Leave a comment

1947年5月30日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日、5月30日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

47-loc-0286

Mainichi Shimbun (5/30/1947) (Prange Call No. 47-loc-0286)

1947年5月30日毎日新聞が、天皇の関西行幸に関する記事を民間検閲局(CCD)に提出しました。(Prange Call No. 47-loc-0286) 日本語手書き原稿は天皇の旅行予定だけではなく、天皇が移動に利用される車種について詳しく述べています。今まで使っていた車は燃費が悪いため近々米国のクライスラー社製の車を輸入して利用する予定だという箇所がDelete(削除)処分を受けたようです。

日本語ゲラのデジタル画像は当文庫館内および国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧いただけます。

 

Leave a comment

「座談会: 戦後日本の階級・ジェンダー・民族 」のレポート

2016年5月4日にUCLAで行われた「座談会: 戦後日本の階級・ジェンダー・民族 」のレポートが、UCLA Libraryのウェブサイトに更新されています。イベントで配布された資料や、写真、そして座談会の録音も掲載されています。ぜひご覧下さい。

Leave a comment

1947年5月21日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日、5月21日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

pca-47-loc-0190xxx-000-do000-0000

クリックで拡大

1947年5月21日、毎日新聞が「秋田弁はよしましょう: 横手南北校が方言追放にさきがけ」と題した記事を民間検閲局(CCD)に提出しました。日本語ゲラによると、小学教員の方言使用に関し、秋田軍政部教育課から注意が寄せられたとのことです。理由としては、教員には正しい標準語を児童に教える義務がある、とし、これを受け横手町南北小学校では正しい標準語の使用運動を前項に展開し、教員相互の方言使用も禁じ、「立派な日本語の普及」に乗り出したとあります。

日本語棒ゲラを見ると、「秋田軍政部教育課から注意が寄せられた」という箇所にチェックが入っていますが、最終的にはPassとなったようです。

日本語ゲラのデジタル画像は当文庫館内および国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧いただけます。

Leave a comment

1947年5月15日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日、5月15日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

pca-47-loc-0167xxx-000-do000-00001947年5月15日、読売新聞(関西版)は「一千万圓のヤミ船」と題した記事を民間検閲局(CCD)に提出し、Suppress(発禁)処分を受けました。日本語ゲラを見ると、「大吉丸」の船員たちが貴金属・ゴム製品・機械部品等、時価一千万円の禁制品を朝鮮へ持ち出そうとして検挙された、とあります。

日本語ゲラのデジタル画像は当文庫館内および国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧いただけます。

Leave a comment

メリーランドデー2016

2016年4月30日(土)、メリーランド大学カレッジパーク校で今年も「メリーランドデー」が開催されました。メリーランドデーは年に一度のオープンキャンパスイベントで、様々な学部や部署、学生グループなどが参加しています。

プランゲ文庫は、中国・韓国・日本の文化を紹介するコーナーを毎年提供しています。今年は趣向を変え、折り紙コーナーでは新聞紙で兜の折り方を教えました。簡単に折れ、持ち帰ることができるとあって、特に子供連れの家族に人気でした。また巨大な兜を天井から吊り下げ、来場者が写真を撮れるブースを設置しました。習字コーナーでは漢字で英語名を書く体験ができ、これも毎年好評です。また韓国の伝統あそび、ユット・ノリ(Yut-Nori)のコーナーにも、子どもたちがたくさん集まりました。

また今年はTwitterアカウントを開設してから初めてのメリーランドデーで、リアルタイムで会場の様子をお知らせすることができました。

ホーンベイク図書館では他にも、セサミストリートのキャラクターぬり絵コーナー、自分のラジオ番組を録音できるコーナー、そして「不思議の国のアリス」展示のツアーなどが行われました。今年はあいにく曇り空で肌寒い一日でしたが、それでも朝10時からたくさんの来場者がキャンパスを訪れたようです。

Leave a comment

メリーランド大学のクラス訪問 (HIST 483)

2016年4月19日、メリーランド大学のC.R. リリー教授(歴史学部)が受け持つ、”Modern Japan”クラス (HIST483)の学生たちが授業の一環としてプランゲ文庫を訪問しました。このクラスは明治維新から現代までの日本史を学ぶクラスです。訪問にあたり学生たちは、”Embracing Defeat: Japan in the Wake of World War II” (by John Dower, 1999)をあらかじめ課題図書として読むように指導されました。

まずプランゲ文庫室長が、検閲の基礎骨組みとなったプレスコードを詳しくたどりながら民間検閲局(CCD)による検閲のプロセスを説明し、どのような出版指標が日本の出版社に与えられたのかを説明しました。そしてCCDが「タブー」として特に注目していた話題の例を挙げ、具体的な資料を見せました。ここで取り上げた「タブー」の話題とは、「検閲の事実を知らせるもの」、「原子爆弾」そして「軍事的宣伝」の3点です。

次に当文庫マネージャーが、日本国憲法についてのプレゼンテーションを行いました。プランゲ文庫は、SCAPの民生局次長として日本国憲法制定に大きく関わったチャールズ・ケーディス(Charles Kades)の個人所蔵文書を、Charles L. Kades Papersとして保存しています。また同じく憲法構築に大きく関わったベアテ・シロタ・ゴードン(Beate Sirota Gordon)のインタビューも、マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズの一部として所蔵しています。

Leave a comment

プランゲ文庫の資料から見る「ジープ」

プランゲ文庫の所蔵資料には、様々な形で「ジープ」が描かれているのが見て取れます。新聞記事や報道写真だけではなく、児童書や文学作品にも「ジープ」のイメージが繰り返し出てきます。ある人はジープは占領軍の力の象徴ととらえ、またある人は日本の敗北を繰り返し思い出させるものと考えるかもしれません。どちらにせよ、占領期を語る上で「ジープ」の存在はなくてはならないものと言えるのではないでしょうか。

下記は「ジープ」が描かれた資料の一例です。

Censored Newspaper articlesに見る「ジープ」

BLOG_pca-47-frn-2375xxx-000-ar000-0000

Censored Newspaper Articlesには、いくつか「ジープ」という単語が検閲処分を受けたものが確認されています。特に占領軍兵士が犯罪にかかわった可能性のある報道は厳しく民間検閲局(CCD)のチェックが入りました。

例としては、”Yoshida’s Car Attacked”(10/31/1947付)と題された毎日新聞の記事があります。この記事では吉田茂の車がジープから投げられた石、もしくは発砲によって襲われたとありますが、「ジープ」という単語を「自動車(Automobile)」と変更するようにCCDが処分を下しています。(Prange Call No. 47-frn-2375) 画像はクリックで拡大します。

また1948年5月30日には、ジープ車内で死体が発見された事件を、朝日新聞、共同通信、毎日新聞、読売新聞の各社が一斉に報道しましたが、どの記事も程度の差こそあれ検閲処分を受けたようです。例えば毎日新聞は記事名の「ジープの中に怪死体」を「自動車の中に怪死体」と変更するように注意を受けました。 (Prange Call No. 48-loc-1898). これらCensored Newspaper Articlesの日本語ゲラは、当文庫館内及び国立国会図書館館内で閲覧可能です。

児童書に見る「ジープ」

「ジープ」のイメージは、ぬり絵や工作ブックなどの児童書でも多く取り上げられました。下記は一例です。

こちらの記事で、ジープを一つの題材とした工作本の画像を掲載しています。

雑誌に見る「ジープ」

magazinesA284,F233,S2199

少年世界 (S2199), あおいとり (A284), ふたば (F233)

  • 「やさしい工作:ジープの作り方」 (Magazine Title: 少年世界.  Prange Call No. S2199) 1949-04-01 (Vol. 2, No. 3)
  • 「こうさく:はしれはしれハロー・ジープ」(Magazine Title: あおいとり. Prange Call No. A284) 1948-11-01 (Vol. 1, No. 5, Nov.)
  • 「ジープとさんりんしゃ」(Magazine Title: ふたば. Prange Call No. F233) 1948-03-01 (Vol. 3, No.3)

寄贈資料「Robert P. Schuster Photographs」に見る「ジープ」

Schuster

Robert Schuster Collection, RS-246, RS-349

Robert P. Schuster Photographsは、医療機器修理の専門家として占領期に日本に滞在したロバート・P・シュスター氏(Robert P. Schuster)氏から寄贈を受けた資料群です。

  • RS-246: 写真の裏面に、”The army’s quickest & fastest means of travel, the “jeep”, on the grounds of the 13th Gen. Hosp.  Osaka, Japan May ’46” と書かれています。
  • RS-349: こちらも写真の裏面に、”M.P.” truck or rather “Jeep” “making the rounds” down a Jap street in Osaka, Japan. May,  1946.”と書かれています。どちらのメモも、シュスター氏自身が書いたと思われます。

「ジープ」を扱ったその他の二次資料

jeepプランゲ文庫の資料ではありませんが、ジープのある生活を当事者の目線からみた貴重な記録と言えます。

  • Harada, Hiroshi. 1994. MP no jīpu kara mita senryōka no Tōkyō: dōjō keisatsukan no kansatsuki. Tōkyō: Sōshisha.(MP のジープから見た占領下の東京 : 同乗警察官の観察記)
Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 43 other followers