Tag Archive | 女性

労働関係資料: 「婦人問題について」

現在メリーランド大学ホーンベイク図書館では、Special Collections and University Archivesが所蔵する労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が開催されています。(開催期間は2017年9月~2018年7月)。これを受け、プランゲ文庫が所蔵する労働関係資料をブログで紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 3月は Women’s History Month です。これにちなみ、今日は労働関係資料の中から「婦人問題について 」山川菊榮著 [編集千葉縣勞政課勞働敎育係] (Prange Call No. HD-0674) を紹介します。 千葉縣勞働敎育パンフレット の第一集として1948年に非売品として出版されたこの小冊子は、山川菊榮氏の講演会(1947年、千葉県労政課主催)の記録です。労働省婦人少年局長の山川菊榮氏は「婦人問題について」と題した講演で、婦人を取り巻く問題をわかりやすい言葉で説明し、その打開策を提案します。例えば5ページ目では「日本が今のようなみじめな状態に陥つたのは、全く國民のひとりひとりが自主的に行動する能力がなかつたためなのです」と前置きし、その上で「婦人は政治の動き、社會の進む方向をよく注意し、よく理解して選擧權を行使し議員を監視しなければなりません….. 婦人は婦人の地位の向上のため、勞働條件の改善のため、組織の力をもち、政黨や勞働組合や婦人團體を通じて活動しなければなりません」と述べています。 また、働く婦人と家庭婦人の文化との区別を考慮し、労働婦人文化の特質を述べてほしいとの質問に対しては、「勞働婦人の文化としては家庭勞働の合理化が第一」で「それにより得た暇を知識向上のために利用し文化の向上に努めることば必要」と述べ、「家庭婦人と勞働婦人とは別々の人種ではなく、同じ人なのですから、その生活の文化の面での必要は共通のものと考えます」と締めくくっています。 「婦人問題について」は既にデジタル化されており、プランゲ文庫及び国立国会図書館デジタルコレクションにて館内限定で閲覧が可能です。 Advertisements

出版物紹介: “A Friend in Need: Esther B. Rhoads, Quakers, and Humanitarian Relief in Allied Occupied Japan, 1946–52″[U.S.-Japan Women’s Journal: Nov. 2016]

メリーランド大学歴史学部で長年教鞭をとられていたマーリン・メイヨー教授が、昨年2016年に発表された論文を紹介します。タイトルは「A Friend in Need: Esther B. Rhoads, Quakers, and Humanitarian Relief in Allied Occupied Japan, 1946–52」で、Esther B. Rhoads(エスター・ローズ)氏の活動に関する論文です。ローズ氏は1946年から1960年の間日本に滞在し、Licensed Agencies for Relief in Asia (LARA=ララ)の代表者の一人として活躍しました。

雑誌裏表紙の広告: 女性雑誌から

先日の児童向け雑誌の裏表紙広告に続き、今日は女性雑誌の裏表紙の広告を数点紹介します。クリームや口紅、香水といった化粧品の広告に交じり、ミシンや銀行の広告もあります。    

国際女性デーに関する展示

3月8日の国際女性デー(International Women’s Day)に先駆け、プランゲ文庫は現在、ホーンベイク図書館北館の閲覧室(Maryland Room)にてミニ展示「International Women’s Day in Japan during the 1940s as seen through materials in the Gordon W. Prange Collection」を開催中です。展示期間は2017年2月1日から2月24日です。 占領期、国際女性デーは主に「国際婦人デー」と呼ばれました。展示資料の一例としては、1949年に日比谷音楽堂で開催されたデモの様子を写した報道写真や、女性活動家が国際婦人デーのデモに参加した体験を述べた雑誌記事などがあります。下記の写真をご覧ください。

Campus Club Fall Tea

2015年9月24日プランゲ文庫は、当メリーランド大学の女性ネットワークグループ「Campus Club」によるFall Teaイベントを開催しました。1938年に創立されたCampus Clubのモットーは”to unite women of the university community for the promotion of their common interests in intellectual, social and civic affairs”とのことです。Campus Clubメンバーは教授陣、大学職員、教授夫人、そして卒業者と多岐に亘ります。 今回のFall Teaイベントでは、4つのカテゴリーから占領期の女性に焦点を当てた展示を行いました。カテゴリーは”Home & Family,” “Women in Popular Culture,” “Women’s Magazines,” そしてMead Smith Karras Papersです。Karras Papersは新しい寄贈資料で、女性と未成年労働者の問題解決に取り組んだMead Karras女史の資料です。