Tag Archive | ゴードン・プランゲ

プランゲ博士の功績を記念するパネルを、当文庫前ロビーに設置しました。

プランゲ博士の功績を記念するパネルを、当文庫前ロビー(ホーンベイク図書館北館4階)に設置しました。パネルでは博士の功績と共にプランゲ文庫の歩みを紹介しています。写真の上に印刷された文章は、プランゲ文庫命名記念式典における博士のスピーチの一部です。下記に引用します。 “…I owe the Japanese people so much for broadening my intellectual horizon, for enriching my life, and for helping me see history in the long perspective of the years.  To this great and noble people, I give my word, that I shall do all in my power to help promote and develop Japanese studies […]

ゴードン・W・プランゲ・ペーパーズ

ゴードン・W・プランゲ博士 (7/16/1910 – 5/15/1980)はメリーランド大学歴史学部にて、1937年から晩年1980年まで教鞭を執られました。プランゲ博士はメリーランド大学を休職し占領軍の一員として日本に赴任しましたが、これが博士の人生を変える出来事となりました。 プランゲ博士の未発表原稿、インタビューのメモや写真などが、ゴードン・W・プランゲ・ペーパーズ(Gordon W. Prange Papers)として、メリーランド大学University Archivesにて保存されています。抄録はこちらをクリックしてください。 プランゲ・ペーパーズに含まれる、真珠湾攻撃に関する資料 (“Planning of Hawaii Operation” [Japanese document], March 1, 1947)、戦時日誌 (Task Force Supporting Force Detail Report No. 1. 3rd Battleship (B.B.) Division. [Attack on Pearl Harbor], Japan, December 1941 [Kido butai Shientai Sento Shoho No. 1]、”Yellow Book“などはメリーランド大学デジタルコレクション にて公開されています。オンラインで公開されている資料は、抄録に(Online)と注記されています。また、プランゲ博士の講義録音はメリーランド大学カレッジパーク校キャンパス内にて公開されています。 プランゲ・ペーパーズは、ホーンベイク図書館北館(Hornbake Library North)のメリーランド・ルーム(Maryland Room)にて閲覧が可能です。事前予約が必要となりますので、askhornbake[at]umd.eduまでお問い合わせください。