Tag Archive | 児童書

夏目漱石、没後100年

今日2016年12月9日は夏目漱石(1867-1916)の没後100年にあたります。これを記念し、今日は当文庫が所蔵する夏目漱石関連資料を紹介します。 プランゲ文庫には夏目漱石関連図書が74冊所蔵されています。(数は2016年12月現在)このうち3冊は児童書として既にデジタル化されており、プランゲ文庫デジタル児童書コレクションにて公開しています。メリーランド大学カレッジパーク校キャンパス内では全デジタル画像がご覧頂けます。ただし著作権保護の為、キャンパス以外では書誌情報と表紙のサムネイルのみの公開となっております。なお国会図書館デジタルコレクションからも全デジタル画像をご覧頂けます。(国会図書館館内からのアクセス限定) 一般図書に分類されている71冊はデジタル化はされていませんが、当図書館のオンラインカタログから検索が可能です。 このうち下記の3冊には検閲を受けた跡が見られます。 「草枕」夏目漱石著 (東京 : 壯文社, 1946) (Prange Call No. PL-41964) 「草枕」夏目漱石著 (東京 : 日本社, 1947) (Prange Call No. PL-41965) 「夏目漱石」 小宮豊隆著 (東京 : 岩波書店, 1947) (Prange Call No. PL-41994)

出版物紹介: 『占領下の児童出版物とGHQの検閲』―ゴードン・W・プランゲ文庫に探るー[共同文化社発行、2016年6月]

谷暎子. 占領下の児童出版物とGHQの検閱 : ゴードンW.プランゲ文庫に探る. 共同文化社, 2016.  本書は、プランゲ文庫に所蔵されている児童を対象とした本、雑誌、新聞、紙芝居などの出版物を包括的に考証し、GHQの児童出版物に対する検閲の実態を明らかにした書籍です。プランゲ文庫所蔵の児童出版物をつぶさに研究した著者により、占領下において少なくとも約8000タイトルの児童書、375種の児童雑誌、292誌にもおよぶ児童新聞が日本全国で発行されていたことが確認されました。この史実により、占領期は、児童文学史および文化史上、多種多様な児童出版物が刊行されたまれに見る時代であるとの見解が示されています。この書籍で紹介された新聞は、すべてプランゲ文庫に所蔵されており、当文庫で閲覧が可能です。 この記事は著者の許可を得て掲載しています。

宮沢賢治、生誕120年

今日2016年8月27日は宮沢賢治生誕120年にあたります。これを記念し、今日は当文庫が所蔵する宮沢賢治関連資料を紹介します。 宮沢賢治関連図書は児童書23冊及び一般図書9冊が確認されており、このうち5冊に検閲処分の跡が見られます。(数は2016年8月現在) 森荘己池著作の「宮澤賢治」(岩手: 杜陵書院, 1946)のゲラ(Prange Call No. 534-032g)にある「蟻とキノコ」という短編に、民間検閲局(CCD)が「Militaristic Expression」との理由からDelete(削除)処分を命じる書き込みが見られます。翌年1947年に出版された同本(Prange Call No. 534-032)を見ると、「どんぐりと山猫」という短編に変更されています。また「やまなし: 太陽と草の本」(東京: 日本書院, 1946)でも「蟻ときのこ」は削除処分を受けており、代わりに「黒ぶどう」という短編が追加されています。(Prange Call No. 447-049) 杜陵書院が1947年に出版した「注文の多い料理店」では「烏の北斗七星」という短編が全文削除となっています。(Prange Call No. 531-017)

不思議の国のアリス

今年は「不思議の国のアリス」(ルイス・キャロル著)刊行150年目の年になります。これを記念し、当大学図書館のSpecial Collections and University Archivesは、“Alice 150 Years and Counting…The Legacy of Lewis Carroll: Selections from the Collection of August and Clare Imholtz”と題した展示をホーンベイク図書館1階のMaryland Room Exhibit Galleryにて開催しています。展示期間は2015年10月~2016年7月です。この展示では「不思議の国のアリス」の様々な翻訳版やユニークな製本形態の本に加え、ルイス・キャロルのその他の作品も紹介されています。 当文庫にも「不思議の国のアリス」関連資料があります。この中から数点を“Alice in Japan”と題し、ホーンベイク図書館「Maryland Room」(上記展示会場の隣)にて展示しています。展示期間は2015年9月~12月を予定しています。

紙芝居台本

以前こちらのブログ記事で、ジョン・R・ハロルド文書に含まれる紙芝居を紹介しました。この紙芝居は、労働組合・運動の概念を民衆に教育するためにSCAPが作成したものです。 これとは別に、当文庫は子どもを対象にした22点の紙芝居台本を所蔵しています。これらは既にデジタル化されており、プランゲ文庫デジタル児童書コレクションにて公開しています。メリーランド大学カレッジパーク校キャンパス内では全デジタル画像がご覧頂けます。ただし著作権保護の為、キャンパス以外では書誌情報と表紙のサムネイルのみの公開となっております。なお国会図書館デジタルコレクションからも全デジタル画像をご覧頂けます。(国会図書館館内からのアクセス限定) 所蔵する紙芝居台本の例: 江戸ッ子せいちゃん(マンガ) (Prange Call Number: 545-001) ポンポコポンチャン (Prange Call Number: 545-016) マンガ ソンゴクウ (Prange Call Number: 545-018) 一部の台本は検閲処分を受けたと思われます。下記は、番ちゃんの手柄 (Prange Call No. 545-013)の一部です。「削除」の処分を受けた箇所が見受けられます。 占領期の紙芝居に関しては、下記の先行研究があります。 Orbaugh, Sharalyn. “How the Pendulum Swings: Kamishibai and Censorship under the Allied Occupation.” 「検閱・メディア·文学 : 江戶から戦後まで」 (鈴木登美 … [et al.] 編. 2012. 東京, 新曜社.) 山本武利, “紙芝居 : 街角のメディア” (2000. 東京, 吉川弘文館.)

日本国旗イラストの検閲

プランゲ文庫が所蔵する資料の中で、日本国旗のイラストが検閲処分を受けたケースがいくつか見られます。児童書や教育図書でこの検閲処分が取られている例を下記に紹介します。

児童書:検閲処分を受けた資料

プランゲ文庫が約8,000冊所蔵する児童書も、民間検閲局(CCD)の検閲を免れることはありませんでした。児童書の中で、なんらかの検閲処分を受けた資料は主に読み物ですが、絵本や漫画にも検閲処分の痕跡を見ることができます。 当文庫が所蔵する図書には、CCDが検閲理由を詳しく記した文書が付随していないことが多々あります。そのため上記の児童書画検閲処分を受けた理由に関しては推測の域を出ません。 検閲処分を受けた児童書43冊は、Prange Digital Children’s Book Collection にて公開しています。(数は2014年10月現在)著作権保護の為、メリーランド大学カレッジパーク校キャンパス以外では、書誌情報と表紙のサムネイルのみの公開となっております。キャンパス内では全デジタル画像がご覧頂けます。検閲処分を受けた児童書に限定して検索するにはAdvanced Search の「検閲処分」欄にて「有」を選択してください。また児童書は国会図書館デジタルコレクションからも検索でき、デジタル画像は国会図書館館内で利用に供されています。