Tag Archive | 図書リフォーマット事業

保存作業: 道具紹介

デジタル化にあたり、様々な保存・修復作業が必要となります。例として「スキャン後の保存箱」や「折り目を伸ばす作業」を今までに紹介してきました。その他の保存作業については、こちらから一覧をご覧頂けます。今日はこれらの保存作業に使う道具を紹介します。 Teflon folder Bone folder Micro spatula Steel box cutter Nipper/Fine wire cutter Book knife Scalpel Tweezers/forceps (pointed and rounded) Scissors Brush Staple remover Twill tape/tie Weight bags – to hold books open Mylar straps Ruler Hollytex Bricks covered with book cloth Advertisements

保存作業:道具紹介

プランゲ文庫では専門の職員が保存・修復作業を担当しています。保存作業を特集したこれまでのブログ記事はこちらからご覧頂けます。今回は、この職員が日々使う道具類を紹介します。 Teflon folder – 折り目を伸ばす際に使用します。 Bone folder – 折り目を綺麗につける際に使用します。 Micro spatula – ホッチキスを外したり糊をはがす際には、この器具を使って慎重にページをめくります。おそらく最も良く使用する器具です。 Steel box cutter – カッター。 Nipper/Fine wire cutter – 古いホッチキスを切るのに使います。 Book knife – ページがきちんと切り離されていない場合、デジタル化の前に全て切り離す必要があります。 Scalpel – 糊付けをして製本されている本からホッチキスを外す場合は、メスを使って小さい切れ込みを入れてホッチキスを外す手順が必要になります。 Tweezers/forceps (pointed and rounded) – ピンセット。 Scissors – ハサミ。テープ類を切る用の別ハサミも用意してあります。 Brush – 特にホッチキスを外す際に紙くずが出るのでブラシを使います。 Staple remover – ホッチキス外し。ただし劣化の激しい資料には使えないため、プランゲ文庫ではあまり出番はありません。 Twill tape/tie – バラバラになってしまった本をまとめるのに一時的に使います。プランゲ文庫では代わりに封筒をつかうことが多いです。 Weight bags – 重し。 Mylar straps – 資料を展示等に使う際には、マイラー・テープを使うと資料を傷めることなく資料の固定ができます。展示後には簡単に外せます。 Ruler – ものさし。 Hollytex – 糊を外す際にページに挟み、両ページがくっつかないようにします。 Bricks covered with book cloth – レンガ。紙とブッククロスでカバーをしています。折り目を伸ばす作業の際に、このレンガを乗せて乾かします。

保存作業:ペーパークリップ

デジタル化にあたり、事前に資料からペーパークリップやピンなどを取り外す作業が必要となることがあります。左の写真は今までに取り外してきたペーパークリップ、ピン、釘、留め具の一部です。これらを取り外す際には、資料を傷めないように細心の注意を払います。 下記のスライドショーでプランゲ文庫の保存作業担当スタッフが、ペーパークリップを取り外す作業を詳しく紹介します。     他にも、バタフライクリップ(バタフライクランプ)も寄贈資料の中から発見しました。最近ではあまり見かけないクリップの形状です。クリップの代わりにピン、針、釘などが使われているケースに遭遇することもあります。ペーパークリップの歴史については、 Evolution of Useful Things by Henry Petroski (NY: Knopf, 1992)という本の4章”From Pins to Paper Clips”が詳しいです。

国会図書館にて公開のデジタル画像、追加図書(2017年)

2017年3月14日、プランゲ文庫の所蔵図書約1400点が、新たに国立国会図書館のデジタルコレクションに追加されました。これらのデジタル画像はプランゲ文庫館内でも利用に供されています。現時点で、一般図書(約7300点)、児童書(約8000点)、雑誌(約6000点)、Censored Newspaper Articles(約15700点)のプランゲ文庫所蔵資料が国会図書館館内限定で公開されています。 今回公開された図書は、主に歴史学(Call No. D-)、アメリカ史(Call No. E-, F-)、文学(映画・演劇など. Call No. PN-)分野の資料です。次の画像は公開された資料の一例です。

保存作業:折り目を伸ばす作業について

資料のデジタル化にあたり、事前に図書の折り目を伸ばす作業などが必要となることがあります。この資料「あふれる泉」(Prange Call No. 322-0069)は、数十ページにわたり、ページ角がひどく折りたたまれてしまっています。下記のスライドショーで、プランゲ文庫の保存作業担当スタッフが、折り目を伸ばす方法を詳しく紹介します。    

文学分野(詩・映画・演劇などに限る)のデジタル化終了

プランゲ文庫は、文学分野(詩・映画・演劇などに限る: 請求番号がPNで始まる図書)518点のデジタル化を終了しました。この分野には歌舞伎・能・謡・宝塚歌劇・漫画・落語に関する資料も含まれており、非常にバラエティに富んでいます。下記の例をご覧下さい。 大半の資料はカタログ化されておりませんが、当文庫館内にて簡易リストを閲覧いただけます。また、資料のデジタル画像も当文庫館内限定で公開しております。

教育図書のデジタル化開始

2015年8月より、当文庫は教育図書のデジタル化を開始しました。作業準備などに伴い、一部の教育図書の閲覧を一定期間制限しています。閲覧制限の該当請求番号はこちらのページで随時更新します。教育図書の概要及び検索方法についてはこちらの記事をご覧ください。 今後はデジタル化が終了した教育関係図書の中から、興味深い資料をシリーズとして紹介していきます。