Tag Archive | チャールズ・ケーディス

1947年5月3日 憲法記念日 – 日本国憲法施行から70年をむかえて

日本国憲法は1946年(昭和21年)11月3日に公布され、翌年1947年(昭和22年)の今日、5月3日に施行されました。プランゲ文庫ブログでは「日本国憲法シリーズ」として、当文庫が所蔵する憲法関連資料を紹介を行なってきました。こちらからシリーズの一覧をご覧いただけます。シリーズ最終回の今回は、日本国憲法制定に深く関わったチャールズ・ケーディスとベアテ・シロタ・ゴードンを紹介します。 チャールズ・L. ケーディス・ペーパー SCAPの民政局次長であったチャールズ・L・ケーディス(Charles L. Kades)は、1947年の日本国憲法制定にあたり憲法案を作成するなど、指導的な役割を担いました。 チャールズ・L・ケーディス・ペーパー(Charles L. Kades Papers)は二部に分かれています。第一部は松本烝治の明治憲法仮修正案(1946年1月4日)に始まり、アメリカ国務省発行日本国憲法最終草案(1947年5月3日施行)にいたるまでの各種修正草案(英語・日本語版)を含んでいます。下記は松本烝治の明治憲法仮修正案の最初の3ページ(英語・日本語版)です。 第二部は、メモ、委員会議事録、手紙、チェックシート、日本国憲法に関する宮内庁の見解などが含まれています。下記は一例です。 チャールズ・ケーディスとベアテ・シロタ・ゴードン マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズ にはチャールズ・ケーディスとベアテ・シロタ・ゴードンのインタビューが含まれます。ケーディスのインタビューは1979年10月11~12日に録音され、計8時間13分に亘るインタビューです。ベアテ・シロタ・ゴードンは第14条(法の下の平等)と第24条(男女平等)の執筆に関わりました。ゴードンのインタビューは1978年12月8日に録音され、こちらは2時間16分です。どちらのインタビューも彼らが日本国憲法の制定に従事した経験と、新しい日本国憲法が日本の民主化にもたらした影響について述べています。 インタビューの音声カセットテープはすべてデジタル化されており、プランゲ文庫館内にてご利用いただけます。