Tag Archive | 英文周辺資料

メリーランド大学のクラス訪問 (HIST 483) [Spring 2017]

2017年2月28日、メリーランド大学のC.R. リリー教授(歴史学部)が受け持つ「Modern Japan」クラス (HIST483)の学生たちが授業の一環としてプランゲ文庫を訪問しました。このクラスは明治維新から現代までの日本史を学ぶクラスです。 まずプランゲ文庫室長が、検閲の基礎骨組みとなったプレスコードを詳しくたどりながら民間検閲局(CCD)による検閲のプロセスを説明し、どのような出版指標が日本の出版社に与えられたのかを説明しました。そしてCCDが「タブー」として特に注目していた話題の例を挙げ、具体的な資料を見せました。ここで取り上げた「タブー」の話題とは、「検閲の事実を知らせるもの」、「原子爆弾」そして「軍事的宣伝」の3点です。 次に当文庫マネージャーが、日本国憲法についてのプレゼンテーションを行いました。プランゲ文庫は、SCAPの民生局次長として日本国憲法制定に大きく関わったチャールズ・ケーディスの個人所蔵文書(Charles L. Kades Papers)を所蔵しています。また同じく憲法構築に大きく関わったベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon)のインタビューも、マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズの一部として所蔵しています。

日本国憲法シリーズ①: ジャスティン・ウィリアムス・ペーパーからみる日本国憲法

日本国憲法は1946年(昭和21年)11月3日に公布、翌年1947年(昭和22年)5月3日に施行されました。今年2017年の5月3日で施行70年を迎えるにあたり、「日本国憲法シリーズ」として、今後数週間にわたりプランゲ文庫が所蔵する憲法関連資料の紹介を行います。第一回目のテーマは「ジャスティン・ウィリアムス・ペーパーからみる日本国憲法」です。 ジャスティン・ウィリアムス・シニア(Justin Williams Sr.)は、1946年から1952年までSCAP民政局課長を務めました。ウィリアムスの主要な仕事は、新憲法下で国会が国権の最高機関として機能するように、その制度と運営を確立すること、日本の政治と選挙の実態をマッカーサー元帥に報告すること、及び国会がSCAPの方針に合致する政策を制定しているかどうかを確認することなどでした。コートニー・ホイットニー民政局局長(Major General Courtney Whitney)とチャールズ・ケーディス民政局次長(Colonel Charles L. Kades)が、ウィリアムスの直属上司でした。 ジャスティン・ウィリアムス・ペーパー(Justin Williams Sr. Papers)には、日本国憲法に関する資料が含まれています。下記の画像は、1946年3月6日の午後2時半にウィリアムスがひとつの封筒を受け取ったところからの出来事を詳細に書き記した文書です。厳重に封をされたこの封筒はマッカーサー元帥宛となっており、ウィリアムスは民生局が提案した憲法草案を内閣が受け入れる旨を記した文書が入っている、と予想します。ここでウィリアムは新憲法に対する自分の意見を率直に書き残しています。下記の画像はクリックで拡大します。 “When the document went back to the Cabinet 5 March, much as it was originally drawn up by the Gov’t Sect, there was no choice on the part of the Cabinet but to accept it, tho’ with great reluctance.  No matter […]

メリーランド大学図書館のニュースレターで、デルノア・ペーパーが特集されました

メリーランド大学図書館が発行するニュースレター「Illumination」(Winter 2016) で、プランゲ文庫が所蔵するビクター・デルノア・ペーパーが特集されました (pp. 6-7)。右下のFull Screenをクリックしてご覧ください。  

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのインターン生より(2016年)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズ・インターンシップは、当メリーランド大学歴史学部の援助を受けて2014年に開設されました。2016年春学期は2人の学生、Michele Glazer とAmina Mangueraがインターン生に選ばれました。インターンシップの一環として、インターン生は学期最後にリサーチペーパーを書くことが課せられます。以下は、2人からのインターンシップの感想と、各自のリサーチペーパーのテーマです。マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズの詳細は、こちらのブログポストをご覧ください。 Michele Glazer Arriving at the Gordon W. Prange Collection, I am sad to say I knew little about the Allied Occupation of Japan. However, once I began reading the transcripts and listening to the audio of the Mayo Oral Histories, I started to become intrigued by the personal experience of those […]

メリーランド大学のクラス訪問 (HIST 483) ][Spring 2016]

2016年4月19日、メリーランド大学のC.R. リリー教授(歴史学部)が受け持つ、”Modern Japan”クラス (HIST483)の学生たちが授業の一環としてプランゲ文庫を訪問しました。このクラスは明治維新から現代までの日本史を学ぶクラスです。訪問にあたり学生たちは、”Embracing Defeat: Japan in the Wake of World War II” (by John Dower, 1999)をあらかじめ課題図書として読むように指導されました。 まずプランゲ文庫室長が、検閲の基礎骨組みとなったプレスコードを詳しくたどりながら民間検閲局(CCD)による検閲のプロセスを説明し、どのような出版指標が日本の出版社に与えられたのかを説明しました。そしてCCDが「タブー」として特に注目していた話題の例を挙げ、具体的な資料を見せました。ここで取り上げた「タブー」の話題とは、「検閲の事実を知らせるもの」、「原子爆弾」そして「軍事的宣伝」の3点です。 次に当文庫マネージャーが、日本国憲法についてのプレゼンテーションを行いました。プランゲ文庫は、SCAPの民生局次長として日本国憲法制定に大きく関わったチャールズ・ケーディス(Charles Kades)の個人所蔵文書を、Charles L. Kades Papersとして保存しています。また同じく憲法構築に大きく関わったベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon)のインタビューも、マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズの一部として所蔵しています。

寄贈資料の紹介: Emerson Chapin Photographs and Slides

2015年10月、プランゲ文庫はEmerson Chapin Photographs and Slidesの寄贈を受けました。 終戦直後の1945年9月、Emerson Chapin(エマーソン・シェーピン)氏が所属していた第98歩兵部隊は占領軍として日本に送られ、大阪赴任を命じられます。1946年に除隊を許可されますが、同年に今度はCivil Information and Education Section (CI&E)(民間情報教育局)にて、雑誌記事の分析作業の仕事に就きました。民間情報教育局が解散した後はAllied Translator and Interpreter Service (ATIS)(連合国翻訳通訳部)にて同様の仕事を続け、1950年にアメリカに帰国しました。その後シェーピン氏は、ニューヨーク・タイムス(New York Times)のエディター兼海外特派員として活躍しました。 Chapin Photographs and Slidesは、スライド404枚及び写真236枚で成り立ちます。これらの多くは日本にて撮影されたものです。 Chapin Photographs and Slidesは、シェーピン氏の息子であるDavid Chapin氏によって、2015年10月に寄贈されました。資料はまだ未整理段階ですが、興味のある方はprangebunko[at]umd.eduまでご連絡ください。

寄贈資料の紹介(2014年~2015年)

当文庫が昨今寄付を受けた寄贈資料の中から、占領期に日本で活躍したアメリカ女性たちの資料を取り上げ紹介します。下記の資料に興味のある方は、prangebunko[at]umd.eduまでご連絡ください。ただしこれらの寄贈資料はまだ未整理であり、資料の状態などから閲覧を禁止することもあります。 Mead Smith Karras Papers ミード・スミス・カラス氏(Mead Smith Karras)は1946~1949年の間、エコノミストとしてSCAPの労働課に勤務しました。日本滞在後期には米国及び日本の政府関係者と共に、女性と子どもの労働環境における政策改善に関与しました。Mead Smith Karras Papersはポスター11枚、質問表154枚、写真2,200枚、紙芝居3点、その他の資料で成り立ちます。 Mead Smith Karras Papersは2014年12月に寄贈されました。   Mary Koehler Slides マリー・コーラー氏(Mary Koehler)は1945~1949年の間、SCAPのNatural Resources Section (NRS) の森林部門にて秘書として勤務しました。コーラー氏は滞在中、日本のPXにて購入したキャノンカメラを片手に日本各地を旅行し、写真撮影を楽しんだようです。日光旅行、1948年の植樹祭の様子、皇居での鴨狩り、海女たちの仕事風景、ミキモト創業者の御木本幸吉に会った際の写真などが確認されています。 Mary Koehler Slidesは、カラースライド540枚(そのうち25枚はガラススライド)で成り立ちます。またコーラー氏が作成したナレーション「The Japan I Knew – 1945-1949」のカセットテープも含まれます。 Mary Koehler Slidesは2015年4月に寄贈されました。 Lois Beno Papers  ルイス・ビノ氏(Lois Beno)の夫は空軍に所属していましたが、占領期には陸軍に出向し、福岡県にて対敵諜報部隊(Counter Intelligence Corps)の指揮をとることになりました。ビノ氏と子ども達は1947年に日本に渡り、最初は久留米市、その後福岡市に滞在することになります。 Lois Beno Papers は、写真64枚、キャプション付の写真(コピー)15ページ、インタビュー、その他の資料で成り立ちます。インタビューの中でルイス氏は、軍関係者の家族という立場から、日本で暮らした住宅の様子や友人たちとのパーティ、各地への旅行などの思い出を語っています。 Lois Beno Papersは2014年4月に寄贈されました。  Leora Smith Photographs and Oral […]