Tag Archive | 韓国

フランス語・ロシア語・ハングルの新聞記事:Censored Newspaper Articlesより

こちらの記事でも少し触れましたが、Censored Newspaper Articlesには、フランス語・ロシア語・ハングルで書かれた資料が含まれています。これらは主に、英語もしくは日本語のゲラ・原稿と共に保管されています。この3ヶ国語の中ではロシア語の電報が最も多く見られます。 下記に例を紹介します。 フランス語の資料例 ロシア語の資料例 ハングルの資料例  

先行研究紹介

以前プランゲ文庫の職員が、ある研究者の方から次のような質問を受けました。 「プランゲ文庫で今までに一番研究されている分野は何でしょうか。」 プランゲ文庫の資料は占領期に出版された全ての分野の資料を網羅している為、「一番研究されている」分野を絞り込むことは非常に難しいとその時に痛感しました。 ただ、次に挙げる2つの分野は、既に研究成果を発表された研究者が多く見うけられることを特記できるかと思います。在日韓国人コミュニティーと、原爆(及び広島・長崎)に関する研究です。下記にこの2分野の先行研究論文・図書の例を紹介します。 占領期の在日韓国人コミュニティーに関する先行研究: “The Korean press in Japan after World War II and its censorship by occupation authorities.” (Yoon, Heesang. 2004.) College Park, Md: University of Maryland. http://hdl.handle.net/1903/199. “GHQ占領期における新聞発行とそのダイナミズム” (小林聡明, 2007.) “GHQ占領期における在日朝鮮人団体機関紙の書誌的研究”. Intelligence.(12): 38-50. (小林聡明. 2012) “戦後占領期の朝鮮人学校教科書に見る「民族意識」 : プランゲ文庫所蔵の史料を通して”. Intelligence. (12): 51-59. (池貞姫. 2012.) 原爆(及び広島、長崎)に関する先行研究: “The Atomic bomb suppressed : American censorship in Japan, 1945-1949″  […]

教育関係図書:韓国語図書

[本記事は、ミカ・アダムソン(2013-2014年学生アルバイト)による寄稿です] プランゲ文庫所蔵の教育関係図書のなかには韓国語で書かれた図書が38タイトルあり、それらのほとんどは小学校の教科書です。在日本朝鮮人聯盟中央總本部などによる出版のものが多く、在日韓国人の子供たちに韓国の文化を教えることが主な目的とされたのではないかと思われます。韓国語や算数などの教科科目だけではなく、音楽や水泳などの主要教科以外の教科書もあります。韓国語教育図書の所蔵資料の題名と図書番号の例は以下のとおりです。 朝鮮史人門 [Prange Call Number: 301-0041] 어린이과학얘기 [Prange Call Number: 301-0042] 초등음악  [Prange Call Number: 301-0044] 初等算数 [Prange Call Number: 301-0058v_2] 헤엄: 水泳 [Prange Call Number: 301-0053] 国語の教科書には、韓国独自の文化などについても紹介されています。 韓国語で書かれた教育関係図書は、既にデジタル化されており、国立国会図書館のデジタルコレクションにて館内限定で公開されています。検索時には「国立国会図書館内限定」にチェックマークを入れてください。画像は館内限定公開ですが、書誌情報は館外からでも閲覧可能です。また当メリーランド大学のオンラインカタログでは、一部の書誌情報のみご覧いただけます。デジタル画像は、プランゲ文庫内にて、すべて閲覧が可能です。