Tag Archive | 国立国会図書館

雑誌特集:石川県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第十二回目の今回は、石川県で発行された雑誌を数点紹介します。 超然. [53号(1948年10月)].  (Call No. C-182) 金沢の第四高等学校時習寮の学生が発行した「超然」の第53号(1948年10月号)をプランゲ文庫は所蔵しています。論文、詩、短歌、俳句などが並び、50ページ未満のごく一般的な学生雑誌と言えます。しかし民間検閲局(CCD)の検閲官は内容に厳しく目を光らせていたことが、残された文書から見て取れます。一枚の検閲文書には「この雑誌を出版した学生は共産党に傾倒しかけているのではないか」と懸念を示す一文が残されています。 断崖. [1号(1948年7月)]. (Call No. D-88) 同じく学生雑誌の「断崖」は、金沢三高文芸部が1948年に発行したものです。プランゲ文庫には創刊号のみ残っており、続刊の有無は不明です。近隣の古本屋や眼鏡店の広告も掲載されており、出版にあたる経済的援助を受けたのでしょうか、表紙は2色刷りで本文の印刷もしっかりとしている印象です。内容は評論、創作エッセイ、詩、短歌などです。民間検閲局による文書も残っていますが、特に検閲処分を受けた形跡はありません。 怒涛. [7号(1949年3月)-8号(1949年7月)]. (Call No. D-316) 「怒涛」は石川県庁職員組合が発行した雑誌です。職員が自身の仕事と関係のある内容の投稿をしているものもあれば、ペンネームで面白いエッセイなどを掲載しているものもあり、バラエティに富んだ雑誌です。例えば第七号では公衆保健課の職員数名が「婦人と食生活」や「「メランコリー」はカルシウム不足」といった内容の論文を書いている一方で、第八号では「新祭日「老年の日」」と題された風刺漫画が掲載されています。 Advertisements

雑誌特集:島根県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第十一回目の今回は、島根県で発行された雑誌を数点紹介します。 どうどがわ. [1949年2月] (Call No. D-223) 千鳥. [3号([1948年]] (Call No. C-33) 「どうどがわ」は島根県立大東高等学校校友会郷土調査班が発行した冊子です。内容は教員や学生の研究発表で、例として「八雲神話と出雲」や「三刀屋城附近の傳説」といった論文が掲載されています。 島師付属小学校同窓会が発行した「千鳥」は、卒業生による随筆や詩の寄稿、シリーズ物、住所録などが含まれます。最終ページには戦時中に破壊された校舎の復興レポート「母校復興状態」というコーナーもあります。プランゲ文庫が所蔵する第3号は全75ページで、同窓会誌にしては分厚い印象を受けますが、発行人が民間検閲局に提出した文書によると発行部数は80部とのことです。  潮音. [1号(1947年1月)] (Call No. C-155) 港町青年会が発行した「潮音」も、「千鳥」と同様に発行部数わずか60部の小規模な機関誌です。印刷の状態も悪く非常に読みづらいですが、表紙のタイトル下には折り紙のような飾り紙を使って色味を添えてあり、拘りが感じられます。理想に燃えている創刊の言葉を抜粋します。 「終戦後混沌たる嵐に吹きまくられ人々はいたづらに右往左往するあはただしい時を送ってきたが今こそ吾々はこの混迷より醒め満ち溢れる熱き意気と力をもってあくまで正しき理念を持し新日本建設に努力せねばなりません。」

祝:雑誌特集シリーズ10記事

国立国会図書館のデジタルコレクションにて館内閲覧可能 – 約5,300点(約700タイトル)- を、当ブログにて雑誌特集シリーズとして紹介してきました。2017年12月時点で、10都道府県の雑誌に関する記事を公開しています。10記事の内訳は京都府、北海道、鹿児島県、静岡県、熊本県、四国(愛媛県・高知県・徳島県・香川県)、愛知県、福島県、新潟県、長崎県です。近々、島根県と石川県の雑誌特集を予定しています。

雑誌特集:長崎県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第十回目の今回は、長崎県で発行された雑誌を数点紹介します。 同志. [1号(1949年3月)] (Call No. D-295) 佐世保商工高等学校工業部電気科同志会が1949年に創刊した「同志」は、学生によるクラス機関誌です。内容は幅広く、作文や書評もあればコントやクイズのコーナーなどもあります。また雑誌名「同志」決定までの報告など、学生の情報共有の場としても利用する意向だったことが見受けられます。プランゲ文庫は創刊号のみの所蔵となり、その後の発行状況は不明です。また、発行人が民間検閲局(CCD)に出した発行届けが入っていたと思われる封筒の一部が残されていました。 血潮. [1号(1948年3月)] (Call No. C-126) 五島青年民主評論会発行の「血潮」も創刊号のみの所蔵です。冒頭に長崎県政府教育課補佐官、E. N. Meldal (イー・エヌ・メルダール)氏からのメッセージを掲載しています。本文にもメルダール氏による寄稿「かひもの」がありました。これは日本の古物商とアメリカ兵の面白いやり取りを描いたものです。 団結. [1巻1号(1948年8月)-5・6号(1949年8月)] (Call No. D-96) 地区労. [1号(1948年8月)] (Call No. C-83) 「団結」は佐世保港湾労働組合による機関誌で、「地区労」は島原地区労働組合協議会による機関誌です。「団結」の創刊号の表紙には「1 Info」と書かれており「戦後インフレの分析」という論文の一部にCCD検閲官によって印が入れられています。書込みは「Introduction of foreign capital into Japan」とあります。第二号からは新聞のような形に変更されています。「地区労」創刊号も同様に「運送事業を社会化せよ」という論文に「1 Info」の書込みが見られます。

雑誌特集:新潟県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第九回目の今回は、新潟県で発行された雑誌を数点紹介します。 団欒. [[2回](1947年10月)].  (Call No. D-102) 越後連山. [[2号](1947年?月)]. (Call No. E-4) 中里青年団によって発行された「団欒」は、中里青年団団員による年刊寄稿文集です。「農村経済と生活改善」や「再建の雄叫び」といったタイトルの寄稿が収録されています。 「越後連山」は日輕労組新潟支部の機関誌です。「団欒」と同様、会員による寄稿誌です。編集後記では、今号では女性からの寄稿がなかったと指摘し「平等なる権利を駆使しない駆る勿体ない事があろうか」と締めくくっています。 怒涛. [1号(1947年8月)-9号(1948年9月)]. (Call No. D-315) 新潟県直江津町にある日本ステンレス直江津工業の労働組合が出版した「怒涛」創刊号(1947年8月)の編集後記には次のように書かれています。 皆んなの原稿を皆んなで集め、皆んなで印刷して皆んなの手許へ届けることが出来た。新しい文化の、働くものの手による文化の發生があると思ふ 工場内の様々な部署の組合メンバーが、詩やエッセイを投稿しています。写真上部、創刊号と第二号は印刷も製本もあまりよくありません。民間検閲局(CCD)に提出された文書を見ると第二号の発行部数はわずか79部。しかし写真右下の第五号になると、表紙がカラーになりページ数も飛躍的に増えており、この組合誌の成長が見て取れます。

国会図書館にて公開のデジタル画像、追加図書(2017年)

2017年3月14日、プランゲ文庫の所蔵図書約1400点が、新たに国立国会図書館のデジタルコレクションに追加されました。これらのデジタル画像はプランゲ文庫館内でも利用に供されています。現時点で、一般図書(約7300点)、児童書(約8000点)、雑誌(約6000点)、Censored Newspaper Articles(約15700点)のプランゲ文庫所蔵資料が国会図書館館内限定で公開されています。 今回公開された図書は、主に歴史学(Call No. D-)、アメリカ史(Call No. E-, F-)、文学(映画・演劇など. Call No. PN-)分野の資料です。次の画像は公開された資料の一例です。

国立国会図書館による資料送信サービスの拡充について

文化庁は現在、文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会中間まとめに関する意見(パブリックコメント)を募集しています。意見・情報の受付締切日は3月29日です。このまとめでは国立国会図書館による資料送信サービスの拡充(p. 123-124)に関して述べられており、現在日本国外の図書館は対象外となっている国立国会図書館の図書館向けデジタル化資料送信サービスの対象変更が提案されています。日本国外からも国立国会図書館のデジタル化資料にアクセスできるよう、文化庁にパブリックコメントをお送りいただけますよう、皆様にお願い申し上げます。 パブリックコメントの提出方法について詳しくは、下記のPDFをご覧ください。このPDFはUniversity of Colorado Boulderの東アジア学司書のAdam H. Lisbon氏が作成されたものです。 SupportOpeningTheNDLDigitalCollections.pdf