Tag Archive | キーログ

検閲: 民間検閲局文書

プランゲ文庫所蔵資料のうち、何らかの検閲処分を受けた資料の割合は2%に達しません。しかし検閲関連資料のほとんどはプランゲ文庫にしか保存されていない事が多く、これらの資料の重要性は計りきれません。検閲関連資料は、GHQ/SCAPが占領下の日本で出版業界を厳しく監視していた事実を裏付ける証拠として非常に重要な資料であると思われます。 「プレスコード」は1945年9月に発令され、検閲の基礎骨組みと位置づけられました。一方で、検閲官が使用した「キーログ」は定期的に更新され、「プレスコード」ではカバーし切れなかった細かいガイドラインを補う役目を果しました。例としては、連合軍兵士と日本女性の「親密な関係」や、ヤミ市に関する事柄などは「キーログ」に含まれました。 民間検閲局は文書を定型化し、出版社とのコミュニケーションや、出版物の管理を行いました。文書の例をFlickrサイトに掲載しておりますので、ご覧ください。 キーログ(1946年6月) Criticism of SCAP Criticism of Military Tribunal Criticism of SCAP Writing the Constitution References to Censorship Criticism of United States Criticism of Russia Criticism of Great Britain Criticism of Koreans Criticism of China Criticism of Other Allies General Criticism of Allies Criticism of Japanese Treatment in Manchuria Criticism of Allies’ Pre-War […]