Tag Archive | Karras

iSchool (メリーランド大学図書館学学科)インターン生より (2017) – Mead Smith Karras Papers

[本記事はAshley Victoria Haddix(2017年秋学期 iSchool Field Studies インターン)による寄稿です。彼女のインターンについての記事はこちらからどうぞ] ゴードン W.プランゲ文庫のインターンシップでは、ミード・スミス・カラス・ぺーパー(Mead Smith Karras Papers)を整理する仕事を任されました。 ミード・スミス・カラス氏(Mead Smith Karras)は、1946~1949年の間エコノミストとしてSCAPの労働課に勤務し、労働省婦人少年局(Women’s and Minor’s Bureau)の新設や、労働基準法を通じて女性と子どもの労働環境を改善するため奔走しました。 カラス・ペーパーには、GHQの正式な月報が含まれており、ここには賃金や労働立法、労働組合員や労働組合運動などの情報が多く記録されています。これらの月報からは、戦後復興に向かう日本において国民の労働に対する考え方などが常に変動していたことが見て取れます。 また、紙芝居やGHQの労働課が作成したポスターなど、ユニークな資料もカラス・ペーパーに含まれています。ポスターには、未成年が働く場合の安全確保や、女性が労働組合を結成する手助けをする情報などが記載されています。カラス氏が1949年に日本を去る際、労働省婦人少年局の各地方の代表者から送られた感謝状もありました。これらの手紙は、カラス氏が戦後の日本女性の労働環境改善において多大な功績を残したということだけではなく、働く女性達と個人的な親交を深めていたことを象徴する資料と言えます。 カラス・ペーパーを整理し終わり、この資料群は戦後日本を理解するために非常に重要な資料だと改めて感じました。カラス・ペーパーは下記のウェブサイトから詳しく検索できます。 https://archives.lib.umd.edu/repositories/2/resources/1419 Advertisements

iSchool (メリーランド大学図書館学学科)インターン生より (2017)

[本記事はAshley Victoria Haddix(2017年秋学期 iSchool Field Studies インターン)による寄稿です] ゴードン W.プランゲ文庫のインターンシップでは、ミード・スミス・カラス・ぺーパー(Mead Smith Karras Papers)資料を整理する仕事を任されました。私はこれまで一つの資料群を整理したことがありませんでしたが、このインターンシップは整理方法だけではなく、ミード・スミス・カラス氏についても詳しく研究できる機会だと思い、とても興味深く思ったことを覚えています。カラス氏と同じように私も20代の時に日本に3年間住んでおりましたので、彼女に対して更に親近感を感じました。 当初の予測よりもこの資料群を整理するのには時間がかかりましたが、それは劣化した書類などが多く含まれており丁寧に扱う必要があったからです。また資料を最終的に意味のある並びに直すことにも時間をかけ、自分のメモを何度も見直す作業がありました。月報、正式な覚書や通信記録などは時系列に並べました。一方で計8冊の写真アルバムに含まれる約2,500枚の写真や紙芝居・ポスターといった印刷物は大きさを基準に並べることにしました。最後に、この資料群を包括的に説明する文章を書くために、他の資料群の説明文をいくつも読みました。 このインターンシップでは、資料の整理方法についてたくさん学ぶ事ができました。私が特に気に入った資料は、紙芝居及び、大阪でカラス氏が講演を行った際に参加者が提出した質問書です。紙芝居は未成年の労働者に彼らの権利について教える目的で作成されたようです。また質問書からは、戦後の働く女性たちが抱えていた問題や赤裸々な考えなどが読みとれます。 このインターンシップのカラス・ペーパーの整理は本当に素晴らしい経験となりました。また日本の戦後歴史についても勉強する良い機会でした。