Tag Archive | メリーランドデー

メリーランドデー2017

2017年4月29日(土)、メリーランド大学カレッジパーク校で今年も「メリーランドデー」が開催されました。メリーランドデーは年に一度のオープンキャンパスイベントで、様々な学部や部署、学生グループなどが参加しています。プランゲ文庫のあるホーンベイク図書館北館4階では、中国・韓国・日本の文化を紹介するコーナーを毎年提供しており、今年も300人以上の来場者を迎えました。 習字コーナーはいつも人気で、今年は新しく見本も多く用意しました。また折り紙コーナーでは、兜・手裏剣・鶴の折り方を教え、子供連れの家族に人気を博しました。また昨年同様、巨大な兜を天井から吊り下げて来場者が写真を撮れるブースを設置しました。今年は韓国の伝統あそび、ユット・ノリ(Yut-Nori)とゴンギ・ノリ(Gonggi-Nori)の両方を提供しました。 また今年はCenter for East Asian Studies (CEAS)の代表者がテーブルを構え、CEASが毎年学部生に提供している証明書の説明を行い、今秋メリーランド大学に入学予定の学生などでにぎわいました。またCEASのディレクター、ミッシェル・メイソン教授が漫画について話す機会もありました。 当日の様子は下記の写真をご覧ください。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。また来年! Advertisements

メリーランドデー2016

2016年4月30日(土)、メリーランド大学カレッジパーク校で今年も「メリーランドデー」が開催されました。メリーランドデーは年に一度のオープンキャンパスイベントで、様々な学部や部署、学生グループなどが参加しています。 プランゲ文庫は、中国・韓国・日本の文化を紹介するコーナーを毎年提供しています。今年は趣向を変え、折り紙コーナーでは新聞紙で兜の折り方を教えました。簡単に折れ、持ち帰ることができるとあって、特に子供連れの家族に人気でした。また巨大な兜を天井から吊り下げ、来場者が写真を撮れるブースを設置しました。習字コーナーでは漢字で英語名を書く体験ができ、これも毎年好評です。また韓国の伝統あそび、ユット・ノリ(Yut-Nori)のコーナーにも、子どもたちがたくさん集まりました。 また今年はTwitterアカウントを開設してから初めてのメリーランドデーで、リアルタイムで会場の様子をお知らせすることができました。 ホーンベイク図書館では他にも、セサミストリートのキャラクターぬり絵コーナー、自分のラジオ番組を録音できるコーナー、そして「不思議の国のアリス」展示のツアーなどが行われました。今年はあいにく曇り空で肌寒い一日でしたが、それでも朝10時からたくさんの来場者がキャンパスを訪れたようです。

メリーランドデー2014

メリーランド大学カレッジパーク校で4月26日(土)、「メリーランドデー(Maryland Day)」が開催されました。メリーランドデーは年に一度のオープンキャンパスイベントで、様々な学部や学生グループなどが参加しています。 プランゲ文庫は東アジア資料室と共同で、中国・韓国・日本の文化を紹介するコーナーを毎年開催しています。今年は折り紙、習字、Gonggi(韓国の伝統遊び)に加え、習字アーティストBertrand Mao 氏によるデモンストレーションをホーンベイク図書館4階にて開催しました。どのテーブルもたくさんの子供連れの家族で賑わい、300人を超える来場者を迎えました。 また今年はホーンベイク図書館各階の出し物を対象としたスタンプラリーを行い、スタンプを集めた参加者には折り紙で作った姉様人形の栞を渡しました。ホーンベイク図書館では、セサミストリートのキャラクターぬり絵、昔のテレビゲームで遊べるブース、貴重本の鑑定などの催し物がありました。 今年も天候に恵まれ、キャンパス全体として8万人ほどの人出がありました。