Leave a comment

皮肉な検閲処分

民間検閲局(CCD)の検閲が始まるとすぐに、多くの出版社が「自主検閲」の重要さに気づきました。万が一出版物に「削除」や「発禁」の処分を受けると組版変更の必要が生じ、余分なコストがかかります。占領期は多くの出版社が経済的に恵まれず、出版コストを抑えることが最優先とされていた背景がありました。

その為一部の出版社は、CCDの検閲を通過した旨を公表すればよい、と考えたのかもしれません。ルールに基づいて出版業を行っていると示す意味合いもあったのでしょうか。しかし奥付に「検閲済」などと書いたりCCDの記録用番号を記したりすることは、キーログで定められた検閲処分対象の「検閲に関する記述」に違反となり、皮肉な結果として、削除などの検閲処分を受けてしまうことになりました。下記の例をご覧ください。

Leave a comment

削除された調査結果

今日紹介するCensored Newspaper Articlesは、1947年に民間検閲局(CCD)に提出された新聞記事2件です。この2件の記事はどちらもアンケート調査結果に関するもので、その結果がCCDもしくはGHQにとって考慮すべき点があったのか、どちらも結果内容に検閲処分が入った痕跡があります。

1つ目は読売新聞が1947年11月4日に提出した記事です。(Prange Call No. 47-loc-1532) 男子中学生352人を対象としたアンケートで、最も好き・嫌いな人物を尋ねたアンケートでした。好きな人物で最も多かった答えは「母親」でしたが、次に多かったのは「食べ物を供給してくれるマッカーサー元帥」でした。このマッカーサーへの言及と、次に「最も嫌いな人物」で数が多かったスターリンの箇所も削除処分を受けたようです。[この読売新聞の記事に関しては、当文庫は文書のみ保有しています。]

2つ目は世界日報が1947年5月29日に提出した「ボールドウィン氏と日本學生問答」と題された記事です。(Prange Call No. 47-loc-0268) アメリカ自由人権協会(American Civil Liberties Union)のチーフ・ディレクターであるボールドウィン氏が1947年5月28日東京大学を訪問し、学生たちと話し合いの場を持ちました。その際に学生たちは「米国の占領政策に不満があるか」という質問を投げかけられます。回答は次のとおりでした。

[問] 米軍の占領政策には不満をもつか

[答] 不満=六、大體において可=十二、どちらでもない=一

このアンケート結果部分が削除処分を受けたようです。[なおこの世界日報の記事に関しては、日本語ゲラも当文庫は保有しています。日本語ゲラのデジタル画像はプランゲ文庫館内にて閲覧いただけます。]

Leave a comment

1947年5月13日

Censored Newspaper Articles紹介の一環として、1947年の今日、5月13日に民間検閲局(CCD)へ提出された文書を紹介します。

1947年5月13日、多数の新聞社がダグラス・マッカーサー元帥の妻、ジーン・マッカーサー(Jean MacArthur)が極東国際軍事裁判を傍聴した件を報道しようとしました。記事内容自体は検閲を通過したようですが、傍聴席に座っているマッカーサー夫人を撮影した写真類はSuppressやDelete処分を受けたことが、当文庫が所蔵するCensored Newspaper Articlesから分かります。

下記は民間検閲局(CCD)が残した文書です。クリックで拡大し、更に個々の画像右下のview full sizeという文字をクリックすると更に拡大しますが、フルサイズの写真、及び日本語ゲラ・原稿の画像は当文庫館内限定での公開となります。

Leave a comment

図書デジタル化プロジェクト、10周年

MOU signing, Mote and Kurosawa

黒澤隆雄国会図書館館長とC.D. Mote Jr. メリーランド大学学長による覚書調印式。(5/2/2005, メリーランド大学)

現在プランゲ文庫が国立国会図書館と共に進めている図書のデジタル化作業は、10年前の5月2日に正式に始まりました。国会図書館の黒澤隆雄館長(当時)が当文庫を訪問し、メリーランド大学のC.D. Mote Jr.学長(当時)と 共同事業に関する覚書の調印を行いました。

この10年間に児童書約8,000冊及び一般書約6,500冊のデジタル化を終了いたしました。当文庫は今後も国会図書館と共に、デジタル化による資料保存とアクセス提供に取り組んで参ります。

Leave a comment

雑誌特集:北海道で出版された雑誌

2015年3月より、約5,300点(約700タイトル)のプランゲ文庫所蔵雑誌が、国立国会図書館のデジタルコレクションにて閲覧可能(館内閲覧限定)となりました。これらの雑誌を今後当ブログにてシリーズとして紹介していきます。シリーズ第一回目は京都府で出版された雑誌を取上げました。

シリーズ第二回目の今回は、北海道で発行された雑誌を紹介します。

BLOG_magazinesC109,D87

    • 断崖 [1号(1948年5月)-4号(1949年8月)] (Prange Call No. D87)
      • ちまた [1巻1号(1947年2月)-2巻4号(1948年9月)]  (Call No. C109)

「断崖」 は、北海道北部の遠輕町にて「第三グループ」によって発行されました。会員から寄せられた詩や短歌などを多く掲載しています。「ちまた」は川柳雑誌で、会員の作品だけではなく、他の川柳人の作品への批評なども含まれます。

BLOG_magazinesC158,D5,D17

      • 大地 [1号(1948年11月)] (Call No. D5)
    • 潮流 [2号(1948年7月)] (Call No. C158)
    • 大煙突 [7号(1949年8月)] (Call No. D17)

こちらの雑誌3点は全て労働組合のグループによるものです。「大地」は全逓信労働組合の八雲町支部、そして「潮流」は同労働組合の上磯町支部によってそれぞれ発行されました。八雲町も上磯町も北海道南部に位置しています。「大煙突」は国鉄労働組合の名寄市支部によって発行されました。この3点の雑誌は共通して、組合員から寄せられた詩・短歌などを掲載しており、また労働運動に関する思いを綴った作文も多く見られます。

BLOG_magazinesD67

    • 大和魂 [2巻11号通巻38号(1947年9月)-2巻14号通巻41号(1947年12月)]  (Call No. D67)

北海道の道南に位置した亀田村で発行された「大和魂」(だいわこん)の第2巻12号(1947年10月25日発行)は、計6箇所の検閲処分を受けたことが民間検閲局(CCD)が残した文書から見て取れます。その中の一つは光格天皇の詠まれた歌を取上げた「御製奉誦」というページでした。歌は「神様の国に生れて神様の 道がいやなら外國に行け」とあります。CCD検閲官はこの歌について「Ultra-nationalistic and anti-foreign propaganda」とし、Disapprovalの検閲処分を提案しています。

BLOG_magazinesD67cdまた同号の編輯後記には編集者が「目次の中より「御製奉誦」を除いた。そのわけは、わかっていただくと思ふので敢てここに書かぬ。」と書いています。これを受け検閲官は「Above quotation is ambiguous, and it may imply indirect mention of censorship.」とし、こちらもDisapproval処分を提案しています。(左の画像をクリックすると、CCD文書の一部を拡大します。)

Leave a comment

TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program参加者の訪問

2015年3月25日、 TOMODACHI MetLife Women’s Leadership Program(TMWLP) の参加者がプランゲ文庫を訪問しました。このプログラムは東京米国大使館とTOMODACHIイニチアチブによって2013年から開催されています。そしてこれは「10か月にわたるメンターシッププログラムは、高い目的意識を持った日本の女子大学生と日本の中堅・若手女性リーダーがペアを組み、次世代の日本女性リーダーのネットワーク作りを奨励する」ことが目的とされています。(ウェブサイトより抜粋)

今回プログラムの参加者は、ワシントンD.C.訪問の一環としてグループごとに複数の大学見学があり、そのうち10名がメリーランド大学を訪れ当文庫のツアーに参加、また雑誌や報道写真といった資料を閲覧しました。

Leave a comment

電話帳

携帯電話などの普及に伴い、冊子体の電話帳を使う機会は格段に減りました。しかし70年前の占領期には、電話帳は限られた階級や職種についた人物しか利用せず、いわば特殊階級の持ち物であったと言えるでしょう。当文庫が所蔵する電話帳を見ると、現在は存在しない市町村の行政機関や、既に廃業してしまった会社の当時の所在地を特定したりすることが可能となります。電話帳は半期に一度もしくは年度ごとに更新され、新たに印刷されることが通例でした。新しい版が出た後は古いものは処分されることが多かったとすれば、当文庫が所蔵する電話帳群の中には、ここにしか残存していないものもあるかもしれません。

電話帳の資料群は、参考図書(Reference Books)の分野の一部として既にデジタル化を終了しました。(請求番号: AY-0001~0671, AY-9001-9010)  検索は国会図書館デジタルコレクションから可能です。検索ボックスにAY-と入れるとこの参考図書の資料に検索を絞ることができます。プランゲ文庫館内及び国立国会図書館デジタルコレクションにて全デジタル画像をご覧いただけます。(どちらも館内からのアクセス限定となっております。)

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 28 other followers