Leave a comment

カリフォルニア州立大学ロングビーチのMichiko Takeuchi教授が、全米人文科学基金(NEH)のフェローシップを獲得しました。

カリフォルニア州立大学のMichiko Takeuchi教授が、全米人文科学基金(National Endowment for the Humanities)のフェローシップを獲得されました。リサーチプロジェクトタイトルは「Early Coalitions Between Japanese and American Feminists, from World War I to the U.S. Occupation of Japan」とのことです。Takeuchi教授は2016年にUCLA Libraryにて開催された「座談会: 戦後日本の階級・ジェンダー・民族にパネリストとして参加しました。詳しくはUCLA Libraryのウェブサイトをご覧ください。UCLA Libraryは、プランゲ文庫の新聞・雑誌マイクロフィルム資料を所蔵しています。

Advertisements
Leave a comment

労働関係資料特集:「勞働協約と團體交涉」

現在メリーランド大学ホーンベイク図書館では、Special Collections and University Archivesが所蔵する労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が開催されています。(開催期間は2017年9月~2018年7月)。これを受け、プランゲ文庫が所蔵する労働関係資料をブログで紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

今日は「勞働協約と團體交涉」松井七郎著 (東京: 巌松堂書店, 1948) の紹介です。(Prange Call No. HD-0721) 同志社大学法学部教授の松井七郎氏が執筆した本書は、労働組合などによる団体交渉の意義や方法などを詳しく述べています。民間検閲局(Civil Censorship Detachment – CCD)に提出されたゲラによると、最初は最高司令部(GHQ)労働顧問のウィリアム・H・マックファーソン氏 (William H McPherson) による序文が掲載される予定でした。しかしその序文は全文削除(Delete)処分となり、また本文にてマックファーソン氏をはじめとする他のGHQ関係者への謝辞も全て削除されることになったようです。下記の写真にて出版されたものと削除処分を受けた痕跡が見てとれるゲラを見比べてみて下さい。

「勞働協約と團體交涉」は既にデジタル化されており、プランゲ文庫及び国立国会図書館デジタルコレクションにて館内限定で閲覧が可能です。

Leave a comment

雑誌特集:長崎県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

シリーズ第十回目の今回は、長崎県で発行された雑誌を数点紹介します。

  • 同志. [1号(1949年3月)] (Call No. D-295)

佐世保商工高等学校工業部電気科同志会が1949年に創刊した「同志」は、学生によるクラス機関誌です。内容は幅広く、作文や書評もあればコントやクイズのコーナーなどもあります。また雑誌名「同志」決定までの報告など、学生の情報共有の場としても利用する意向だったことが見受けられます。プランゲ文庫は創刊号のみの所蔵となり、その後の発行状況は不明です。また、発行人が民間検閲局(CCD)に出した発行届けが入っていたと思われる封筒の一部が残されていました。

  • 血潮. [1号(1948年3月)] (Call No. C-126)

五島青年民主評論会発行の「血潮」も創刊号のみの所蔵です。冒頭に長崎県政府教育課補佐官、E. N. Meldal (イー・エヌ・メルダール)氏からのメッセージを掲載しています。本文にもメルダール氏による寄稿「かひもの」がありました。これは日本の古物商とアメリカ兵の面白いやり取りを描いたものです。

  • 団結. [1巻1号(1948年8月)-5・6号(1949年8月)] (Call No. D-96)
  • 地区労. [1号(1948年8月)] (Call No. C-83)

団結」は佐世保港湾労働組合による機関誌で、「地区労」は島原地区労働組合協議会による機関誌です。「団結」の創刊号の表紙には「1 Info」と書かれており「戦後インフレの分析」という論文の一部にCCD検閲官によって印が入れられています。書込みは「Introduction of foreign capital into Japan」とあります。第二号からは新聞のような形に変更されています。「地区労」創刊号も同様に「運送事業を社会化せよ」という論文に「1 Info」の書込みが見られます。

Leave a comment

オーラル・ヒストリー特集: シドニー・ブラウン氏(Sydney Brown)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で、29件のインタビューについては筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源は、プランゲ文庫館内にてご利用頂けます。これまでのオーラル・ヒストリー特集はこちらのページをご覧ください。

Sydney Brown

今回はSydney Brown (シドニー・ブラウン)氏 (1925-2010)を取り上げます。ブラウン氏はオクラホマ大学にて東アジアの歴史を教えました。

ブラウン氏はSouthwestern Collegeに在籍中、第二次世界大戦が始まったことにより海軍のV-12プログラムに入隊、ノートルダム大学にて海兵隊となるための教育を受けました。その後General Hindmarshにより、コロラドにあった日本語学校に入学するよう勧められます。1943年~1946年にかけてブラウン氏は日本語のトレーニングを受け、それにより彼の東アジアへの関心は一層高まりました。戦後1952年、ブラウン氏はウィスコンシン大学マディソンにて博士号を取得しました。

メリーランド大学歴史学部のマーリン・メイヨー教授は1983年3月26日にブラウン氏のインタビューを行ないました。メイヨー教授は、ブラウン氏の日本語学校での経験に特に興味を持っていたようです。

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、このインタビューの筆記録をダウンロードできます。

Leave a comment

感謝祭に伴う休館のお知らせ (2017)

感謝祭に伴い、プランゲ文庫は11月22日(水)から11月26日(日)まで休館します。利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

当ブログの投稿は、感謝祭明けに再開致します。

プランゲ文庫スタッフ一同

Leave a comment

雑誌特集:新潟県で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ記事の一覧はこちらからご覧頂けます。

シリーズ第九回目の今回は、新潟県で発行された雑誌を数点紹介します。

  • 団欒. [[2回](1947年10月)].  (Call No. D-102)
  • 越後連山. [[2号](1947年?月)]. (Call No. E-4)

中里青年団によって発行された「団欒」は、中里青年団団員による年刊寄稿文集です。「農村経済と生活改善」や「再建の雄叫び」といったタイトルの寄稿が収録されています。

「越後連山」は日輕労組新潟支部の機関誌です。「団欒」と同様、会員による寄稿誌です。編集後記では、今号では女性からの寄稿がなかったと指摘し「平等なる権利を駆使しない駆る勿体ない事があろうか」と締めくくっています。

  • 怒涛. [1号(1947年8月)-9号(1948年9月)]. (Call No. D-315)

新潟県直江津町にある日本ステンレス直江津工業の労働組合が出版した「怒涛」創刊号(1947年8月)の編集後記には次のように書かれています。

皆んなの原稿を皆んなで集め、皆んなで印刷して皆んなの手許へ届けることが出来た。新しい文化の、働くものの手による文化の發生があると思ふ

工場内の様々な部署の組合メンバーが、詩やエッセイを投稿しています。写真上部、創刊号と第二号は印刷も製本もあまりよくありません。民間検閲局(CCD)に提出された文書を見ると第二号の発行部数はわずか79部。しかし写真右下の第五号になると、表紙がカラーになりページ数も飛躍的に増えており、この組合誌の成長が見て取れます。

Leave a comment

20世紀ジャパン・リサーチ・アワード受賞者インタビュー: Mr. Robert Hegwood (2017年)

プランゲ文庫は毎年、20世紀ジャパン・リサーチ・アワードの受賞者を迎えます。多くの受賞者は約1週間程度プランゲ文庫に滞在し、また最後には研究報告の一環としてメリーランド大学内で講演会を行います。今年度から、この研究助成の受賞者に簡単なインタビューを行うことにしました。

メリーランドルームにて

Robert Hegwood氏はUniversity of Pennsylvaniaの博士課程の学生で、現在、博士論文(“The Social Foundations for Growth: Nikkei Brokers and Japan in the Global Imaginary, 1930-1965”)の研究を進めています。この論文でHegwood氏は、戦後のアメリカで起こった「日本ブーム」に米在住の日本人コミュニティがどのような役割を果たしたかを論述するとのことです。下記はHegwood氏のインタビューです。

*************************************************

How did you learn about the research award, and why did you apply for it?

I had used some of the Prange collection microfilm during my Fulbright year and again during a research trip to UCLA. One of my dissertation committee members, Jessamyn Abel at Pennsylvania State University, recommended the research award because it had been useful for her research on the bullet train in Japan. I applied because my research in Japan on the intermediary role of Japanese Americans in restarting US-Japan trade and public diplomacy between 1945 and 1965 left two questions unanswered. First, how did the Japanese trade and diplomatic officials that worked with Japanese Americans to reshape postwar American public opinion on Japan and its products see overseas Japanese? Moreover, how did Japanese communities in America fit in with the visions of a new Japan driving the reconstruction of Japanese society, industry, and foreign relations? I thought a look at some magazines in the Prange collection touching on immigration issues and trade promotion could help clarify this part of the story.

What motivated you to focus on this research topic?

I was first drawn to issues of race in American society as an undergraduate, particularly the politics of exclusion in the early-to-mid-twentieth century. During a course on East Asian history, I discovered that if you want to study the same issues of race on a global level, Japan makes an interesting test case. They were genuine victims of racial discrimination in the form of immigration restriction, but perpetuated the global hierarchies of race in order to be seen as the one advanced race in Asia, a sort of global model minority. From then on, I had an interest in Japan. So, I learned Japanese from scratch in a few years while doing master’s degree coursework. Because I was unprepared to do primary research in Japanese for my thesis, I wrote a history of the local Japanese American community in Portland, Oregon, following their wartime internment. Throughout my education, I have been interested in transnational frameworks for history and have been slowly getting closer and closer to Japan.

Which material in the Prange Collection left the biggest impression on you?

There were two things that really struck me about the collection: its size and the censorship marks. Other than the National Diet Library, there are few places that hold resources for Japanese historians across thematic and disciplinary interests. Just scrolling through the excel-file lists of titles is a time-consuming process. Because of the sheer volume of the collection and its short geographic scope, one really gets a broad perspective on Japan at a moment of possibility and transition. This perspective differs greatly from the sense imparted by following specific trends over long periods of time. Though censorship is largely outside of the scope of my dissertation, seeing certain articles marked up in red pencil with censorship reports attached is fascinating. Many of these marks also present mysteries. For instance, the galley proofs of a book on Japanese Americans had all references to Japanese Americans in the US armed forces as adherents of bushidō, the fabricated martial ideology, penciled out. Clearly, US authorities sought to portray these soldiers as ideologically American, but were there really Japanese equating them with samurai?  The marks not only raise questions about American governance, but also give you a sense of both the bright and dark portions of Japanese public imagination of that era.

How would you describe the research experience at the University of Maryland Libraries?  Do you have any suggestions for fellow researchers using the collection?

I had an excellent experience researching at the University of Maryland. Prange collection staff were extremely helpful in pointing out the research databases and other tools I needed to request documents before arrival. Once on site, the Maryland Room staff facilitated my perusal of files and microfiche, while Yukako and Kana of the Prange staff kindly pulled files for me continually throughout the week. That allowed me a great amount of flexibility to follow up on leads I found earlier in the week. I highly recommend creating an a fairly exhaustive list of authors and historical figures before arriving at the collection. Because the reading room does not have Japanese reference material this work should definitely be done prior to visiting. Keyword searches in the relevant databases reveal a certain number of articles, but I found that searching by author name was a much more productive method for tracking down sources in the collection.