Tag Archive | 展示

展示資料紹介: 「ワシントンハイツ 幼稚園見學記」

2018年10月中旬より当メリーランド大学ホーンベイク図書館Maryland Room Galleryにて、プランゲ文庫の展示「Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952」を開催します。開催期間は2018年10月~2019年7月です。今月から月に一度、ピックアップした展示資料の紹介を行います。 「展示資料特集シリーズ」の一つ目は、1949年7月に雑誌「家庭科学」に掲載された「ワシントンハイツ 幼稚園見學記」です。 これは、家庭科学研究所(雑誌「家庭科学」の出版社)が主催したワシントンハイツの幼稚園見学に参加した学生の手記です。子どもたちは幼稚園で遊ぶだけという観念があった彼女は、ワシントンハイツ内の幼稚園で驚きを覚え次のように書いています。 “入ると同時に私の心はすつかり童心に返つていた。直ちに私の心を引きつけたものは私が期待していたのとは全然異なった部屋の中の施設であった。私はたゞ’彼らの生活の大半は遊ぶ事である”といふ事のみを描いていたから。” 子どもたちはおやつを食べる際には食事マナー、おもちゃの車で遊ぶと同時に車にガソリンを入れる事など、遊びの中で生活に必要な知恵を学べるようになっていました。学生は、この幼稚園では「この様な小さな事から責任観念を育成しそして社會學をも學び知るのである」と感心の声をあげています。 Advertisements

ホーンベイク図書館展示「Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952」

2018年10月中旬より当メリーランド大学ホーンベイク図書館Maryland Room Galleryにて、プランゲ文庫の企画展示「Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952」が開催されます。開催期間は2018年10月から2019年7月です。 オープニングレセプションは10月19日(金) 午後5~7時です。大学関係者だけではなくどなたでもご参加いただけますので、ご来場予定の方はこちらのフォームからお申込みください。 展示の概要は以下の通りです。 On August 15, 1945, Japan surrendered unconditionally to the United States and Allied Powers, ending World War II. In the aftermath, thousands of U.S. military and civilian personnel and their families moved to Japan to oversee the rehabilitation of […]

開館70周年記念展示「本の玉手箱―国立国会図書館70年の歴史と蔵書―」国立国会図書館

2018年10月18日より国立国会図書館にて、開館70周年記念展示「本の玉手箱―国立国会図書館70年の歴史と蔵書―」が開催されます。ウェブサイトによると、昭和23年の開館以降の歩みと、蔵書の多様さを紹介する、とのことです。この記念展示にて、プランゲ文庫が所蔵する資料がパネルで使われています。 開催期間は東京本館10月18日(木)~11月24日(土)、及び関西館11月30日(金)~12月22日(土)です。詳しくはウェブサイトをご覧ください。 *この記事は国立国会図書館の許可を得て掲載しています。

ビクター・デルノア展 [長崎原爆資料館]

当メリーランド大学図書館が、「ビクター・デルノア・ペーパー」のデジタル画像を長崎市へ寄贈することを記念し、長崎原爆資料館で現在「ビクター・デルノア展」が開催されています。 ビクター・デルノア中佐(Lt. Colonel Victor E. Delnore)は、1946年から1949年まで占領軍長崎軍政部司令官として長崎県の復興、秩序安定に力を注いだ人物です。 ビクター・デルノア展について詳しくは、長崎原爆資料館の企画展示室ウェブページをご覧下さい。

特別展「没後50年 山本周五郎展」神奈川近代文学館

2017年9月30日より特別展「没後50年 山本周五郎展」が神奈川近代文学館にて開催されます。ウェブサイトによると、神奈川近代文学館は1991年に「山本周五郎展」を開催し、その後26年の間に更に多くの関連資料が寄贈されたとのことです。今年没後50年を機に開催する特別展では新たな資料の紹介と共に、講演会や文芸映画を観る会など様々な関連行事が企画されています。 この企画展でプランゲ文庫が所蔵する資料がパネルで使われています。 開催期間は2017年9月30日~11月26日。詳しくはこちらのページをご覧ください。 *この記事は神奈川近代文学館の許可を得て掲載しています。

ホーンベイク図書館展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」

現在メリーランド大学ホーンベイク図書館では、Special Collections and University Archivesが所蔵する労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が開催されています。開催期間は2017年9月~2018年7月です。 米国の労働組合運動は、様々な活動を通してより良い社会の構成に関わってきました。この展示では、公民権運動やLGBTQ団体と連携した運動そして移民の権利や男女平等権など、多様な観点から労働組合運動を見ていきます。    

企画展「福岡の広報紙展~伝えたい!知ってほしい!行政の取組み~」福岡共同公文書館

7月19日より企画展「福岡の広報紙展~伝えたい!知ってほしい!行政の取組み~」が福岡共同公文書館にて開催されます。ウェブサイトによると、地域性豊かな広報紙を展示し創刊号や全国広報コンクールの受賞広報紙などを紹介する、とのことです。編集作業の流れなどに関するパネルも展示されます。この企画展でプランゲ文庫が所蔵する資料がパネルで使われています。 開催期間は2017年7月19日~9月24日。詳しくはこちらのページをご覧ください。 *この記事は福岡共同公文書館の許可を得て掲載しています。