日はキー・コバヤシ氏(Key Kobayashi)の誕生日です。 メリーランド大学歴史学部のマーリン・メイヨー教授は1978年10月18・25日、 “Oral Histories with Americans Who Served in Allied Occupied Japan” プロジェクトにてキー(キヨカズ)・コバヤシ氏(3/11/1922 – 11/15/1992)のインタビューを行ないました。 マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズ の102件のインタビューには、コバヤシ氏を含む日系アメリカ人(二世)のインタビューもいくつか収められています。コバヤシ氏はインタビューの中で、日系アメリカ人としてのカリフォルニア州での生活や、彼の家族が Gila River War Relocation Center に収容された際の思いなどに言及しています。 コバヤシ氏は1944年に徴兵され、ミネソタ州のSnelling基地にあったMilitary Intelligence Service Language Schoolに配属されました。ちなみにこの学校の卒業生約6千人は、第二次世界大戦中は太平洋戦線、そして占領期には日本に派遣されることになります。コバヤシ氏は1945年、Allied Translator and Interpreter Section (ATIS)(連合軍翻訳通訳部局)の一員としてマニラそして日本に派遣されます。日本ではCounter Intelligence Corps (CIC)に転任されました。1948年に除隊となりましたがまた軍に戻り、韓国・日本に駐留しました。帰国後は米国特許庁に勤め、そして米議会図書館にて日本語コレクションのAssistant Head of the Japanese Sectionとして25年勤務しました。 マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、このインタビューの筆記録をダウンロードできます。また音源はメリーランド大学図書館ホーンベイク図書館の閲覧室(Maryland Room)にて利用に供されています。

オーラル・ヒストリー特集: シドニー・ブラウン氏(Sydney Brown)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で、29件のインタビューについては筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源は、プランゲ文庫館内にてご利用頂けます。これまでのオーラル・ヒストリー特集はこちらのページをご覧ください。 今回はSydney Brown (シドニー・ブラウン)氏 (1925-2010)を取り上げます。ブラウン氏はオクラホマ大学にて東アジアの歴史を教えました。 ブラウン氏はSouthwestern Collegeに在籍中、第二次世界大戦が始まったことにより海軍のV-12プログラムに入隊、ノートルダム大学にて海兵隊となるための教育を受けました。その後General Hindmarshにより、コロラドにあった日本語学校に入学するよう勧められます。1943年~1946年にかけてブラウン氏は日本語のトレーニングを受け、それにより彼の東アジアへの関心は一層高まりました。戦後1952年、ブラウン氏はウィスコンシン大学マディソンにて博士号を取得しました。 メリーランド大学歴史学部のマーリン・メイヨー教授は1983年3月26日にブラウン氏のインタビューを行ないました。メイヨー教授は、ブラウン氏の日本語学校での経験に特に興味を持っていたようです。 マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、このインタビューの筆記録をダウンロードできます。

オーラル・ヒストリー特集: エレノア・ハドレイ氏(Eleanor Hadley)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをオーラル・ヒストリー特集としてひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で29件のインタビューは筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源はプランゲ文庫館内にてご利用頂けます。これまでのオーラル・ヒストリー特集はこちらのページをご覧ください。 7月17日はエレノア・ハドレイ(Eleanor Hadley)氏の誕生日です。 ハドレイ氏は1916年、ワシントン州シアトルで誕生しました。東京帝國大學に進学する奨学金を受けたハドレイ氏は、1936~40年の間に何度も中国や日本を訪問します。その後ハーバード大学の博士課程に在学中の1943年、経済専門家として国務省で働くオファーを受けました。占領期には連合国軍最高司令官総司令部(SCAP)の一員となり、財閥解体に深く関わりました。占領期終了後は、スミス・カレッジとジョージ・ワシントン大学の教授を務めました。 マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、ハドレイ氏のインタビュー筆記録をダウンロードできます。

オーラル・ヒストリー特集: キーン ドナルド氏(Donald Keene)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをオーラル・ヒストリー特集としてひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で29件のインタビューは筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源はプランゲ文庫館内にてご利用頂けます。これまでのオーラル・ヒストリー特集はこちらのページをご覧ください。 本日6月18日はキーン ドナルド (Donald Keene)氏の誕生日です。 メリーランド大学歴史学部のマーリン・メイヨー教授は1982年5月14日、 “Oral Histories with Americans Who Served in Allied Occupied Japan” プロジェクトにてキーン氏のインタビューを行ないました。 実はキーン氏は占領期に日本に滞在したわけではありません。キーン氏は1945年12月に1週間日本に滞在しましたが、それ以降は占領期終了後の1953年まで日本を訪問することはありませんでした。しかしインタビューを聞くと、なぜメイヨー教授がこのプロジェクトにキーン氏を含めたのかが明らかになります。 戦中は多くのアメリカ人が海軍の日本語学校で日本語の訓練を受けましたが、キーン氏もその日本語学校に通った生徒の一人です。メイヨー教授の狙いは、この日本語学校の情報をできるだけ多く得ることでした。またメイヨー教授はインタビューの中で、キーン氏の海軍従軍者としての日本占領期観についても質問しています。キーン氏はまた“A History of Japanese Literature”というシリーズをこのインタビューの後に発表しており、メイヨー教授はこれについても様々な角度から質問を重ねました。 マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、このインタビューの筆記録をダウンロードできます。

オーラル・ヒストリー特集: フォービアン・バワーズ氏(Faubion Bowers)

新シリーズとして、マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で、29件のインタビューについては筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源は、プランゲ文庫館内にてご利用頂けます。 今回はFabion Bowers(フォービアン・バワーズ)氏(1917年1月29日 – 1999年11月20日)を取り上げます。バワーズ氏は占領期、マッカーサー元帥の通訳兼軍事秘書として日本に滞在しました。後に歌舞伎担当検閲官となり、歌舞伎の上演を許可した事で知られています。 マーリン・メイヨー教授は1982年7月22日、ワシントンD.C.のケネディセンターの一室でバワーズ氏のインタビューを行いました。このインタビューの中でバワーズ氏は、自身の生い立ち、歌舞伎への興味および歌舞伎担当検閲官としての仕事、日本語教育、オーストラリアやニューギニア、フィリピンでの滞在、厚木飛行場へ降り立った際の事、マッカーサー元帥を迎える準備を米国大使館で行ったこと、そしてマッカーサー元帥と天皇の会談などについて述べています。またバワーズ氏は、Kai Rasmussen氏、 Sidney Mashbir氏、 John Dickey氏、 John Aiso氏、 John Anderton氏、 John Shelton氏、 Charles Tench氏、 George Atcheson, Jr.氏、 Earl Ernst氏、そしてマッカーサー元帥について、ざっくばらんな語り口で彼らに対する印象を述べています。 マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、このインタビューの筆記録をダウンロードできます。また1960年には、ビアテ・ゴードン氏がコロンビア大学にてバワーズ氏のインタビューを行っています。