Tag Archive | 国立国会図書館

雑誌特集:新潟県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第九回目の今回は、新潟県で発行された雑誌を数点紹介します。 団欒. [[2回](1947年10月)].  (Call No. D-102) 越後連山. [[2号](1947年?月)]. (Call No. E-4) 中里青年団によって発行された「団欒」は、中里青年団団員による年刊寄稿文集です。「農村経済と生活改善」や「再建の雄叫び」といったタイトルの寄稿が収録されています。 「越後連山」は日輕労組新潟支部の機関誌です。「団欒」と同様、会員による寄稿誌です。編集後記では、今号では女性からの寄稿がなかったと指摘し「平等なる権利を駆使しない駆る勿体ない事があろうか」と締めくくっています。 怒涛. [1号(1947年8月)-9号(1948年9月)]. (Call No. D-315) 新潟県直江津町にある日本ステンレス直江津工業の労働組合が出版した「怒涛」創刊号(1947年8月)の編集後記には次のように書かれています。 皆んなの原稿を皆んなで集め、皆んなで印刷して皆んなの手許へ届けることが出来た。新しい文化の、働くものの手による文化の發生があると思ふ 工場内の様々な部署の組合メンバーが、詩やエッセイを投稿しています。写真上部、創刊号と第二号は印刷も製本もあまりよくありません。民間検閲局(CCD)に提出された文書を見ると第二号の発行部数はわずか79部。しかし写真右下の第五号になると、表紙がカラーになりページ数も飛躍的に増えており、この組合誌の成長が見て取れます。 Advertisements

国会図書館にて公開のデジタル画像、追加図書(2017年)

2017年3月14日、プランゲ文庫の所蔵図書約1400点が、新たに国立国会図書館のデジタルコレクションに追加されました。これらのデジタル画像はプランゲ文庫館内でも利用に供されています。現時点で、一般図書(約7300点)、児童書(約8000点)、雑誌(約6000点)、Censored Newspaper Articles(約15700点)のプランゲ文庫所蔵資料が国会図書館館内限定で公開されています。 今回公開された図書は、主に歴史学(Call No. D-)、アメリカ史(Call No. E-, F-)、文学(映画・演劇など. Call No. PN-)分野の資料です。次の画像は公開された資料の一例です。

国立国会図書館による資料送信サービスの拡充について

文化庁は現在、文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会中間まとめに関する意見(パブリックコメント)を募集しています。意見・情報の受付締切日は3月29日です。このまとめでは国立国会図書館による資料送信サービスの拡充(p. 123-124)に関して述べられており、現在日本国外の図書館は対象外となっている国立国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービスの対象変更が提案されています。日本国外からも国立国会図書館のデジタル化資料にアクセスできるよう、文化庁にパブリックコメントをお送りいただけますよう、皆様にお願い申し上げます。 パブリックコメントの提出方法について詳しくは、下記のPDFをご覧ください。このPDFはUniversity of Colorado Boulderの東アジア学司書のAdam H. Lisbon氏が作成されたものです。 SupportOpeningTheNDLDigitalCollections.pdf

出版物紹介: 参考書誌研究第77号[国立国会図書館利用者サービス部:2016年3月]

『参考書誌研究』は国立国会図書館におけるレファレンス業務や研究者の資料研究に役立つ専門書誌などに関わる記事を幅広く掲載している刊行物です。第77号では、国立国会図書館が1977年以降進めてきた日本占領関係資料の収集事業を特集しており、2015年2月に東京本館で行われた当文庫室長巽由佳子の発表『プランゲ・ネットワーク』が掲載されています。出版から半年を経て2016年10月にオープンアクセスとなり、こちらからご覧いただくことが可能です。

プランゲ文庫が国立国会図書館月報で紹介されました

国立国会図書館月報の2016年1月号(657号)および2月号(658号)にプランゲ文庫に関する記事が掲載されました。1月号の『メリーランド大学所蔵プランゲ文庫~占領期出版物は宝の山』という記事では、プランゲ文庫の概要や国立国会図書館におけるプランゲ資料の利用方法などが紹介されています。また、ワシントンDC駐在員の成原貴彦氏による『ワシントンDC駐在員の滞在記』では、所蔵資料の興味深い内容や当文庫でのイベントなどをご紹介いただいています。2月号の『占領期日本における華僑の出版物』では、これまであまり知られることのなかった華僑による出版物の概要を室長の巽由佳子が紹介しています。これらの記事は国立国会図書館月報ウェブサイトおよび以下のリンクからアクセスしていただけます。 1月号(657号) メリーランド大学所蔵プランゲ文庫~占領期出版物は宝の山~ (6~9ページ) ワシントンDC駐在員の滞在記(10~13ページ) 2月号(658号)  占領期日本における華僑の出版物 (12~17ページ)

国会図書館 特集展示「1945―終戦の前後、何を読み、何を記したか」

2015年10月5日より、国立国会図書館にて「1945―終戦の前後、何を読み、何を記したか」と題した特集展示が開催されています。国会図書館のウェブサイトによると、この展示では1945年に出版された本や雑誌、日記や書簡を展示しているとのことです。東京会場は11月2日までで、関西館では11月13日から28日までとのことです。 展示資料の詳細は上記ウェブサイトにて記載されており、その中にはプランゲ文庫が所蔵する資料も多々含まれます。そのひとつに「新生=VITA NOVA」(Prange Call No. S-1594)があります。これの創刊号を見ると、岩淵辰雄による「木戸内府の責任: 開戦の前後」という記事に民間検閲局(CCD)検閲官が線を引いた跡が多く見られますが、検閲処分の有無は記載されていません。一方、賀川豊彦による「無産政党の再出発」という記事は、線は引かれていませんが、CCDが残した文書によると一部がDelete(削除)処分を受けたようです。下の画像をクリックで拡大します。

雑誌特集:鹿児島県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ第一回目(京都府)第二回目(北海道)もあわせてご覧ください。 シリーズ第三回目の今回は、鹿児島県で発行された雑誌を紹介します。 どうわ [4号(1949年8月)] (Call No D321) 町勢グラフ [1号(1949年)] (Call No. C173) 鹿児島童話会が発行した「どうわ」には、童話作家の寄稿が数点収録されています。 「町勢グラフ」は伊作町役場統計係が発行し、同町の人口統計などを詳しく掲載しています。外国籍の町民数なども含まれています。 同志 [1巻2号(1946年7月)] (Call No. D296) 同じく伊作町にて、伊作町革新同志會というグループが発行した雑誌、「同志」も当文庫は所有しています。「同志」は同町の政策や町民への連絡事項などを多数載せていますが、その一方で同地域の人々からの寄稿と見られる短歌や俳句なども扱っています。 当文庫が所蔵する「同志」1巻2号(1946年7月)には山之内公威氏による「天皇制護持論」という記事が掲載されています。 この記事は、プレスコードに違反するとしてDisapprovedの検閲処分を受けたことが、民間検閲局(CCD)が残した文書から見て取れます(左の画像をクリックで拡大) 怒涛. 詩と論 [1巻1号(1948年4月)] (Call No. D318) 映画研究 [1号(1948年8月)] (Call No. E40) 揖宿郡頴娃村で出版された詩の雑誌「怒涛」にも、当地の住民から寄せられた詩が多く掲載されています。「映画研究」は鹿兒島學生映畫連盟が1948年8月に創刊しました。 「映画研究」創刊号と共にCCDに提出された文書を見ると、当雑誌の創刊に対する鹿兒島學生映畫連盟のメンバーの意気込みが伝わってくるようです。しかしもう一通の文書(提出日は不明)を見ると、経済的困難により2刊目が発行できず、発刊中止になってしまった旨をCCDに報告しています。(左の画像をクリックで拡大)