Leave a comment

展示資料紹介: 「ワシントンハイツ 幼稚園見學記」

2018年10月中旬より当メリーランド大学ホーンベイク図書館Maryland Room Galleryにて、プランゲ文庫の展示Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952を開催します開催期間は2018年10月~2019年7月です。今月から月に一度、ピックアップした展示資料の紹介を行います。

「展示資料特集シリーズ」の一つ目は、1949年7月に雑誌「家庭科学」に掲載された「ワシントンハイツ 幼稚園見學記」です。

これは、家庭科学研究所(雑誌「家庭科学」の出版社)が主催したワシントンハイツの幼稚園見学に参加した学生の手記です。子どもたちは幼稚園で遊ぶだけという観念があった彼女は、ワシントンハイツ内の幼稚園で驚きを覚え次のように書いています。

“入ると同時に私の心はすつかり童心に返つていた。直ちに私の心を引きつけたものは私が期待していたのとは全然異なった部屋の中の施設であった。私はたゞ’彼らの生活の大半は遊ぶ事である”といふ事のみを描いていたから。”

子どもたちはおやつを食べる際には食事マナー、おもちゃの車で遊ぶと同時に車にガソリンを入れる事など、遊びの中で生活に必要な知恵を学べるようになっていました。学生は、この幼稚園では「この様な小さな事から責任観念を育成しそして社會學をも學び知るのである」と感心の声をあげています。

Advertisements
1 Comment

ホーンベイク図書館展示「Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952」

2018年10月中旬より当メリーランド大学ホーンベイク図書館Maryland Room Galleryにて、プランゲ文庫の企画展示「Crossing the Divide: An American Dream Made in Occupied Japan, 1945-1952」が開催されます。開催期間は2018年10月から2019年7月です。

オープニングレセプションは10月19日(金) 午後5~7時です。大学関係者だけではなくどなたでもご参加いただけますので、ご来場予定の方はこちらのフォームからお申込みください。

展示の概要は以下の通りです。

On August 15, 1945, Japan surrendered unconditionally to the United States and Allied Powers, ending World War II. In the aftermath, thousands of U.S. military and civilian personnel and their families moved to Japan to oversee the rehabilitation of the defeated nation. This exhibition focuses on interactions between Japanese and Americans in communities built for U.S. personnel and in key contact zones in the surrounding city. Using materials from the Gordon W. Prange Collection, Crossing the Divide reveals the “American dream” that these communities represented and shows how the Japanese people envisioned their own dreams as they rebuilt their lives and nation in war-torn Tokyo.

Leave a comment

講演会のお知らせ: W. Evan Young (Dickinson College)

2018年10月4日(木)午後12時半から1時半に、メリーランド大学のFrancis Scott Key Building 2120号室において、今年度の20世紀ジャパン・リサーチ・アワードの受賞者であるW. Evan Young氏(Dickinson College)による講演会を開催いたします。講演会のタイトルは“Health and Home in Occupation-Era Japan: Promoting Medical Knowledge in Popular Women’s Magazines”です。

この講演会はメリーランド大学図書館と Nathan and Jeanette Miller Center for Historical Studies の共催です。講演会は当大学の学生や職員、そして一般の方々に無料公開されており、事前にご連絡頂ければ昼食を用意します。昼食をご希望の方は、millercenter@umd.eduへご連絡ください。

Leave a comment

各特集の紹介

このブログではいくつかのシリーズを随時展開しています。

  • 日本国憲法シリーズ  – 昨年2017年は日本国憲法施行70年ということで数週間に亘って日本国憲法の関連資料を紹介しました。
  • オーラル・ヒストリーズ特集 – メイヨー・オーラル・ヒストリーズの各インタビューを特集しています。現在29のインタビュー筆記録がオンライン上にてダウンロード可能です。
  • 雑誌特集シリーズ – 国立国会図書館にてデジタル画像(マイクロフィルムをデジタル化したもの)を全文閲覧して頂ける雑誌を紹介しています。
  • 教育図書特集シリーズ – 現在デジタル化作業中の教育図書の中から興味深い資料を取り上げて紹介しています。
  • 保存作業 – 資料デジタル化にあたり、様々な保存・修復作業が必要となります。これらを主にスライドショー形式で紹介しています。
  • 労働関係資料特集シリーズ – 労働関係資料を使った展示「For Liberty, Justice, and Equality: Unions Making History in America」が2017~2018年に開催されたのを受け、プランゲ文庫が所蔵する労働関係資料をブログで紹介しました。

今後も新しいシリーズを提案していきます。

Leave a comment

オーラル・ヒストリー特集: ウィリアム・キネス・ブンス氏(William Kenneth Bunce)

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズに収められているインタビューをオーラル・ヒストリー特集としてひとつずつ詳しく紹介していきます。現時点で29件のインタビューは筆記録をオンライン上で公開しています。その他の筆記録および音源はプランゲ文庫館内にてご利用頂けます。これまでのオーラル・ヒストリー特集はこちらのページをご覧ください。

本日8月31日はウィリアム・キネス・バンス氏(William Kenneth Bunce)の誕生日です。

メリーランド大学歴史学部のマーリン・メイヨー教授は1980年3月18日、 “Oral Histories with Americans Who Served in Allied Occupied Japan” プロジェクトにてバンス氏(8/31/1907 – 7/23/2008)のインタビューを行ないました。

バンス氏は1943年米海軍予備部隊に入隊、その後コロンビア大学において国際管理の修士課程を修了します。占領期にはSCAPの宗教文化資源課長(Chief of the Religious and Cultural Resources Division)を勤め、日本における文化的・宗教的・社会的・学術的機関の非軍事化に関わりました。バンス氏は1945年、国家神道を廃止する「神道指令」を書いた人物としても知られています。占領期後は在日米国大使館に勤務し、その後1971年の退職までは米政府関連職に就きました。

また国立国会図書館では、トルーマン大統領図書館ににてマイクロフィルム撮影で収集した「ウィリアム・ケネス・バンス文書」が利用に供されています。

マーリン・メイヨー・オーラル・ヒストリーズのページで、このインタビューの筆記録をダウンロードできます。

Leave a comment

20世紀ジャパン・リサーチ・アワード受賞者インタビュー: Ms. Emily Cole (2018年)

プランゲ文庫は毎年、20世紀ジャパン・リサーチ・アワードの受賞者を迎えます。多くの受賞者は約1週間程度プランゲ文庫に滞在し、また最後には研究報告の一環としてメリーランド大学内で講演会を行います。また、当ブログ上で研究助成の受賞者に簡単なインタビューも行っています。

Ms. Emily Cole。メリーランドルームにて

Emily Cole氏はUniversity of Oregonの博士課程の学生で、現在博士論文(“Life in teh Ruins: Photography during the Allied Occupation of Japan, 1945-1952″の硏究を進めています。下記はCole氏のインタビューです。

*************************************************

How did you learn about the research award, and why did you apply for it?

I first learned about the award through the HNET listserv. I have wanted to visit the Prange Collection since my first year of graduate school when I started researching Occupation-era Japanese photography, so I was excited to apply for the award once I finished my comprehensive exams.

What motivated you to focus on this research topic?

I stumbled into the world of postwar Japanese photography when I came across some images by photojournalist Domon Ken, taken during the Occupation period. I am visually oriented, and his photos really brought home to me the kasutori (“days in the dregs) nature of occupied society.

My master’s thesis covered 1945 to 1970. I decided to focus solely on the Occupation period simply because it is virtually ignored in scholarship on postwar photography. Studies generally begin in 1950, when Domon began his realism movement. And yet, the five years preceding that are such a critical time, especially in understanding the Occupation’s impact on Japanese visual culture and Japanese cultural identity.

Which material in the Prange Collection left the biggest impression on you?

What really struck me in looking through not only photography magazines, but other periodicals such as weekly news periodicals and kasutori magazines, was the plethora of photographs of women. Many of the articles in the photography magazines were on how to photograph “beautiful women,” and the vast majority of the covers for titles such as Asahi Graph and Mainichi Graph featured women, even if the women on the cover had nothing to do with the contents of the magazine.

Before visiting the Prange collection, I had intended to focus my dissertation around urban street photography. However, given the lack of street photos, and considering the sheer number of photographs of women, I think I might have to reframe my study! Clearly, photographing women was a major trend in photography during this time. Considering most photographers were men, it makes me question what this dynamic says about Japanese identity more broadly, as well as gender identity.

How would you describe the research experience at the University of Maryland Libraries? Do you have any suggestions for fellow researchers using the collection?

I had an excellent experience at the University of Maryland. I am especially grateful to Kana, Yukako, and Amy for all the help they provided during my stay. The library staff were very friendly as well, and remained calm each time I sent a rather lengthy request for more documents.

I found it helpful to submit a few requests for materials before I arrived at the collection, to use my short time here more efficiently. I also found it helpful to continue to refer to the collection holdings, found on the Prange Collection website, throughout my stay.

Leave a comment

開館70周年記念展示「本の玉手箱―国立国会図書館70年の歴史と蔵書―」国立国会図書館

2018年10月18日より国立国会図書館にて、開館70周年記念展示「本の玉手箱―国立国会図書館70年の歴史と蔵書―」が開催されます。ウェブサイトによると、昭和23年の開館以降の歩みと、蔵書の多様さを紹介する、とのことです。この記念展示にて、プランゲ文庫が所蔵する資料がパネルで使われています。

開催期間は東京本館10月18日(木)~11月24日(土)、及び関西館11月30日(金)~12月22日(土)です。詳しくはウェブサイトをご覧ください。

*この記事は国立国会図書館の許可を得て掲載しています。