Tag Archive | 雑誌特集シリーズ

雑誌特集:新潟県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第九回目の今回は、新潟県で発行された雑誌を数点紹介します。 団欒. [[2回](1947年10月)].  (Call No. D-102) 越後連山. [[2号](1947年?月)]. (Call No. E-4) 中里青年団によって発行された「団欒」は、中里青年団団員による年刊寄稿文集です。「農村経済と生活改善」や「再建の雄叫び」といったタイトルの寄稿が収録されています。 「越後連山」は日輕労組新潟支部の機関誌です。「団欒」と同様、会員による寄稿誌です。編集後記では、今号では女性からの寄稿がなかったと指摘し「平等なる権利を駆使しない駆る勿体ない事があろうか」と締めくくっています。 怒涛. [1号(1947年8月)-9号(1948年9月)]. (Call No. D-315) 新潟県直江津町にある日本ステンレス直江津工業の労働組合が出版した「怒涛」創刊号(1947年8月)の編集後記には次のように書かれています。 皆んなの原稿を皆んなで集め、皆んなで印刷して皆んなの手許へ届けることが出来た。新しい文化の、働くものの手による文化の發生があると思ふ 工場内の様々な部署の組合メンバーが、詩やエッセイを投稿しています。写真上部、創刊号と第二号は印刷も製本もあまりよくありません。民間検閲局(CCD)に提出された文書を見ると第二号の発行部数はわずか79部。しかし写真右下の第五号になると、表紙がカラーになりページ数も飛躍的に増えており、この組合誌の成長が見て取れます。 Advertisements

雑誌特集:福島県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第八回目の今回は、福島県で発行された雑誌を数点紹介します。 讀書タイムス. 図書交換と紹介趣味機関. [2・3号(1946年9月)] (Call No. D-264) 「讀書タイムス」は明朗建設社文化部読書グループが発行した、縦15cmで印刷も不鮮明な小さな冊子です。発行地は福島県坂下町とあります。副題のとおり、図書や雑誌の交換を呼びかける「掲示板」としての役割を主な目的としています。例としては「映画之友昭和8-15年迄美本多数(数十冊有)各冊〒別五円で譲る 早勝ち!乞御注文!」などの投稿がありました。   ちまき. 俳句雑誌. [17巻9号(1946年9月)-20巻8号(1949年8月)] (Call No. C-108) 月間俳句雑誌「ちまき」は昭和5年に創刊され、昭和24年6月号(通巻第233号)は二十周年記念特集を組んでいます。内容は主に会員の投稿俳句や俳句関連イベントの案内・報告などです。 大地. [1号(1949年7月)] (Call No. D-7) 団報. [4号(1949年1月)] (Call No. D-76) 「大地」は、白河市の白河農業高等学校出版部が発行した生徒会会報です。最初のページでは主筆の生徒会長が「眞の民主的な理想の『生徒の、生徒に依る、生徒のための学校』なる生徒会の新聞として誕生」と、創刊にあたっての意気込みを述べています。 「団報」は福島県南會津朝日村の朝日村青年団によって発行されました。「お知らせ」というページでは、玄人素人を問わず演劇を上演する際には仙台にある演芸放送検閲部映画演芸課に脚本を提出し検閲を受けなければいけない、と会員に忠告しています。このページは「Reference to Censorship」として検閲処分(Violation – 表紙にはdisapprovedとあり)を受けたことが、民間検閲局(CCD)が残した英語文書によって見て取れます。

雑誌特集 : 愛知県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第七回目の今回は、愛知県で発行された雑誌を数点紹介します。 中日スタイル [1947年3・4月-1948年1・2月、スタイル展記念号、1948年5・6月、9月、12月] (Call No. C-262) 「中日スタイル」は名古屋市で「中部日本スタイル社」によって出版されていた服飾雑誌で、プランゲ文庫は計8点所蔵しています。ページ数20ページ弱の薄い雑誌ですが挿絵や写真を多く使用している雑誌です。スタイル展記念号(1948年5月)は1948年3月に松坂屋で開かれた中部日本洋裁学院連盟主催のスタイル展を特集したもので、全ページ写真入りの凝ったつくりです。 1947年の3・4月号には「赤にかぶれるな: 風見章子(松竹)は語る」という記事が掲載されています。この記事は女優の風見章子のインタビューで、そこで風見は「私は進駐軍にかぶれちゃいけませんと申し上げたい眞紅のマフラーとか赤いスカートなどは日本のむすめに決して似合いません….」と述べており、この下線部に民間検閲局(CCD)検閲官が薄く赤で線を引いてた跡が確認できます。ただし検閲文書はPassed No Violationsにマークが入っており、処分は受けなかったと推測できます。 中部の文具 [1号(1948年12月)-2号(1949年7月)] (Call No. C-185) 「中部の文具」は名古屋市で中部文具生産親和會が文具館建設落成を機に発刊した雑誌です。第一号では中部文具生産業界の紹介を主とし、これ以降は会員の機関誌として利用したい、と「発刊の言葉」(第1号)で述べており、その言葉通り第2号では様々な人物による寄稿が見られます。 中京こどもまんが [12号(1949年5月)-16号(1949年9月)] (Call No. C-257) 「中京こどもまんが」は中京新聞社が毎月発行した全ページカラー印刷の漫画雑誌です。ページ下段には東海銀行や旅館の広告なども掲載されています。また、懸賞企画や読者の漫画投稿ページなども充実しています。

雑誌特集:四国で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第六回目の今回は、四国で発行された雑誌を数点紹介します。 愛媛教育 [1号(1949年6月)-2号(1949年8月)] (Call No. E9) エヒメスポーツ [[1号](1948年8月)] (Call No. E10) 「愛媛教育」は愛媛県教員組合によって1949年に創刊されました。「教組と政治について」(Vol. 1)という記事では、教員組合のメンバーと愛媛新聞・南海タイムス・新愛媛新聞の各記者が開催した座談会の様子を細かく記録しています。その中には「….教育雑誌の種類ほど多いものはない。」「エロ雑誌よりもまだ多い。ひどいもんだ。」というやり取りがあり、ここに民間検閲局(CCD)検閲官が線を引いています。また教員組合の活動報告だけではなく、「知能検査の教育的応用」(Vol. 1)や「男女共学について」(Vol. 2)といった記事も提供しています。 愛媛県松山市で出版された「エヒメ・スポーツ」(野球特集号)のあとがきをみると、「シーズンごとに特集することが本誌の特徴とするところ」とあり、第二号はオリンピック特集をする、と述べられています。創刊号の内容は主に愛媛県出身の野球選手の紹介や、県内の高校野球の結果報告などです。 舵輪. 俳句研究 [1巻1号(1948年11月)-12号(1949年10月)] (Call No. D120) 知性 [19号(1949年7月)-20号(1949年8・9月)] (Call No. C123) 「舵輪. 俳句研究」は、高知県高岡郡で発行されました。創刊号(11/15/1948発行)の編集後記によりますと、「潮騒」という雑誌を廃刊し、新たに「舵輪」として創刊したようです。創刊号にCCDが残した検閲文書には「….This Haiku magazine is particularly noticeable for the names of woman-contributors.  Half of its editorial staff consist also of woman-writers…」とあり、女性が編集に関わったことに注目したようです。内容は主にメンバーの俳句投稿です。 「知性」は、曙会という団体によって、徳島県那賀郡で発行されました。詩壇・歌壇・俳壇ページに加え、バトン小説や文学随想など、様々な記事が収録されています。「曙会規定」には、「本会の目的は青年の思想啓蒙と言論機関の解放によって新しい日本の文化建設に貢献せんとする」とあります。 鳥瞰. 青年俳誌 [6号(1948年7月)-12号(1949年4月)] (Call No. […]

雑誌特集:熊本県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第五回目の今回は、熊本県で発行された雑誌を数点紹介します。 地球船. 純粋詩 [1巻1号(1947年4月)-1巻4号(1947年11月)] (Call No. C107) 同袍 [1号(1949年8月)] (Call No. D231) 熊本県八代市で地球船詩社によって1947年に創刊された「地球船. 純粋詩」は、会員が寄稿した詩のみにとどまらず、「現代詩について」(Vol. 1, No. 1)や「惡抒情詩撲滅論」(Vol. 1, No. 2)など、専門的な記事も掲載しています。また創刊号の編輯後記では「二號三號と見事な上昇線を描き、少くとも十號あたりには世界的なものにしたい」との希望を語っています。 おなじく八代市で1949年に発行された「同袍」は、熊本県立八代高等学校校友会によるものです。雑誌本体と共に保管された文書によると、同高等学校の定時制創立一周年の記念号だということです。主に学生が寄稿した詩・短小説・作文を掲載しており、その中には天皇の九州巡幸について書いた「天皇をお迎えして」という作文もあります。 映画人 [1号(1948年10月)] (Call No. E34) 中学倶楽部  [7号(1949年2月)] (Call No. C200) 熊本工業高等学校二部映画研究部が発行した「映画人」は、わずか12ページの冊子ではありながら、写真入りで邦画・洋画批評を掲載するなど、編集に手が込んでいる印象を読者に与えます。また「映画の意義」や「映画鑑賞の態度」といった小記事も提供しています。 「中学倶楽部」は、熊本市内中学校の国語科の教師団体「中学国語教育研究会」が中学生向けに発行した雑誌です。生徒座談会の報告やクロスワードパズル、「学校めぐり」というコーナーではひとつの中学校を取り上げ紹介するなど、読者の興味を引くための努力が見られます。 団報 [1巻1号(1948年6月)] (Call No. D83) 「団報」は天草郡連合青年団文化部によって創刊されました。Suppress(発禁)やDelete(削除)処分は受けてないようですが、民間検閲局(CCD)の文書を見るとPossible Informationという箇所にチェックマークが入っているのが見て取れます。     雑誌本体を見ると「人生観・雑記」という記事及び「目覚めよ農村女性」という記事に「I.S. Repatriation」と書き込みが入っています。前者はシベリア抑留の体験について記載があり、後者はソ連の婦人参政権付与記念日の祝賀会に出席した体験が述べられています。

雑誌特集:静岡県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。 シリーズ第四回目の今回は、静岡県で発行された雑誌を数点紹介します。 茶 [1巻1号(1948年10月)-2巻9号通巻12号(1949年9月)] (Call No. C5) 「茶」は、静岡県茶農業協同組合連合会組織課が昭和町で発行した雑誌です。「最新茶栽培概論」(Vol. 2, No. 4)や「製茶工場の労働基準法適用について」(Vol.2, No. 5)、など、茶栽培の専門知識に関する記事が並びます。 田園 [1巻1号(1947年10月)-3巻5号(1949年5月)] (Call No. D138) 静岡県農業会発行の「田園」も、上記の「茶」と同様の農業雑誌です。しかしこちらは「貿易再開と農民の覚悟」(Vol. 2)のような専門記事だけではなく、漫画やローマ字講座、料理講座など幅広い内容を展開しており、農業に特化しながらも家族で楽しめる雑誌を目指したのではないかと推測できます。 第三日本 [134号(1948年5月)-148号(1949年9月)] (call No. D57) 「第三日本」は綜統学術院が出版した第三民主同盟促進の雑誌です。政治的なエッセイ、会員向けの青年・婦人講座のお知らせなどが掲載されています。 団報 [1946年12月] (Call No. D79) 「団報」は小笠郡倉真村青年団が刊行しました。団員が寄せた俳句・作文・詩などを主に収録しているようです。作文に、計5箇所のDisapprovedが見受けられます。敗戦について書かれた箇所が処分を受けているようですが、印刷が薄れていて内容の把握が困難です。 デルタ [1号(1948年10月)] (Call No. D201) 「デルタ」は静岡県立三島第二高等学校文芸部が刊行した雑誌です。当部に属する学生が執筆した随筆や映画・短歌評論などをまとめたもののようです。また編集後記には様々な面で当雑誌の発行をサポートした教師への感謝の気持ちが綴られています。 畜産くらぶ [1号(1947年8月)] (Prange Call No. C93) 静岡県立静岡農學校文芸班が刊行した「畜産くらぶ」も同じく学生雑誌です。こちらは少し専門的な内容が多数含まれており、畜産関係の研究成果発表なども見られます。例としては「養鶏飼料として酒母、麴母の鶏発育に及ぼす影響に就いて」(Vol. 1)という記事が掲載されています。

雑誌特集:鹿児島県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ第一回目(京都府)第二回目(北海道)もあわせてご覧ください。 シリーズ第三回目の今回は、鹿児島県で発行された雑誌を紹介します。 どうわ [4号(1949年8月)] (Call No D321) 町勢グラフ [1号(1949年)] (Call No. C173) 鹿児島童話会が発行した「どうわ」には、童話作家の寄稿が数点収録されています。 「町勢グラフ」は伊作町役場統計係が発行し、同町の人口統計などを詳しく掲載しています。外国籍の町民数なども含まれています。 同志 [1巻2号(1946年7月)] (Call No. D296) 同じく伊作町にて、伊作町革新同志會というグループが発行した雑誌、「同志」も当文庫は所有しています。「同志」は同町の政策や町民への連絡事項などを多数載せていますが、その一方で同地域の人々からの寄稿と見られる短歌や俳句なども扱っています。 当文庫が所蔵する「同志」1巻2号(1946年7月)には山之内公威氏による「天皇制護持論」という記事が掲載されています。 この記事は、プレスコードに違反するとしてDisapprovedの検閲処分を受けたことが、民間検閲局(CCD)が残した文書から見て取れます(左の画像をクリックで拡大) 怒涛. 詩と論 [1巻1号(1948年4月)] (Call No. D318) 映画研究 [1号(1948年8月)] (Call No. E40) 揖宿郡頴娃村で出版された詩の雑誌「怒涛」にも、当地の住民から寄せられた詩が多く掲載されています。「映画研究」は鹿兒島學生映畫連盟が1948年8月に創刊しました。 「映画研究」創刊号と共にCCDに提出された文書を見ると、当雑誌の創刊に対する鹿兒島學生映畫連盟のメンバーの意気込みが伝わってくるようです。しかしもう一通の文書(提出日は不明)を見ると、経済的困難により2刊目が発行できず、発刊中止になってしまった旨をCCDに報告しています。(左の画像をクリックで拡大)