Tag Archive | ポスター

全国安全週間

7月1日から一週間は「全国安全週間」。厚生労働省ウェブサイトによると、今年2017年は90回目の全国安全週間とのことです。 プランゲ文庫が所蔵する壁新聞に、1948年と1949年の全国安全週間に関するものがありました。(クリックで拡大します) まずは1948年6月発行の「安全衞生壁新聞 No.4」(日本産業福利協会発行)です。「全國安全週間始まる 職場を安全に健康に」という書き出しで始まるこのポスターは、職場の安全を保障するにはどのような事を心がけたらよいのだろうか、と問いかけます。また安全で健康な職場をつくるためには安全週間の間に大掃除をして心身ともに明るい職場を作ろう、と呼びかけています。     こちらは翌年1949年6月発行の「安全衞生壁新聞 No.13」(産業労働福利協会発行)です。民間検閲局(Civil Censorship Detachment – CCD)のスタンプによると、発行部数は2,000部。第二十三回目の安全週間を迎え「災害の数は、年によって消長がありますが、本當に安心して働ける職場になるのはまだまだです」と、更なる職場の安全確保を訴えています。ポスター下段では「事故の三大原因」として、「見ざる、聞かざる、言わざる」のフレーズを引用し「僕は見なかったんだ・僕は聞かなかったんだ・僕は知らなかったんだ」と書いています。 どちらのポスターも、画・構成は「榎本眞砂夫」とありました。これらの壁新聞はデジタル化されており、プランゲ文庫館内にてデジタル画像をご覧いただけます。閲覧をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。 Advertisements

教育図書特集:「北海道の社會科敎育 」

2015年8月より、当文庫は教育図書のデジタル化を開始しました。今後はデジタル化が終了した教育図書の中から興味深い資料をシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 プランゲ文庫の資料を整理していると、複数の資料が思いがけず結びつくことがあります。今日紹介する「北海道の社會科敎育」(Call No. 411-0044)もその一つです。北海道社會科敎育研究會編著によるこの図書は、教員向けに社会科の構造や指導要綱の作成方法などを詳しく説明しています。この本の見返しに、敎育壁新聞「明かるい窓」の宣伝ページを見つけました。「明かるい窓」は北海道敎室文化連盟が編集し、「子供達の自發的・協同的な學習のために 社會科學習の生きた資料として」北海道中の敎室で使われることを目指した教育用壁新聞とのことです。この壁新聞「明かるい窓」をプランゲ文庫は10点所蔵しています。 下記の画像はクリックで拡大します。「北海道の社會科敎育」のデジタル画像は、現時点では当文庫館内限定で閲覧頂けます。

ポスター・壁新聞

プランゲ文庫には、ポスターと壁新聞が計285枚所蔵されています。ポスターには教育用掛図や労働組合のポスター、地方自治体の公衆衛生普及ポスターなどがあり、その内容・目的は多岐にわたります。壁新聞は人の集まる場所や駅などに貼り出されました。 ポスター・壁新聞の一部はデジタル化されています。デジタル画像および原物はプランゲ文庫内で閲覧できます。詳しくは、prangebunko[at]umd.eduまでお問い合わせください。