Tag Archive | 検閲文書

Censored Newspaper Articlesのデジタル化: メタデータ作成

Censored Newspaper Articlesのデジタル化についてシリーズでお伝えします。初回は「メタデータ作成」についてです。 プランゲ文庫は18,047タイトルの新聞に加え、「検閲を受けた新聞記事」Censored Newspaper Articles (CNA)を約15,000記事所蔵しています。CNAは手書き原稿、ゲラ、検閲文書、電報などで成り立ちます。CNAのメタデータ作成作業は2013年3月から始め、デジタル化は2014年3月にスタート、そして2014年12月にプロジェクトは全て終了しました。CNAのデジタル画像及び簡易リストは、現在プランゲ文庫館内での閲覧限定となっております。 メタデータ作成においては、「新聞・通信社名」「記事発行予定日」「検閲日」「ヘッドライン」「検閲処分の種類」「検閲官名」「ページ数」など、様々な情報を採録しました。 CNAは主に「Foreign News」と「Local News」に属し、1947年と1948年の資料が多数を占めます。(1945年・1946年・1949年も多少あり)「Local News」は日本国内の新聞・通信社が民間検閲局(CCD)に提出した記事と見られ、多くが日本語手書き原稿や日本語ゲラとなっています。 一方「Foreign News」は、主に海外の通信社(APやロイターなど)による英語電報と、その日本語翻訳ゲラなどです。ほとんどが英語資料ですが、韓国語・ロシア語・フランス語による電報も見られます。「Local News」と「Foregin News」以外には、九州地方を担当していた「District III」CCDオフィスの文書や、毎日新聞と読売新聞による「電光ニュース」もCNAに含まれています。各画像は「Local News」「Foreign News」「District III」「電光ニュース」のサンプルです。クリックで拡大します。 CNAについてのご質問は、prangebunko[at]umd.edu までご連絡ください。またFlickr ページにもCNAのサンプル画像を70枚載せておりますので、そちらもご参照ください。

Flickrギャラリー更新のお知らせ

当文庫はこの度、現在デジタル化を進めているCensored Newspaper Articlesから民間検閲局(CCD)文書の例、70点をFlickrギャラリーにて新たに公開いたしました。図書と雑誌に関連するCCD文書は、既にFlickrギャラリーにて公開しています。 CCD Doc Samples: Newspapers  (Censored Newspaper Articlesから)

1947年7月18日

現在デジタル化を進めているCensored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日、7月18日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。 1947年7月18日、複数の新聞社が「東京都内の引揚者を対象に衣類の特別配布予定あり」との記事を掲載しようとしました。記事によると、特別配布は同月25日頃に開始されるはずでした。しかし、この記事についてどの新聞でもSuppress(発禁)の処分を受けたことが、民間検閲局(CCD)がこれらの記事ゲラや原稿と共に保管していた文書から見て取れます。よって、この記事内容が当時一般市民に伝えられたのかどうかは不明です。 下記の画像は、CCD文書(全てクリックで拡大。個々の画像右下のview full sizeをクリックで更に拡大します)および「時事新報」の紙面ゲラ(拡大不可)です。これらの資料は既にデジタル化されており、プランゲ文庫館内で閲覧が可能です。  

Censored Newspaper Articles

プランゲ文庫が所蔵する新聞はタイトル数にして18,047紙で、終戦直後の日本の新聞をこれだけ多数保存している機関は日本にもありません。朝日新聞、毎日新聞、読売新聞といった全国紙とその地方版を始めとして、熊本民友新聞、日本婦人新聞(東京)、青葉新聞(宮城県)、野球人(東京)、鑑識ニュース(兵庫県)のような週刊・月刊新聞や、地方紙、さらには政治団体や労働組合、農業協同組合、文学協会、教育機関や学生団体などのさまざまな団体・機関紙も所蔵しています。 新聞コレクションは1990年代にマイクロ化が終了しましたが、当時未整理の検閲を受けた新聞記事、Censored Newspaper Articles (CNA)はその対象から除かれていました。2014年3月、プランゲ文庫はCNAのデジタル化を開始し、2015年1月の終了を予定しております。CNAの利用は、デジタル化が終了するまでの期間制限しております。詳しくは、prangebunko[at]umd.eduまでお問い合わせください。 CNAに含まれる資料は以下の通りです。 民間検閲局(CCD)の文書(英語) 記事の資料、電報、原稿など(英語・日本語) 新聞記事のゲラ(英語・日本語) 写真 CNAは年代順に整理され、1947年と1948年の資料が多数を占めますが、1945、1946、1949年の資料も含まれています。 現時点でデジタル化が終了した箇所から、下記の3点を紹介します。検閲処分”Pass”、”Delete”、”Suppress”の書き込みが確認できます。(画像をクリックで別画面で開きます。また、各画像の右下にある”View full size”という文字をクリックすると、更に大きく表示されます) 今後スキャン作業が進むに連れ、他の資料も紹介する予定です。

Flickrギャラリー

プランゲ文庫は民間検閲局(CCD)文書のいくつかの例をFlickr ギャラリーにて公開しています。 CCD Doc Samples: Books  :(主に社会科学の分野の図書から) CCD Doc Samples: Magazines  : (様々な分野の雑誌から) 今後、上記のページを更新すると共に、新聞に関連した民間検閲局(CCD)文書も公開する予定です。

マッコイ病院

プランゲ文庫に所蔵されている、「マッコイ病院」関連資料を紹介します。 1946年8月、大日向葵氏による「マッコイ病院」が「新潮」(vol. 43, no. 8, August 1, 1946)に発表されました。大日向氏は戦争捕虜としての生活や日本の敗北に関する心情を率直に書き表しました。その中の一文が「Criticism of United States」として削除処分(Delete)を受けた跡が残っています。(下記の画像をクリックで拡大します) 大日向氏は1947年9月、この手記の全文を本として出版しました。「新潮」では検閲処分を受けた上記の一文は、この本では処分を受けなかったようです。 1947年11月には、山沢種樹氏が「マッコイ病院」の批評を共同通信 共同特信 Aに投稿しましたが、この批評は全て発禁処分(Suppressed)になったと記録されています。この批評は、当文庫所蔵のCensored Newspaper Articlesに保管されている資料です。

讀賣政治年鑑

プランゲ文庫には、何十万枚に及ぶ検閲関連文書が保存されています。しかしその中でも、次に紹介するような検閲官同士の連絡書類を見ることは稀と言えるかもしれません。 「讀賣政治年鑑 : 昭和廿二年版 : 無條件降伏より新憲法成立まで」 (Call No. AY-0296, 讀賣新聞社. 1946 東京:  讀賣新聞社)と共に保管されていた検閲関連文書は実に100枚以上におよび、検閲の過程が生々しく見えてきます。 「プレスコード」にあまりにも違反しているゲラを読んだ検閲官は「この本の編集者にプレスコードのコピーを渡し、暗記するように伝えるように」と書き込みをし、他の検閲官がそれに同意し「素晴らしい提案だ!」と残しています。(下記の画像参照) なお当文庫は、出版社が民間検閲局に提出したゲラ(Call No. AY-0296g)も所蔵しており、修正後出版されたものと比較することができます。