Leave a comment

東京オリンピック特集シリーズ: 第二回 – 織田幹雄

今年夏に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックまで毎月「東京オリンピック特集シリーズ」としてオリンピック関連資料を紹介します。第一回目もぜひご覧ください。

シリーズ第二回目は、1928年のアムステルダム・オリンピックの陸上三段跳び種目にて日本人初の金メダルを獲得した織田幹雄氏の関連資料を紹介します。

図書

オリンピック物語 (東京: 朝日新聞社, 1948) (Prange Call No. GV-0108)

「オリンピック物語」は主に陸上競技の歴史や選手の写真を取り上げています。序文にて織田氏は「思えばオリンピックは、私の半生史である」と述べています。

 

 

 

陸上競技 (東京: 旺文社, 1946) (Prange Call No. GV-0243)

1946年出版の「陸上競技」は、陸上競技のルールを詳しく説明しています。その中で織田氏はアムステルダム・オリンピックで金メダルを獲得するまでの自身の道のりについて次のように想いを寄せています。

今や第二次世界大戦は終り、再び平和が訪れたのであるが、敗戦日本はいつの日かオリンピック出場の機會が與へられるのであらうか。しかし近い将来必ず競技愛好國日本として認められ、オリンピックの舞臺に登場を許されるに違ひない。三段跳日本の覇業を継いで呉れる人は果して誰であらうか。

青少年諸君、この幸榮を擔ふのは諸君の新らしき精進にあるのだ。

Magazines

  • 「なかよし新聞:大選手のおもかげ:三段飛の織田幹雄氏」あおば, vol. 4, no. 3, March 1949. 河北新報社発行  [Prange Call No. A255]
  • 「思い出のアルバム:織田幹雄さん」婦人倶楽部, vol. 29, no. 7, July 1948, p. 7. 大日本雄弁会講談社発行 [Prange Call No. F69]
  • 「オリンピックの憶い出」 国民の友, vol. 1, no. 4 December 1947, pp. 54-55. 社会思潮編集局 発行[Prange Call No. K1600]
Leave a comment

映画特集: Gaslight (1944)

第92回目のアカデミー賞が今晩開催されていますね。それに先立ち先週は、1945年のアカデミー賞で様々な賞を受賞したGoing My Way [わが道を往く]を紹介しました。今週は同じく1944年に公開されたGaslight [ガス燈]を紹介します。

Gaslightはイングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)とシャルル・ボワイエ(Charles Boyer)主演の映画で、計10項目で1945年のアカデミー賞にノミネート、そのうち最優秀アートディレクション賞と最優秀主演女優賞を受賞しました。この映画は、パトリック・ハミルトン(Patrick Hamilton)による「Angle Street」という舞台がもとになっています。

プランゲ文庫は2冊Gaslight関連の図書を所蔵しています。下記はその一部分です。

  • Gaslight Steal Album (Prange Call No. PN-0228) 永島健次[京橋堂, 1947]
  • ガス燈 (Prange Call No. PN-0238) 田村幸彦 [國際出版社, 1947]

これまでにアカデミー賞関連図書・雑誌を紹介したブログ記事は、こちらからご覧いただけます。

Leave a comment

映画特集: Going My Way (1944)

来週2月9日の夜、アカデミー賞が開催されますね。毎年当ブログでは過去にアカデミー賞を受賞した映画の関連図書・雑誌を紹介しています。今年は、今週と来週で2本の映画を取り上げます。

まず今週は、1944年に公開された「Going My Way/わが道を往く」の紹介です。アメリカで1944年、日本では1946年10月に公開されたこの映画は、主演がBing Crosbyということもありミュージカル要素もふんだんに盛り込まれています。

第十七回アカデミー賞(1945年3月開催)では10部門でノミネート、そのうち作品賞と監督賞を含む7部門でオスカーを獲得しました。またこの時、主役のオマリー神父を演じたBing Crosbyとフィッツギボン神父を演じたBarry Fitzgerald両名が主演男優賞にノミネートされました。アカデミー賞の歴史の中でこれは初めてのことでした。さらに、Bing Crosbyは主演男優賞を獲得しましたが、Barry Fitzgeraldは助演男優賞にもノミネートされており、そちらでオスカーを獲得。一人が2つの賞にノミネートされたことも、これが初めてでした。またこの映画は初めてアカデミー賞の作品賞と、ゴールデングローブ賞も受賞しました。

下記は当文庫が所蔵する図書「わが道を往く」(Prange Call No. PN-0236)の紹介です。

Leave a comment

東京オリンピック特集シリーズ: 第一回 – 読賣スポーツ

2020年夏のオリンピック・パラリンピックまであと6か月ですね。これにちなみ7月の開会式まで毎月「東京オリンピック特集シリーズ」を展開し、関連資料を紹介します。

第一回目は、雑誌「読賣スポーツ」の1948年7月に掲載された「思い出のオリンピック」を取り上げます。(Prange Call No. Y290) この3ページの短い記事は、1948年までのオリンピックでの日本人選手団の活躍を、写真をふんだんに使って紹介しています。

最初の写真は、1912年のストックホルム・オリンピックです。これは日本人選手が初めて参加したオリンピックです。また、1912年から1936年までの各オリンピックにおける日本人選手の人数を示したチャート、そして1936年のベルリン・オリンピックで前畑秀子選手が金メダルを受賞した際の写真も掲載されています。

Leave a comment

1948年1月18日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1948年の今日1月18日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

1948年1月18日、共同通信が「火のような日本故国への情愛 : ハワイ日系市民の世論調査」と題した記事を民間検閲局(CCD)に提出しました。(Prange Call No. 48-loc-0243) この記事は一部、Delete(削除)処分を受けました。

記事は「ハワイ三十六万の日系市民が日本に寄せる期待や関心は想像以上に大きい」という一文から始まります。1947年末にハワイ・タイムス新年号がハワイ在住の日系市民110名に対して行った世論調査にて「1947年の一番明朗なニュースは何か」と質問した際、43名が日米貿易再開を挙げたとのことです。

世論調査についての検閲処分はありませんが、「(ハワイ在住の日系人は)いずれも故国日本に強い情愛をみせている」という最後の一文と、記事タイトルから「火のような日本故国への情愛」という一文が削除処分を受けたことが見てとれます。

日本語の棒ゲラのデジタル画像全文は、当文庫館内および国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧いただけます。

Leave a comment

出版物紹介:日本児童文学文献目錄 1945-1999

メリーランド大学図書館が先日購入した参考図書の紹介です。

日本児童文学文献目錄 1945-1999 (遠藤純監修 ; 日外アソシエーツ株式会社編集)

マッケルディン図書館館内にてご利用いただけます。

日外アソシエーツの紹介ページによると、この目録には「戦後から1999年までに発表された、日本・海外の児童文学に関する図書、雑誌論文、書誌、書評20,332点を網羅的に採録、体系化して収録」されているとのことです。

Leave a comment

謹賀新年 (2020)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

プランゲ文庫は1月2日(木)から開館いたします。

プランゲ文庫スタッフ一同